【知っておきたい四字熟語】時候のあいさつに最適「三寒四温」の意味は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

うららかな春の陽気を感じますが、まだまだ寒さを感じる日もある春先。

そんな寒暖差を感じる春先にぴったりな四字熟語があります。一週間の間に暖かい日や、肌寒い日が交互に繰り返される春先を、四字熟語で「三寒四温」といいます。三寒四温は手紙の時候のあいさつとしてよく使われる言葉です。

それでは使い方の例を1つ挙げてみましょう。

「三寒四温といいますように、春先はしばらく寒暖差の激しい日々が続きますので、どうかお体ご自愛下さい。」

このように相手の体を気遣うための言葉として使うことが出来ます。

三寒四温の意味


出典:ぱくたそ

前述したように三寒四温の意味とは、一週間の中で暖かい日と寒い日が数日ごとに交互に訪れる春先を指します。

ですが、実は三寒四温は元々の意味としては春先を指す言葉ではありませんでした。本来は冬に使われる言葉でしたが、地球温暖化やシベリア高気圧などの気圧の影響で、冬に三寒四温が訪れることはあまりないので、近頃では冬ではなく春先の寒暖差のある時期を指す言葉として使われるようになりました。

つまり時代や地球温暖化や気圧の影響による気候の変化に応じて、三寒四温を指す時期が変わっていったのです。

三寒四温の由来


出典:ぱくたそ

ここでは三寒四温の由来について紹介していきましょう。

三寒四温の由来は、朝鮮半島や中国などの大陸で、シベリア高気圧の影響により真冬の寒暖差のある時期を指す言葉として使われていました。

そして前述したように、冬の寒暖差のある時期を指していた三寒四温が、いつしか日本でも使われるようになります。

最初は中国や朝鮮半島同様冬の寒暖差を表す言葉として使われていましたが、日本ではあまり冬に見られなかったので、次第に時期をずらし春先を指す言葉として浸透していき、2月の手紙の時候のあいさつとして使われるようになりました。

もともと三寒四温は日本の気候を指す言葉ではなく、気候も異なっていたため日本の気候に合わせて本来の意味とは異なる時期に使われるようになったのです。

三寒四温の例文


出典:ぱくたそ

ここまで三寒四温の由来や意味について紹介してまいりました。そこでここでは具体的に三寒四温はどのような場面で使うのかについて、いくつか例文を挙げて説明をしていきたいと思います。

「今年も三寒四温の時期が訪れ、春の到来を感じます。」   

この文章の三寒四温の使い方としてはまさしく春先の手紙の時候のあいさつです。そのため2月などの春先の手紙の挨拶として使うといいでしょう。

「さて近頃は三寒四温の気候のため暖かい日が続き春の陽気を感じる一方でまだ冬のような肌寒い日もありますので体調管理にお気をつけ下さい。」   

この文章も先程の文章同様、春先の時候のあいさつとして使うといいでしょう。

寒い日に最適、石狩鍋のレシピ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するキーワードから探す