【恋する気持ちは時代を問わない】百人一首「恋の歌」を紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

百人一首は一般的には小倉百人一首として知られているものであり700年以上前に鎌倉時代の歌人の藤原定家が纏めたものになります

優秀な歌を集めたということは確かなのですが基本的に古今集新古今集などの当時から古典的な歌となっていたものを集めた歌集そして勅撰和歌集から選ばれています

勅撰和歌集ですが時の天皇の命で編さんされた和歌集になります全部で21の和歌集となっていますこの和歌集の特徴としてあるのが恋の歌が多いことです

恋の歌が多い百人一首


出典:写真AC

百人一首は名前の通り一人一首が選ばれており本当に全部で百首となっていますそしてその百首の中、恋の和歌が四十三首と半分近くになっています

そして後は季節の歌などが多く季節の中でも秋が最も多くなっているのです公家ばかりではあるのですが女性も多く二十一人は女性です。また、当時の最高の学識者であった僧侶も十五人ほど選出されているのです

歌集というのは世界的にどこでもあるのですが、ここまで恋の歌がメインになる公的な歌集というのは割りと世界的に珍しいことになっています

恋の百人一首①

(かくとだに えやはいぶき さしも草 さしも知らじな 燃ゆる思ひを /藤原実方朝臣)


出典:ぱくたそ

百人一首では藤原実方朝臣も恋の歌を謳っております

かくとだに やはいぶき さしも草 さしも知らじな 燃ゆる思ひを」という歌です。

現代語の意味としては、「私がこんなにも慕いしていることを貴方に伝えたいですが伝えることができない貴方は知らないでしょう伊吹山のさしも草のように燃えあがっている私の思いのほどを」言う意味になります

読み手の藤原実方朝臣ですが非常に花形として有名であり清少納言との恋などで宮廷でも人気があったのですが、いさかいによって陸奥守に左遷され僻地で逝去した悲劇の人でもあります

色恋沙汰が多かった人物だけに、恋の歌が似合う人物でもあります

恋の百人一首②

(君がため 惜しからざりし 命さへ 長くもがなと 思ひけるかな / 藤原義孝)


出典:ぱくたそ

藤原義孝が歌ったのが、「君がため 惜しからざりし 命さへ 長くもがなと 思ひけるかな」という歌です

意味としては、「貴方のためであれば、この命を捨てても惜しくはないと思っていたのに逢瀬を遂げられた今においては、貴方に逢えると思うと長くありたいと思うようになりました」という意味です

藤原義孝は夭折した人物で恋の歌といっても艶っぽいものではなくそこはかとなく誠実な感じがするのはその人物が歌に反映しているからでしょう

仏教の信仰心が強く清廉で孝行な人だったと伝わっています歌自体には歴史的な背景や逸話があるわけではなのですが人物の風格と誠実さが伝わってくるといえる歌になっています

恋の百人一首③

(あふことの 絶えてしなくば なかなかに 人をも身をも うらみざらまし/中納言朝忠)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するキーワードから探す