【シチュエーション別】着物の種類を紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

織りや柄、染めの技術の高さから「着る宝飾品」とも言われる「着物」は、熟練した職人の手作業で作り上げられます。非常に繊細で高い芸術性をもつことから、世界的にも高く評価され、「kimono」に対して憧れを持つ外国人も少なくありません。

着物の種類は多岐に渡ることから、使用するシチュエーションや年齢、未婚、既婚などの違いで着物の種類を使い分ける必要があります。 一口に着物と言っても使い方を間違ってしまうと、せっかく日本の伝統工芸品を着用しても、時には恥ずかしい思いをしてしまうことがあります。

今回は着物の種類と特徴、使用用途による着用の基準などを紹介していきます。

【シチュエーション別】着物の種類を紹介

様々な色にに染め上げられた絹糸を織り上げて作られた生地を使用します。

絹糸の色合いや風味を組み合わせることで、縞や格子などの柄を生み出した、素朴ではありながらも味わい深い風合いが魅力です。着物の種類としては、普段着や外出用のお洒落着である街着として位置付けられます。

友人との食事、ショッピングなどの外出時に着用しますが、同窓会や結婚式の二次会、観劇や美術館、博物館の鑑賞であれば、ドレスコードをクリアすることができます。

結婚式や入学、卒業式などの式典への出席には適していません。魅力的な紬の着物でも、あくまでも着物の種類としては、男性、女性共に着用が可能という日本古来からの「お洒落着」として扱いましょう。

【シチュエーション別】着物の種類を紹介

 浴衣

https://www.pakutaso.com/

染めを施した木綿の生地で仕立てられたカジュアルな着物です。

お風呂上りに使用されたもので、着物の種類としては、寝間着や部屋着として位置付けられています。旅館などの宿泊施設で用意されていることが多く、着付けも簡単なことから、最も気軽に着用できる着物だと言えるでしょう。

花火大会や夕涼み、夏祭りや盆踊りなどの気取らない場所への外出着としても使用されていましたが、近年ではお洒落な和柄や浴衣着用時の独特の雰囲気が見直され、夏のお洒落着としての利用が増加しています。

描かれた柄によっては、性別や年齢にとらわれることなく着用でき、着物の種類の中では珍しい存在だと言えます。

【シチュエーション別】着物の種類を紹介

 小紋

名前の通り、全体に描かれた細かい模様が特徴的な生地で作られた着物です。

遠目には無地に見えてしまうほどに細かい模様は、柄を型で染めた型染めと呼ばれる手法で染められます。肩の部分が上になるような模様が施されている訪問着や付け下げに対し、小紋の模様は上下の関係なく描かれています。

そのために、基本的には正装や礼服としての着用ができず、着物の種類では普段着やお洒落着として位置付けられています。 着用する女性の年齢を選ばないことから、用意しておくと一生着用することができる着物の種類の一つです。

【シチュエーション別】着物の種類を紹介

 色無地

糸の風合いや織りによって生み出された地紋があるものもありますが、基本的には一色に染め上げられた絹糸で織り上げた生地で作られた無地の着物です。

家紋を施していないものは、普段着やお洒落な街着として気軽に着用できます。

家紋を施したものであれば、着物の種類は普段着やお洒落着から礼装に昇格することから、若い女性から年配の女性まで着用する年齢層を選ぶことのない、非常に守備範囲の広い着物の種類の一つだと言えます。 

【シチュエーション別】着物の種類を紹介

 振袖

https://www.pakutaso.com/

全体に施された華やかな絵羽模様と、振袖という名前の由来となる長い袖が特徴的な未婚女性の第一礼服です。

背中と両袖の後ろ、胸元に家紋を施す「五つ紋」が正式なものですが、現在は家紋を入れないものが主流となっています。

袖は長さによって大振袖、中振袖、小振袖に分けられます。袖丈が長いほど格式が高いとされ、改まった印象を受けることから、花嫁衣装には袖丈の長い大振袖が用いられます。

また成人式の出席用には、近年中振袖の人気が高まっています。 伝統的な絵羽模様に囚われることなく、若い女性のお洒落な感覚に合わせた、小紋や無地の生地で作られた作品なども登場しており、振袖は数ある着物の種類の中で、最も柔軟に進化を続けていると言えます。

【シチュエーション別】着物の種類を紹介

 訪問着

https://www.photo-ac.com/

全体的に絵羽模様をほどこしたひと続きの、まるで蒔絵のような華やかな着物です。

着物の種類としては略礼服である第二礼服として扱われます。家紋をほどこしたものが正式なものですが、現在では家紋がないものでも失礼に当たることはありません。

絵羽模様は生地を採寸、仮縫いした後で模様を施し、染色を行うことで、縫い目で模様が途切れてしまうことなく一枚の柄のように仕上げたものを指します。

手間の掛かった日本の伝統工芸が作り出す「着る宝飾品」と言えるでしょう。訪問着は未婚者、既婚者を問わず着用できる女性用の着物として、着物の種類の中では需要の高いものの一つです。

【シチュエーション別】着物の種類を紹介

 喪服

不幸があった場合に喪主や親族としても、弔問する参列者としても着用して失礼のない着物の種類、「喪の礼装」が喪服です。

男性の場合は、黒羽二重染め抜きの五つ紋の着物に、羽織紐が黒か白の羽織と平織りの袴を着用します。

半襟・長襦袢は白または黒かグレーを使用します。扇子は不要ですので注意しましょう。 女性の場合は背中と両袖の後ろ、胸元に「五つ紋」と呼ばれる合計5つの家紋が入ったものが正式なものです。

家紋が三つ入った「三つ紋」や一つの「一つ紋」は準喪服とされます。着用時には半襟・長襦袢は白黒の帯を合わせ、髪飾りや帯止めは不要です。

【シチュエーション別】着物の種類を紹介

 黒留袖

https://www.photo-ac.com/

絵羽模様が腰よりも下の位置にのみに描かれる黒留袖は、背中と両袖の後ろ、胸元に「五つ紋」と呼ばれる合計5つの家紋が入ります。

着物の種類の中では最も格のが高いものとされ、洋服のイブニングドレスと同等の扱いとなり、「第一礼装」に位置付けされています。既婚の女性が身に付けるものとして用いられ、結婚式や披露宴では新郎新婦の母親や仲人夫人、親族の既婚女性の出席時などに用いられることが多い着物です。

【シチュエーション別】着物の種類を紹介

 色留袖

https://www.photo-ac.com/

色留袖は 黒以外で染められた留袖で、絵羽模様が腰よりも下の位置にのみに描かれています。

五つ紋であれば、着物の種類の中で最も格のが高いとされる黒留袖と同等の第一礼服となります。日本の伝統が色濃く残る宮中では、「黒は喪の色」とされ黒留袖では無く色留袖が用いられます。

慣例的に叙勲などの参内行事への参加者や、皇族の方は色留袖を着用することになっています。

また、施す家紋の数が少ない「三つ紋」や「一つ紋」はそれぞれ訪問着や格下げと同様の扱いとなります。色留袖は、既婚者、未婚者を問わず女性用の着物として広く用いられています。

【シチュエーション別】着物の種類を紹介

 付け下げ

付け下げは、生地の模様を生かして縫い上げ、縫い目に模様が掛からないのが特徴の着物です。

着物の種類としては略礼服として位置付けられますが、かつて付け下げは訪問着よりも格下で小紋よりも格上とされていました。

しかし、近年では華やかなものであれば、訪問着と同格に扱われる場合や、訪問着とはいえ趣味性の強すぎる柄や地味すぎる柄のものよりは、古典柄の付け下げの方が格上とされるなど、着物の種類の中での序列が曖昧となる傾向が強くなっています。

着る女性の年齢を問わず着用することができる略制服の一つが付け下げです。

このように着物の種類の位置付けは時代と共に徐々に変化しています。

【シチュエーション別】着物の種類を紹介

着物を彩る和小物

着物を着用する際に大きなポイントとなるのが和小物です。

草履や足袋、肌襦袢や長襦袢、伊達衿や伊達締め、帯枕、帯揚げ、帯締めなどの和小物を連想する人も多いでしょうが、着物の種類に合わせた帯は、全体のイメージを左右する重要な小物だと言えるでしょう。

式典などのフォーマルな場所への出席時には、金糸や銀糸をふんだんに使用した華やかな細工の袋帯を着用することで、日本の伝統美術の美しさを楽しむことができます。

銀糸や泊を使用したものであれば、グッと渋めの雰囲気を醸し出すことができます。

その他の色に染められた絹糸の刺繍が施されたものならば、お洒落着を引き締めるポイントとなりますし、半幅帯を効果的に使えば、粋な雰囲気がグッと増します。

着物が有名な地域を紹介

京友禅と加賀友禅

非常に多くある着物の種類の中で、友禅として世界的に有名なのが、京都で作られる京友禅と石川県の金沢で作られる加賀友禅です。

手描き友禅の基本的な技法は同じですが、模様を内側の濃い色を外側へぼかしてゆく京友禅と、外側の濃い色を内側に向かってぼかしてゆく加賀友禅のぼかし方の異なる点が興味深いです。

また、京友禅が金銀箔や刺繍を多く用いるのに対し、加賀友禅は金箔や銀箔、刺繍などの装飾をほとんど施さないのも特徴的です。

大島紬

奄美大島の特産品である大島紬は、着物の種類の一つである紬の最高峰だと言っても過言ではありません。

錦糸を泥染めで染め上げた渋い色合いが特徴で、落ち着いた雰囲気を醸し出す大島紬のファンは世界中に存在します。

本来は「先染め手織り」ですが、近年「先染め機械織り」や「機械織り後染め」の作品も普及し、比較的手軽に手に入れることが出来るようになりました。

江戸小紋

江戸時代に諸大名が着用した裃の模様を「定め小紋」と呼び、庶民がこの小紋を真似ることが起源となりました。宝尽くしなどの縁起物や野菜や玩具など、身近にあるものが柄として取り入れられました。

江戸小紋という名称は、着物作家の小宮康助が人間国宝に認定された昭和30年(1955年)に、京都の京小紋と区別するために名付けた、着物の種類の中では比較的新しいものです。

再認識される日本の着物文化

ここまで様々な着物の種類とその特徴を紹介してきました。

私たちの生活に洋服が浸透したことで、着物は「特別な時に着用するもの」という認識が広まっていましたが、昨今は日本の伝統的な服飾文化として着物が再認識され始めています。

長い年月を掛けて日本の生活環境に合わせ進化を続けていた着物の種類を知り、その着物を着用することで、新しい着物文化が生まれていくかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加