【北海道】北海道の道の駅3選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

元々、休憩施設や情報発信施設としての役割を期待されて全国各地に設置されている道の駅は、近年、温泉に入れたり、地元の特産物の収穫体験や特産品の製作体験をしたりできる、いわば「遊べる道の駅」も増えています。

広い北海道を車で巡る際に欠かせないスポットが「道の駅」。北海道の道の駅は特徴的な景観が多く、北海道の特産品はもちろんその地域の特産品やとれたて食材を堪能できる場として、休憩所だけでなく観光スポットとしても十分に楽しめます。

今回は北海道の道の駅の中でもおすすめの3つをご紹介します。

北海道の道の駅『当別』


出典:写真AC

道の駅『当別』は町と親交の深いスウェーデンの雰囲気がたっぷりで、大人も子供も独特の雰囲気に心も身体も癒されるような和やかな場所です。

札幌都心部からいちばん近くの道の駅だけあってアクセスもしやすく、気軽にちょっとした海外旅行気分を味わえる北欧情緒豊かな道の駅となっています。

こちらでは、北海道を代表するシェフが手掛けたメニューや北海道名物ROYCE’(ロイズ)を使ったスイーツなどちょっぴり贅沢な北海道グルメが味わえます。

施設内は北欧を意識したおしゃれな造りで、 建物も屋根の高い三角屋根で、木造りの店内は居心地の良い落ち着いた雰囲気になっています。おしゃれな道の駅でゆったりとした時間をすごすのも素敵ですね。

道の駅『当別』の詳細はこちら。

道の駅『当別』|アクセス・営業時間・ここでしか買えないお土産

北海道の道の駅『もち米の里 なよろ』


出典:写真AC

道の駅『もち米の里 なよろ』は、北海道北部の名寄市、国道40号線沿いに位置する道の駅です。

旅行雑誌の「北海道じゃらん」が行った「道の駅」満足度ランキングで2位や、「行ってよかった道の駅ランキング」で1位を獲得し、注目を集めています。

道の駅『もち米の里 なよろ』は、北海道の大地が育んだおいしいグルメがそろっています。お土産や、ドライブのお供にうれしい持ち帰りグルメも沢山あり、付近を通りがかったらぜひ立ち寄りたい道の駅といえます。

また、道の駅付近にはスキー場があるためスキーを存分に楽しんだ後、道の駅でゆっくり過ごす、ということもできます。他にも、地元の名産品である「はくちょうもち」をつかったスイーツやお土産など、見どころ満載です。

道の駅『もち米の里 なよろ』の詳細はこちら。

道の駅『もち米の里 なよろ』│アクセス・営業時間・絶品餅グルメ

北海道の道の駅『花ロードえにわ』


出典:写真AC

北海道にある道の駅『花ロードえにわ』は「花・水・緑・田園」をテーマとした道の駅で、平成18年7月にオープンしました。道の駅内には、人にやさしい温室である「コンサバトリー」が備えられています。室内は明るく、開放感溢れており室内の窓からは北海道の風景がひろがります。

また、恵庭産の新鮮な食材を使ったメニューやスイーツが楽しめ、平成28年には来場者数1000万人を突破し、北海道内でもトップクラスの道の駅となっています。

道の駅『花ロードえにわ』では、地産地消にこだわったメニューがたくさんあります。中でも、北海道の大自然の中でストレスなく育てられた放牧豚を使用した「放牧豚たま丼」が人気です。また、恵庭名物の「えびすかぼちゃ」を使った絶品スイーツも見逃せません。

こちらの道の駅は、施設内にたくさんの花が咲いており自然あふれる道の駅です。また、近くに漁川が流れていることから、ウォーターガーデンも整備されています。夏季には小さなお子様も遊べるようになっているので、夏休みに家族旅行で訪れる、というのも良いですね。

道の駅『花ロードえにわ』の詳細はこちら。

道の駅『花ロードえにわ』|アクセス・営業時間・かぼちゃグルメ

北海道の道の駅に行こう


出典:写真AC

広い敷地面積を持つ北海道の道の駅は、自然が多く、解放感溢れるスポットです。北海道の特産物はもちろんその地域の食材を使った絶品グルメも楽しめる北海道の道の駅。周辺には牧場や公園など観光スポットも充実しており1日中楽しめそうですね。

是非、一度自然溢れる北海道の道の駅に訪れてみてはいかがでしょうか。

北海道に関する記事はこちら。

アイヌ神話はどんな話?|アイヌにおける神やフクロウの存在とは

北海道の晩秋の味「子和え」 たらこがたっぷり入った絶品レシピ

北海道の郷土料理「鍋壊し」 その名の由来とレシピを公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加