【小千谷縮は雪にさらす】世界に誇る新潟の織物「小千谷縮」の魅力

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

小千谷縮とは 


出典:小千谷縮.jp

小千谷縮(おぢやちぢみ)とは、新潟県小千谷市が生産地の苧麻(ちょま)という上質の麻を使った織物のことです。

よりが強い緯(よこ)糸で織った布を湯もみすることで、しぼという細かい皺を出した織物となっています。苧麻(ちょま)とは、古来、日本の繊維業の材料として使われてきた上質な素材となる植物の一つで、南アジアから日本を含む東アジア地域まで広く分布し、植物繊維をとるために栽培されてきました。

昔は農民の副業として、特に冬に生産されていました。 17世紀、明石藩の浪士堀次郎将俊(明石次郎)が、絹織物であった明石縮の技法を応用して、越後麻布の改良に成功し、小千谷縮となりました。

その改良は魚沼地方全体に広がっていき、当時は越後縮と呼ばれていました。

小千谷縮の特徴


出典:小千谷縮.jp

小千谷縮の特徴は、よりが強い緯糸(よこ)で織った布を湯もみすることで、しぼを出しているところです。この独自の貴重な技術は、世界に認めら、2009年にユネスコ無形文化遺産に登録されました。

また、すでに1955年に重要無形文化財第一号指定されています。

小千谷縮と呼ばれる条件は下記の通りです。

①すべて苧麻を手績みした糸を使用すること

②絣模様をつける場合は、手くびりによること

③いざり機で織ること

④しぼとりをする場合は、湯もみ、足ぶみによること

⑤さらしは雪ざらしによること

小千谷縮の作り方


出典:小千谷縮.jp

糸の段階で緯(よこ)糸に強い撚りをかけて布を織り、織り上がった布をお湯の中で丹念に強くも揉み込みます。すると織物が縮もうとする性質を利用してしぼが形成され、独自の触感を持った小千谷縮が生まれます。

湯もみ、足ふみによってできた小千谷縮は、雪ざらしにすることで、染め上げられた麻糸は更に鮮やかさを増し、色柄を引き立てます。糸そのものの膨らみが出て、織物全体がやわらかく感じられ、雪国の風土を包み込んだ逸品が誕生します。

この雪さらしは、雪解けを待つ小千谷地方に春を呼ぶ風物詩となっています。

小千谷縮の着物の良さ


出典:小千谷縮.jp

小千谷縮でできた着物は、しぼと呼ばれる独特の皺があるため肌触りがサラリとしており、 夏の着物や浴衣として適していることです。小千谷縮の良さは、家で洗濯ができ、乾きが早く、アイロンなしで手入れが簡単なところです。

さらに、麻の縮は肌触りがよく、軽くて涼しいため、着心地もよいです。小千谷縮の着物は一目で上質であることが分かります。

小千谷縮の魅力


出典:小千谷縮.jp

小千谷縮は、新潟県が誇る伝統工芸品の一つであり、その技術は世界にも認められています。染織部門としては、日本で初のユネスコ無形文化遺産代表一覧に登録されたのです。

小千谷縮は、雪国ならではの知恵と技術によって作り出されてきました。その製作は苧麻からの手つみによる糸作りに始まり、湯もみ、足ぶみをするしぼとり、雪さらしなど、数々の工程を経て完成に至ります。


出典:小千谷縮.jp

とりわけ、小千谷縮を作る工程の中で特徴的なのが、雪さらしです。織物を雪の上に並べ、そして雪解けを待つという雪さらしの作業により、雪解けの際に発生するオゾンの漂白作用と日光の殺菌作用によって、織物の汚れがきれいに漂白されます。

また織物の染料は鮮やかになり、その美しさが引き出されます。そして、しぼと呼ばれる独特の皺による肌触りのよい上質な織物になります。 江戸時代の著名な文人のひとり、鈴木牧之も「北越雪譜の」一節で「越後縮は雪と人と気力相半ばにして名産の名あり、魚沼群の雪は縮の親と言うべし。」と書いています。

まさしくこの言葉が示すとおり、小千谷縮は、雪国新潟の気候と伝統が育んだ極上の芸術品と言えます。いまや、日本・世界を代表する伝統の織物の一つとなっています。

 

日本は織物の大国!織物・染物の記事一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するキーワードから探す