【京都丹後鉄道】天橋立、コウノトリ、伊根の舟屋|丹後の名所を通る観光列車

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

京都府北部と一部兵庫県を走る鉄道、京都丹後鉄道についてはご存じでしょうか。この名前になってまだ日が浅いので、馴染みがないかもしれません。

2015年までの名称「北近畿タンゴ鉄道」といえば、聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

北近畿タンゴ鉄道という会社はまだ存続しており、京都丹後鉄道の線路施設を引き続き保有しています。いわゆる上下分離方式が適用されて、鉄道運営は、高速バス運行でおなじみのWILLER EXPRESSの子会社、WILLER TRAINSが受け持っています。

京都丹後鉄道は、京都府北部の主要都市である福知山と舞鶴、それから兵庫県の豊岡を結ぶ三つの路線で構成された、第三セクターの鉄道です。京都丹後鉄道というのは鉄道に付けられた名称であり、会社の名前としては存在していません。

西舞鶴と豊岡間を結んでいた国鉄宮津線が前身となり、宮津駅を境に愛称がそれぞれ付けられた「宮舞線」と「宮豊線」、それから福知山と宮津とを結ぶ「宮福線」で構成されています。

国鉄ローカル線であった宮舞線・宮豊線と、高規格路線で電化もされている宮福線とでは、路線の雰囲気も大きく異なります。

京都北部の主要都市を結ぶ重要な生活路線であるとともに、日本三景の一つである「天橋立」も経由する、観光路線としての顔も大きなものです。宮福線には、京都からのJR直通特急「はしだて」も運行されています。以前は大阪からの直通特急もありましたが、現在では臨時列車がある程度です。

京都丹後鉄道の車両の特徴


出典:写真AC

京都丹後鉄道の自社保有車両はすべて気動車(ディーゼルカー)です。福知山と宮津とを結ぶ宮福線は電化していますので、天橋立まで電車が走っていますが、電車はすべてJR西日本の車両となっています。特急「はしだて」とJRの普通列車が乗り入れています。

しかし、電車の普通列車についてはJR線直通ではなく、福知山・宮津間の線内ローカル運用となっています。京都丹後鉄道の気動車(ディーゼルカー)の中では、丸い頭部と大きな展望窓を持った斬新なデザインの特急、KTR8000形が有名です。

一般には、「タンゴディスカバリー」として知られていましたが、現在この名称の特急がなくなってしまいましたので、JR直通特急「はしだて」などの特急電車運用となっています。この型では、鉄道デザインの第一人者水戸岡鋭治氏による、「丹後の海」というデザイン列車も走っていました。

京都丹後鉄道の普通気動車も個性豊かで、各種ラッピング車両が走っています。また、水戸岡氏のデザインした「丹後くろまつ号」「あかまつ号」「あおまつ号」という観光列車もこの型の改造車両として運行されています。

京都丹後鉄道の乗車券情報

鉄道ファンにとどまらず、硬い紙でできた「硬券」と呼ばれる切符の好きな方も多いです。

自動販売機から出力される紙の切符とは大きく異なり、記念になります。

北近畿タンゴ鉄道時代も、この鉄道は硬券が豊富に用意されていることで有名でした。

現在、鉄道公式サイトに硬券の案内はありませんが、駅員のいる各駅で入場券、乗車券等に硬券が用意されています。旅の記念に一ついかがでしょうか。

京都丹後鉄道の写真スポット①


出典:写真AC

絶景観光地「天橋立」を抱える京都丹後鉄道ですが、写真撮影のスポットとしては他にもいろいろあります。

鉄道写真の有名なビュースポットとしてとりわけ知られているのが、「由良川橋梁」です。宮舞線の丹後由良駅・丹後神崎駅の中間にある、由良川河口に掛かる長い鉄橋で、その長さは550メートルです。長い橋ですが、水面からわずか3メートルの高さを、列車がのんびり走ります。

南側から撮影しますと、若狭湾が背景に入り、雄大な写真が撮れます。列車は1時間に1~2本、上下線合わせて2~4本です。列車の写り込む風景写真としてはあまりにも有名であり、ここ由良川鉄橋に匹敵するスポットは谷なかなかないかもしれません。

舞鶴から宮津方面に向かう列車に乗って、車窓から由良川を眺めて写真を撮るのも面白いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するキーワードから探す