【どんな御利益が?】御朱印集めのマナーやもらい方を紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

御朱印とは

近年のお遍路ブームで知名度を上げたのが、多くの寺院を廻り御朱印(ごしゅいん)を集める「御朱印集め」です。多くの神社や寺院などでは、参拝の「おしるし」として参拝者の用意した御朱印帳や集印帳などに朱印を押印してくれます。

この押印される印章や印影のことを、一般的には敬称を付け御朱印と呼んでいます。古くは写経したお経を寺院に納めた際に御朱印が押印されていました。押印と共に寺院名、御本尊や祀り神、参拝日などが墨書きされることが多いです。

一心不乱に書き写したお経を寺院に納経することで、押印される御朱印は深い信仰心の証とも言えるもので、願掛けや生活に溶け込んだ修行として写経と納経を繰り返す参拝者も存在し、昔から御朱印集めを行う人は一定数存在したと言えます。

現在でも一部の寺院では、納経しなければ御朱印を頂けない場合があります。現在は、集める楽しみが注目される御朱印ですが、本来は非常に宗教的な意味を持つ尊い「おしるし」なのです。

御朱印のご利益


出典:ぱくたそ

「御朱印を集めるとご利益があるのかどうか?」は気になる人が多いのではないでしょうか?

まず、御朱印を頂くためには神社や寺院を参拝する必要があります。参拝時には無意識にでも心の中で神仏に願い事や悩み事を打ち開けているのではないでしょうか?

これは心願(しんがん)や祈願(きがん)と呼ばれますが、この行為こそが御利益を生む行為なのです。参拝の証として頂く御朱印は「いつ何処の寺院で何を願ったか」は書き込まれませんが、参拝した本人であれば「どんな願いをしたのか?何を誓ったのか?」を覚えているでしょう。

御朱印を集めるために、多くの神社や寺院に参拝すれば自ずと心願、祈願したことや誓いを立てたことが思い出されるのではないかと考えられます。

目標を達成するためには、まずしっかりと目標を定めることが必要ですから、御朱印集めにはしっかりと目標を確認することができる効果があると言えるでしょう。また「御朱印を集められていること自体が既に御利益」という考え方もあります。

神社や寺院に参拝するためには健康面、経済面、精神面そして時間に一定のゆとりが必要となります。既に御利益を頂いていることを確認できるのが、御朱印集めであるという考え方です。いずれにせよ、御朱印集めは参拝のおまけに付いて来るものですから、本末転倒しないように気を付けましょう。

御朱印帳を手に入れよう

御朱印は宗教儀礼として神社や寺院で押印されるものですから、御朱印を集めるために市販されているノートなどを利用するのはマナー違反です。

信仰に対して失礼な行為だと見られますし、押印を断られる場合もあります。御朱印長や納経帳、集印帳という専用の物がネット通販などでも扱われていますので、そちらを使用した方が無難です。

御朱印帳は朱や墨の吸収が良い和紙を使用して作られています。折りたたみ式の蛇腹と製本されている和綴じというものが一般的です。ネット通販の場合販売価格は約1,500~2,000円前後のものが主流となっています。

神社や寺院などが独自に用意している御朱印帳が最適ですが、こちらもネット通販同様約1,500~2,000円前後で購入出来ます。神社や寺院ごとに祀り神や御本尊、本殿や本堂をモチーフに描かれた独自のデザインの御朱印帳は、見ているだけでも楽しいものです。

御朱印集めと共に、御酒印帳を集めるのも素敵ですね。

御朱印のもらい方


出典:写真AC

神社でも、寺院でも御朱印を頂く際には必ず参拝を行います。目的が御朱印集めであっても、参拝をしないのはマナー違反ですので注意して下さい。

神社の場合は、参拝後に神職さんや巫女さんに「御朱印を頂きたいこと」を伝えると対応してくれます。参拝物の多い大きな神社では、御朱印授与所が用意されている場合もあり、取り間違い防止のために番号札を使用する場合もありますので、指示に従いましょう。

小さな神社の場合は社務所などで頂けることが多いですが、神社の方を呼び出すことが多いので、食事時や夜間などの参拝を避け、マナーを守って失礼の無いようにしましょう。

また御朱印の押印は全ての神社で行っているものではないので、御朱印の押印を行っていない神社の場合は参拝のみに留めましょう。寺院の場合もまず参拝を行いますが、寺院では拍手(かしわで)を打たないように気をつけましょう。

参拝後に御朱印所を訪ねて「御朱印を頂きたいこと」を伝えると対応してくれます。大きな寺院の場合は御朱印所が複数存在する場合もありますので、頂きたい御朱印が決まっている場合は事前に伝えましょう。

神社も寺院も御朱印料を納めますが、神社の場合は初穂(はつほ)料と呼びます。金額が提示されている場合はそれに習い、提示が無い場合は「いくらほどお納めすれば良いでしょうか?」と尋ねるのが良いでしょう。

一般的には300~500円程度を設定している場合が多いようです。

御朱印集めの注意点


出典:ぱくたそ

御朱印集めがブームになるまで、御朱印の存在は一部の人しか知られていませんでした。新しく御朱印集めを始めた人にとって、神社や寺院のしきたりは身近なものではなかったと言えるでしょう。

御朱印を頂く際に慎みむべき行動を紹介します。

・参拝しないで御朱印を頂く既に紹介したとおり御朱印は参拝を行った証であり、本来の目的は参拝をする事です。宗教施設である神社や寺院には、熱心な参拝者の方が多く集まっています。御朱印集めが目的であっても、境内での行動は参拝者の方を見習いながら参拝は必ず行いましょう。

・非常識な時間の参拝神社や寺院の生活は早朝に起き出し、祈りや修行を行うために一般的な生活時間帯よりも早い時間に床に付く生活を送っています。

また食事時に訪問するのが失礼なことは常識的にも当てはまると言えます。神社や寺院はサービス業ではなく宗教施設であることを念頭に置いた行動が必要だと言えます。

・御朱印を待つ間の飲食や雑談、携帯電話の使用御朱印は押印と共に寺院名、御本尊や祀り神、参拝日などが墨書きされることが多いものです。これは1つの宗教儀礼の1つですから、厳かな気持ちで墨書きされるのを待ちます。

また御朱印を押印される瞬間を写真に収めたい気持ちは判りますが、無断で撮影するのは失礼にあたりますから、一声かけて許可を頂いて撮影しましょう。

・高額紙幣での支払い神社の御朱印料としての初穂料や寺院での御朱印料の支払いの際に、高額紙幣で支払うのは慎みましょう。参拝前に小銭を用意して参拝に向かうのがマナーです。

・御朱印の押印の無理強い御朱印集めを目的としているからと言って、押印を行っていない神社や寺院で「記念に何でもいいから」などと御朱印を無理強いする人がいるようですが、完全にマナー違反です。

また、手書きの御朱印は1枚ずつ違いが出ますので「持っている本と違う」などのクレームは慎みましょう。御朱印はスタンプラリーのスタンプではなく、宗教儀礼の1つだということを常に忘れないで下さいね。

御朱印帳を忘れてしまったら


出典:写真AC

御朱印集めをしている人にとって、出先で予定外に参拝をした際や、いつも御朱印帳を入れている鞄と違う鞄を持ってきてしまったなどのトラブルは、悔やみきれないほどショックなものですね。

そんな時には御朱印帳を忘れてきたことを告げれば、用意している半紙に押印した御朱印や書き置き分の御朱印を頂くことができます。

帰宅後、スティックタイプの糊を利用して御朱印帳に貼り付ければ、御朱印帳が埋まり御朱印集めが1つ進みます。

神社とお寺を分ける必要性


出典:ぱくたそ

御朱印を集める際に気をつけたいのが、神社と寺院の御朱印を混在させないように御朱印帳を分けることです。

厳密なルールが存在するわけではないのですが、神社も寺院も宗教施設ですので、信仰対象の違いや宗派による問題が存在する可能性があります。

分け隔てなく参拝者に御朱印を押印してくれる場合が多いのですが、気持ちよく御朱印集めを行うためには余計なトラブルの種は避けるべきでしょう。

神社と寺院の御朱印が混在していると押印してもらえない場合がありますので、神社用、寺院用は分けたほうが無難だと考えられます。寺院用も日蓮宗用の「御首題帳」とその他の宗派用の2つに分ける人が多いようです。

御朱印集めが楽しくなる御朱印帳

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するキーワードから探す