【東京×穴場】落ち着いて楽しめる東京の穴場観光スポット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京で観光となると、人の多いスポットが多く、人の数に疲れてしまいことも多々あります。

今回はそんな混雑したスポットにうんざりした方や、落ち着いて観光を楽しみたい方に向け、東京の穴場観光スポットを紹介します。

東京の穴場観光スポット①

大使館巡り

大使館巡りはあまり混雑もしない穴場な観光であり、各国の大使館を回りながら、「こんなところにあるのか」「こんな雰囲気なのか」と楽しむことができます。

有名な国でいうと、ロシア、アメリカといった大使館は人気で訪れる人も多いです。しかし、あまりメジャーでない国の大使館も魅力が詰まっています。

一見可愛らしい家のような大使館や、豪華絢爛な大使館について東京の隠れた穴場として紹介します。

アフガニスタン大使館


出典:写真AC

アフガニスタンという国にどのような印象を持っていますか。紛争のイメージが強い人もいるかもしれません。

アフガニスタン大使館は飯倉交差点の近くにあり、アメリカンクラブの隣です。人通りも少なく、少し行きづらいですが、豪邸のようなその出で立ちは思わず目を奪われてしまいます。

所在地:東京都港区麻布台二丁目2-1
URL: http://www.afghanembassyjp.com/jp/

ケニア大使館


出典:写真AC

ケニア大使館は目黒通り沿い近く、自由が丘にあります。 洋麺屋五右衛門のすぐ裏にあり、駐車場から国旗と建物が確認することができます。普通の住宅のようにも見えるその景観が特徴です。

ケニアはアフリカのマラソンで有名な国で、オリンピックを始め、さまざまな国際大会で活躍を見せている国です。

所在地: 東京都目黒区八雲三丁目24-3
URL: http://www.kenyarep-jp.com/

イギリス大使館

出典:写真AC

イギリス大使館は正式には「駐日英国大使館」と表記され、皇居・半蔵門近くの一番町にあります。

日本にいることを忘れるほどおしゃれな建物で、とても見応えがあります。大使館の敷地内には約50本の桜の木が植えられていて、大使館前にも美しい桜並木が並んでいます。

春にはお花見スポットとして有名で、シンメトリーなルネッサンス様式と桜のコラボは斬新です。

秋になると紅葉も綺麗で、四季折々違う景観が楽しめます。都内にある各国の大使館の中でも、特に上品で美しいのがイギリス大使館であり、東京に訪れた際にはぜひ訪問してみてください。

所在地: 東京都千代田区一番町1
URL: https://www.gov.uk/world/organisations/british-embassy-tokyo.ja

オランダ大使館

オランダ大使館はまるでオランダにいるような景観が特徴です。国の重要文化である「外交官の家」などを設計した建築家ジェームズ・ガーディナーによって設計されました。

オランダといえばチューリップと連想されますが、大使館にも美しいチューリップが咲き誇ります。

周囲は和風庭園になっていて、そちらにもチューリップが咲いていて美しい花々の景色に思わず目を奪われます。

所在地:東京都港区芝公園3丁目6−3
URL: https://www.orandatowatashi.nl/

東京の穴場観光スポット②

神保町シアター


出典:写真AC

神保町シアターは地下鉄神保町駅をでたらすぐのところにある穴場の映画館です。

まずはその料金に注目です。一般 ¥1,200 / シニア ¥1,000 / 学生 ¥800と他の映画館よりもかなり安くなっています。

シネコンに押されて、東京都内でミニシアターの閉館ラッシュが続く中で、本の街・神保町で、シニアを中心にファンを増やしています。

歴史が浅いにも関わらず、神保町シアターの人気が高まっているのは、プログラム編成の面白さや快適な設備だけでなく、様々な魅力を持っているからです。

スタッフが「はみだし映画祭」と呼ぶモーニングショーやレイトショーも時折開催しています。トークショーもこまめに行なって、チラシを毎月約1400人に郵送するなどファンサービスも手厚くされています。

しかし、この劇場の魅力は何といっても、スタッフとお客さんの距離が近いことです。

観たい作品をリクエストしてくる客もいれば、菓子を手土産に持ってくる常連客もいるらしいです。ロビーでは、スタッフと楽しげに話をするお客さんの姿が印象的です。

また、神保町は地下鉄3線が通り、利便性が優れています。古書店を覗いたり、一杯飲んだり、2駅先の日本橋三越で買い物をしたりと、映画館を出た後の楽しみも多いのも神保町ならではの特徴です。

「暇だから映画でも観に行くか」と軽い感覚で出向いて、十二分に楽しめるのが、東京の神保町シアターなのです。

神保町シアター
URL: http://www.shogakukan.co.jp/jinbocho-theater/

東京の穴場観光スポット③

青山スクエア

次に紹介する穴場観光スポットは、伝統工芸の青山スクエアです。青山スクエアは、赤坂の青山通りに面しているビルの1階にあり、伝統工芸品が産地別に展示されています。

高価な品もありますが、日常生活で使える品もあり、全国各地の品が集められていて見るだけでも楽しくなってきます。

入り口脇に職人の実演販売コーナーがあり、圧巻する技法にも見とれてしまいます。

また、海外へのプレゼントにぴったりな品が揃っている便利な店で、英語の説明書も入っていますので、外国人も多く訪れています。

青山スクエア
URL: http://kougeihin.jp/

東京の穴場観光スポット④

地下鉄博物館


出典:街画ガイド

次に紹介する穴場観光スポットは地下鉄博物館です。地下鉄博物館は、都心の中心部より少し離れた江戸川区にある葛西駅のすぐ近くにあります。

歴史の古い、昔走っていたあらゆる地下鉄が展示されおり、熱心な鉄道マニアなら絶対来たことあるというほど、穴場と言えど、鉄道好きの中では有名な場所です。

館内の一部で銀座線の開通時の上野駅を再現しているのはまさに絶景。地下鉄で実際に使用された銀座線旧車両や丸ノ内線の一号車のほか、地下鉄運転シミュレーターや鉄道模型や模型の展示もあり、地下鉄クイズを始め映画の上映なども行われています。

図書室もあり、専門書や専門誌の他に鉄道関係の一般書や絵本なども置いています。特に『東京地下鉄道史』や各路線の建設史等においては、貴重書や非売品のため、他では御目にかかれない資料も存在します。

図書室は、土・日・祝日のみ開放しています。資料帯出・コピーはできないので注意です。入口は東京メトロで実際に使われていた自動改札機と同様のものを使用しておりまして、自販機で入場券を購入し、改札機を通過して入館するシステムになっています。

入館券の地紋に関しては、前身の営団時代は営団の乗車券で採用されていたものとほぼ同一のものを使用しておりましたが、2004年4月の東京メトロ発足後には、首都圏の大手私鉄で使用されているものと同じ地紋に変更されました。

2013年6月のタッチパネル式券売機導入以降ではオリジナル地紋に変更され、大きく注目を集めました。

入館券の回収はなく、記念に持ち帰ることができます。2011年の東日本大震災発生以降は、節電対策として土・日・祝日に限り自動改札の使用を中止し、有人改札を実施しているのも見どころです。

地下鉄博物館
URL: http://www.chikahaku.jp/

東京の穴場観光スポット⑤

印刷博物館

次に紹介する東京の穴場観光スポットは印刷博物館です。印刷博物館は、東京都の文京区にある印刷に関する博物館です。

2000年に凸版印刷が100周年記念事業の一環で設立をして、印刷文化に関わる資料の収集や研究活動をはじめ、活版印刷などの実体験や啓蒙活動を行ってきました。

口コミ等で東京の穴場スポットとされているところで、日本の印刷文化の歴史を語る上で重要な場所です。

入場料は一般300円、学生200円、中高生100円、小学生以下無料とリーズナブルです。

印刷物は私たちが生活をする中で必ず関わってきたものです。その生活必需品である印刷物を深く知りにぜひ印刷博物館に足を運んでみてください。

印刷博物館
URL: http://www.printing-museum.org/objective/index.html

東京の穴場観光スポット⑥

NTTインターコミュニケーション・センター

次に紹介する東京の穴場観光スポットはNTTインターコミュニケーション・センターです。ここは日本電信電話株式会社が設立した博物館です。

今は東日本電信電話株式会社が管理しています。

文化施設で、メディアアート作品や関連の図書や映像資料を多く所蔵する他に、メディアの歴史を展示したショーケースや機関紙の研究発表も行っています。

東京の穴場観光スポット⑦

荻窪邪宗門


出典:邪宗門

荻窪は新宿からほど近い位置にあるにも関わらず、心安らぐ下町感が漂います。

次に紹介する東京の穴場観光スポットはそんな荻窪にある荻窪邪宗門です。荻窪邪宗門は、商店街の一角にひっそり重みを感じてとても落ち着きます。荻窪邪宗門は2017年8月に創業から59年がたち、60年目に突入しました。店主は、風呂田和枝さんでよく笑い、やさしくて更にとても素敵な女性です。

この店は、2008年に店主を失って閉店しました「国立邪宗門」の暖簾分けとして開かれたお店です。店名は北原白秋の詩からだということです。同名の喫茶店は他にもいくつかありますが、絶対的にここと言えるのが昔の古き良き時代の昭和を思い出させてくれるような場所だからです。店主の方たちは趣味のマジックを通し、繋がった関係だそうです。

邪宗門
URL: http://www.jashumon.com/index.htm

東京の穴場観光スポット⑧

ぺろり

Takeshi Tanakaさん(@tkcgraffiti)がシェアした投稿

次に紹介する東京の穴場観光スポットはぺろりです。ぺろりは中目黒に近いカレー屋。

席は6、7席ほどのカウンターのみのお店で、可愛らしい雰囲気を楽しめます。

特におすすめなのがチーズカレーです。丸いお皿に乗ったご飯の上にカレーがたっぷりとコーティングされ、その上にとろとろのチーズが乗せられています。スプーンでその3つをすくい、口の中で混ざり合った時の美味しさは、思わずため息が漏れるほどの美味しさです。

また、トマト、オクラなどのトッピングもあるので、そちらもおすすめです。

ぺろり
URL: https://tabelog.com/tokyo/A1316/A131601/13150345/

東京の穴場観光スポットで落ち着いた休日を

東京は人口が多く、メディアの注目度も高いため、「穴場」といえる観光スポットはあまり多くのないように思われますが、今回紹介したように、比較的人が少なく、ゆっくりと落ち着いて楽しめるスポットはたくさんあります。

都会の喧騒から少し離れて、穴場観光スポットで過ごす休日も、たまにはいいかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するキーワードから探す