ご利益いっぱいの七福神めぐりで福を呼び込もう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

七福神と聞くと、おめでたいイメージがあったり、宝船に乗っている神様を思い浮かべる人も多いと思います。その信仰は「七難を消滅すれば七福が生ずる」という仏教経典の教えによって始まったそうです。

そんな七福神と関連のある神社仏閣をめぐる「七福神めぐり」はお正月に行うと福を呼び込むことができるとされており、全国各地でめぐることができます。東京でできるものから日本最古のものまで、七福神めぐりのご利益ややり方について解説します。

七福神とは何か

出典:写真AC

幸福と財産の神様として、昔から信仰されている七柱の神様のことを七福神と呼びます。金運や幸福を授けてくれる七福神を信仰する習慣は、室町時代からはじまったと言われています。その七福神と関連のある寺院をめぐる「七福神めぐり」は、江戸時代になってから広まりました。正月飾りを飾っている期間に七福神めぐりをすると、福を授かると伝えられています。

七福神を紹介

七福神ってよく言うけど、どんな神様がいるかまでは詳しく知らないという人も多いのではないでしょうか。そこでまず、どんな七福神がいるかを一人ひとり紹介します。

【恵美寿】

出典:写真AC

片手に釣竿、片手に大きな鯛を持った姿で知られているのが恵比寿です。恰幅がよい笑顔の老人、というイメージが強いのではないでしょうか。恵比寿の起源は、日本神話に登場するイザナギとイザナミの間に生まれた一番最初の子であるヒルコが、流れ着いた先で祀られたものという説があります。商売繁盛、五穀豊穣など、商業や農業、漁業にご利益があると言われています。

【大黒天

出典:写真AC

大きな袋を背負い、片手に小槌を持ったイメージで表されることが多い、田と商売繁盛の神です。インドのヒンドゥー教のシヴァ神が最澄により台所の神として日本に伝えられたことがきっかけで、天台宗の寺院の台所にはほとんど大黒天が祀られています。

【毘沙門天】

出典:写真AC

槍を持ち鎧に身を包んだ、勇ましい姿の神が毘沙門天です。インドのヒンドゥー教でいえばクーベラ神に該当します。見た目の通り戦いの神として知られていますが、ほかにも敬愛や長命、無尽の福などにご利益があると言われています。

【弁財天】

出典:写真AC

七福神唯一の女性の神様で、琵琶を弾いている姿で表されます。その姿のまま音楽の神様としても信仰されていますが、富や財をもたらしてくれる豊穣の女神としても有名です。ヒンドゥー教ではサラスヴァティ神に当たります。

【福禄寿】

出典:写真AC

長い頭とひげが特徴で、鶴を従えているのが福禄寿です。こちらは中国の道教の神様であり、北極星の化身とも言われています。福徳や、長寿にご利益があると考えられている神です。

【寿老人】

出典:写真AC

長い頭の姿は福禄寿と似ていますが、寿老人は鹿を従えており、大きな杖と団扇を持っていることが特徴です。健康や長寿の神として信仰されており、樹老人と書き表すこともあるようです。

【布袋尊】

出典:写真AC

恰幅がよく大きなお腹をしていて、大きな袋を背負っているのが布袋です。唐の時代に中国に実在した仏教の僧、または弥勒菩薩の化身だと言われています。良縁や子宝、開運の神として信仰されています。

七福神めぐりのご利益

七福神めぐりをすると、このようなご利益を得ることが出来ると言われています。

恵美寿…商売繁盛

大黒天…五穀豊穣

弁才天… 恋愛成就、学徳成就

毘沙門天… 武道成就、降魔厄除、家内安全

布袋尊…千客万来、家庭円満、商売繁盛

寿老人… 幸福長寿、家庭円満、延命長寿

福禄寿 … 財運招福 七福神めぐりをすることで、七つの災難が除かれ、七つの幸福を授かることが出来ると考えられています。

七福神めぐりの楽しみ方

七福神めぐりに必要なものは特にはありませんが、お賽銭はあったほうがよいでしょう。10円は「遠縁」と言われあまり縁起が良くないので、避けた方が無難かもしれません。

その代わり5円玉は「ご縁」と掛けて縁起のいい単位であると言われているのでぜひ持参しましょう。特に45円は「始終ご縁がありますように」という願いになるので、運気アップ間違い無しです。

七福神めぐりと御朱印帳

出典:写真AC

御朱印を集めている人は、ぜひ御朱印帳も持っていきましょう。七福神めぐり専用の御朱印帳や御朱印紙もあります。福絵や絵馬も用意されている場合もあるので、御朱印集めをしている方にはたまらないのではないでしょうか?

通常の朱印とは異なっている場合がほとんどなので、もらう際に、七福神めぐりの御朱印をお願いすることを忘れないようにしましょう。

七福神めぐりに適した時期

七福神めぐりは通常、関東ならばお正月から7日ごろまで、関西ならお正月から15日ごろまでにするとよいと言われています。この期間に特別にご本尊の御開帳なども合わせて行われます。しかし、この期間に必ずしなくてはならないというわけではなく、一年を通してめぐることが出来ます。

ただしお正月以外の期間ではご本尊の御開帳や、七福神めぐりの朱印などがないこともあるので注意が必要です。

東京最古の七福神

出典:東京であそぼ

東京最古の七福神めぐりといえば、谷中七福神になります。250年もの歴史があり、東京都台東区や荒川区、北区に点在する七つの寺院を巡礼します。6キロほどあるので、2時間以上は見ておいた方が良いかもしれません。

「東覚寺」 田端駅から徒歩5分の場所にある東覚寺は、福禄寿を祀っています。交通の便からこちらのお寺を七福神めぐりの1つ目としている方も多いようです。

「青雲寺」 東覚寺から約11分の所に青雲寺はあります。こちらは商売繁盛の神、恵美寿が祀られています。

「修性院」 青雲寺から2分ほど歩いたところにあります。こちらには大きな布袋像があり、夫婦円満や子宝にご利益があります。

「長安寺」 修性院から徒歩8分の場所にある長安寺には、徳川家康が納めたといわれている寿老人像があります。

「天王寺」 長安寺から徒歩6分、鎌倉時代に創建された広大な寺院です。毘沙門堂に祀られている毘沙門天は、平安時代に造形されたものです。

「護国院」 天王寺から18分ほど歩いた場所にある「護国院」は、福徳開運の神である大黒天が祀られています。

 「寛永寺」 護国院から20分ほど歩いた場所に、弁財天が祀られている寛永寺があります。芸能や縁結びにご利益があります。

日本最古の七福神

出典:そうだ京都、行こう。

日本最古の七福神めぐりと言われているのが、京都の「都七福神めぐり」です。「都七福神めぐり」は範囲が広いので、電車を利用して回る形になります。効率よく回れば、1日で回ることが出来ます。

「東寺」 東寺駅から徒歩5分のところにあります。菅原道真も信仰していたと言われている毘沙門天が祀られています。

「萬福寺」 黄檗駅からすぐの場所にある萬福寺には、見た目にもきらびやかな金色の布袋像があります。

「六波羅蜜寺」 清水五条駅より徒歩7分。空也上人によって開かれたといわれており、弁財天が祀られています。

「恵美須神社」 六波羅蜜寺から15分ほど歩いた場所にあります。都七福神めぐりの中で唯一の神社です。

「革堂行願寺」 京都市役所前駅から徒歩5分のところにある革堂行願寺は、上京区の寺町通沿いにあります。長寿の御利益のある寿老人が祀られています。

「赤山禅院」 赤山禅院は、修学院駅から徒歩30分ほどの少し山深い場所にあります。歩きに自信のない人はタクシーを利用するのが良いでしょう。こちらには福禄寿が祀られています。

「松ヶ崎大黒天」 一旦修学院駅へ戻り、15分歩くと松ヶ崎大黒天があります。開運招福の御利益のある大黒天像があります。

七福神の魅力

東京最古の七福神めぐりや日本最古といわれる京都の七福神めぐりは有名ですが、他にも鎌倉の七福神や横浜七福神など、七福神めぐりが出来るところは全国に数多くあります。また行く先々で、七福神を模したお守りやご利益のあるグッズなども手に入ります。それぞれに特色もあるので、旅行がてらめぐって服集めしてみてはいかがしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するキーワードから探す