【徳川家康も愛した味】安倍川餅の歴史とおすすめのお店

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

安倍川餅とは

お正月によく食べられるお餅ですがお餅をお雑煮に入れて食べる家庭も多いのではないでしょうか?

そんなお餅は、日本人にとって馴染み深い食べ物の1つだと言えるでしょう。またお餅の食べ方は地域によって異なっていて、お餅と単に言っても種類が豊富にあります。

例えば磯部餅・納豆餅・あぶら餅・安倍川餅・からみ餅・おから餅・ぜんざいなどがあります。磯辺餅や安倍川餅などはお餅の食べ方としては定番で、大変人気があります。

今回はそんなお餅の食べ方から、安倍川餅とからみ餅の2種類をご紹介していきたいと思います。安倍川餅は、静岡県発祥のお餅でつきたてのお餅や柔らかいお餅の上にきな粉と砂糖をまぶしたものを指します。

しかし現在は安倍川餅の上に小豆をのせるのがスタンダードになっていて、時代によって安倍川餅も変化を遂げているようです。

ちなみにお盆に安倍川餅をお供えする風習のある山梨県では、お餅の上にきなこと砂糖をまぶしさらに黒蜜をかけたものが安倍川餅として浸透しているようです。

このように同じ安倍川餅でも地域や時代によって異なっています。

安倍川餅の歴史


出典:写真AC

安倍川餅の歴史は江戸時代にまで遡ります。

徳川家康が駿河の国(現在の静岡県)の安部川にあった茶屋に立ち寄った際に茶屋の店主がきな粉を安部川が金の名産地であったことから金に見立てて、餅の上にまぶしたものを献上するとこれをいたく気に入った徳川家康が、安倍川で献上された餅ということにちなみ安倍川餅と名付けたのが始まりです

安倍川餅にまぶしていた白砂糖は江戸時代には大変貴重な代物で、また、餅は腹持ちが良かったことから庶民の間でも人気になり、安倍川餅は東海道を代表する和菓子として広まっていきました。

しかし明治時代になり、鉄道が開通すると次第に客足も途絶え今も残っているお店はたったの一軒のみとなっています。

安倍川餅|石部屋を紹介

現在唯一残っている安倍川餅のお店がここ「石部屋」です。

「石部屋」は文化元年(1804年)に創業して以来創業当時の製法で今もなお作られているため、昔ながらの安倍川餅を頂くことが出来ます。

前述したように今では小豆を乗せたものがスタンダードになっているため、安倍川餅を注文すると、きな粉と砂糖をまぶしたお餅とあんこ餅が一緒に盛り付けられたものが出てきます。

つきたてのお餅の柔らかさと程よい甘さの砂糖ときなこが絶妙にマッチしています。

からみ餅


photo by 4510waza

「石部屋」に行ったら是非食べて頂きたいもう一つの逸品がからみ餅です。からみ餅といえば大根おろしと醤油で頂くのが一般的ですが、ここ「石部屋」では一味違ったからみ餅を頂くことができます。

石部屋」のからみ餅は、わさび醤油で頂きます。 山葵の鼻につんとくる辛さは病みつきになること間違いなしです。山葵は静岡の名産で、それにつきたてのお餅が組み合わさることによって相乗効果のうまさを引き出しています。

ちなみにこのからみ餅は「石部屋」に行かないと頂くことができないので、気になった方はぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか?

酒のつまみにもなる安倍川餅


出典:写真AC

ここまで安倍川餅やからみ餅などお餅の種類や歴史などをご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?

お餅と言っても安倍川餅やからみ餅、磯部餅、あぶら餅、おから餅、納豆餅、ぜんざいなど実に様々な種類があります。そのため食べ方によっては和菓子にもお酒のつまみにもなります。

今回紹介した安倍川餅は江戸時代に静岡県で誕生して以来多くの人々から愛されてきました。

例えば山梨県のように独自の食べ方や風習が発展したり、抹茶をふりかけたり、あんこ餅と一緒に頂くようになったりと地域独自のものや時代の変遷に伴って、安倍川の食べ方は変化を遂げていったのです。

このように普段私たちが何気なく食べているものの歴史を辿るのも面白いのではないでしょうか。

歴史を知ったところで是非、安倍川餅を召し上がってみて下さい。

日本各地の一品が集まった「お土産・特産品」の記事一覧

【日本三大銘菓を知っていますか?】甘くて美味しい日本三大銘菓を紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するキーワードから探す