【七五三参りはいつ行くの?】七五三の適当な時期を紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

七五三をいつするのか、年頃の子供がいればある程度知ってはいるものの、一般的には意外と知られてはいません。そもそも、七五三は子供の健やかな成長を祈願するというものですので、由来や時期などを理解しておくとより満足度の高いイベントとなるでしょう。

七五三がいつ頃から始められたのかには諸説ありますが、小さい子供の死亡率が高かった室町時代あたりからと考えられています。区切りとなる年齢になった子供をお祝いすると共に、今後の健康な成長を願ったものが七五三になっているのです。

七五三はいつ行くのか 子供の数え年?それとも満年齢?


出典:写真AC

七五三のお祝いは子供の年齢がそれぞれ3、5、7歳になるタイミングといわれていますが、数え年か満年齢かによって、いつ行うのかが異なります。

昔の風習では数え年で行うのが一般的でした。つまり、3歳のお祝いをするときには、子供は実際には2歳になっているということです。

そもそも、3歳というのは男女共に髪を伸ばし始める時期、5歳は男の子が袴を着用する時期、7歳は女の子が普通の着物の帯を使うようになる時期ということで区切りに設定されていますので、現代の風習ではあまり影響がありません。

家族が予定を合わせやすい、子供の体調が良い、小さい頃、或いは成長した姿を写真に残したいなど、それぞれの家庭の事情でいつにお祝いをするかを決めると良いでしょう。

七五三のお参りにはいつ行くか


出典:写真AC

子供の年齢だけでなく、七五三のお参りに行く時期がいつになるのかもチェックしておきましょう。基本的には、三代将軍徳川家光の子供のお祈りをしたといわれている11月15日に行う人が多いです。

この日付には他にも理由があり、旧暦の11月15日が収穫を終えて神々に感謝をする習わしがある、七五三の3つの数字を足したものが15であるなども根拠として挙げられています。

ただ、必ずこの日に行わなければならないというものではありませんので、家族でゆっくりお祝いができる日にちがあれば、そちらを優先させても問題ありません。

七五三はいつ混雑するか


出典:写真AC

七五三をいつ行うかで迷っている場合には、混雑する時期を避けるというのも一つの方法です。前述のとおり、一般的には11月15日が最も混雑しますが、現在では共働きの家族も多いことから、この日に近い土日、特に大安の日に予約が集中しやすくなっています。

七五三の参拝者が多い日は、写真スタジオやタクシーなどもなかなか予約が取れない可能性がありますので、日程を決めたら早めに押さえておきましょう。また、あえて数週間、数か月ずらして七五三を行っても問題ありません。

お祝いする気持ちがあれば、七五三のお参りや撮影自体はいつでも受け付けてもらえます。

七五三の時期をずらした際の注意点


出典:写真AC

七五三の時期をずらすときには、いくつか注意が必要です。

例えば、前倒しで七五三の予約を入れた場合、天気の良い日はまだ暑く、晴れ着を着こんでいる子供にはかなりの負担になります。夏休みなどを利用して七五三のお祝いをするときなどは、熱中症の心配もしておきましょう。

子供は晴れ着で暑い思いをしますので、いつ予約を入れるのかはかなり大切です。

また、11月15日前後だけでなく、閑散期の神社であっても、予約がなければ七五三の祈祷はしてもらえません。

神主さんにも準備が必要ですので、早めに予約を入れておきましょう。例えば、晴れ着は早めにスタジオで撮影を済ませ、祈祷は楽な服装にするなど、ずらした時期に応じて適宜対応しましょう。

おわりに

このように、七五三参りの時期は11月15日を基本として、自分たちが参加しやすい吉日を選べば問題ありません。写真撮影に関しては、涼しい秋口に快適に感じられるような晴れ着を着用しますので、できれば11月ごろに予約を入れた方がよいでしょう。

七五三と日を変える場合で、写真撮影がいつでも良いというのであれば、スタジオのキャンペーンなどもチェックしてみましょう。

混雑日を過ぎると、選べるレンタル衣装も増えますので、かえって満足度の高い写真撮影になる可能性もあります。早めに七五三の準備をして思い思いの七五三を過ごしてください。

【子供の成長を願う】お食い初めの定番メニュー7選と意味

【英語で言うと】秋の伝統行事を紹介-お月見や七五三-

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するキーワードから探す