茅葺き屋根の魅力とは|メリットや茅葺屋根の全国分布など

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

茅葺き屋根とは

茅葺き屋根とは、茅を材料として葺く家屋の屋根のことをいい、茅葺き屋根もしくは茅葺屋根といいます。

ただし、茅という植物はなく、主にススキやヨシ、カリヤス、カルカヤ、シマガヤ、チガヤといったイネ科の多年草を屋根材の総称として、茅と呼びます。そして、茅を採集するために確保された場所を茅場といいました。

主な材料であるススキは、かつて日本全国のいたるところに群生していて、草刈りや火入れ、放牧などが続けられていれば、毎年再生産が可能なので、屋根材としては最適なものでしたが、高度成長期以降の都市化の進展にともなって、現在ではススキの群生地は限られたものになってしまっています。

茅葺き屋根の歴史


出典:ぱくたそ

茅葺き屋根の歴史は古く、その起源は人間の生活形態が定住になった縄文時代といわれています。この時代の竪穴式住居には、打石器によって茅を刈ったり木を切ったりして築かれた茅葺き屋根が用いられました。

また、茅葺き屋根は日本全国において住宅のみならず寺社やあらゆる建物に用いられてきました。

やがて時代が進むと朝鮮半島から仏教とともに瓦屋根が伝来し、寺院の屋根は瓦に変わり、やがて一般の住宅でも瓦屋根が用いられるものの、その後の武家社会では一般農家で瓦屋根を葺くことが禁止されていたため、明治に解禁されるまでは主に茅葺き屋根が用いられました。

茅葺き屋根の特徴やメリット


出典:ぱくたそ

茅葺き屋根の特徴としてはまず、屋根の角度が急勾配であるということがあります。

これは雨水が屋根に溜まってしまうことによって起こる雨漏りを防ぐためで、茅の種類によっては茎などが太く隙間ができやすくなるため、さらに勾配が急な屋根が造られていました。

また、茅葺き屋根のメリットとしては、通気性や吸音性、保温性に優れていて、断熱性も高いということがいえます。

このほか、かつて日本の農村では茅の材料となるススキやヨシが手に入りやすく、近隣住民が一体となり、共同作業によって茅葺き屋根の吹き替えや補修が可能だったこともメリットとして挙げられます。

そして、豪雪地帯などでは屋根の勾配が急なために茅葺き屋根だと雪が積もりにくいという利点もありました。

【日本庭園5選】訪れる人魅了する、一度は訪れたい日本庭園の美しさ

千枚田ってどんな田んぼ?|見る者を魅了する美しい千枚田3選

障子紙はどう張り替える?必要な道具は?|可愛いアレンジ方法も紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加