【多岐にわたるデザインの仕事】種類ごとにデザインの仕事を紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

デザイナーってどんな仕事?

デザイナーは「視覚で確認できる領域」における設計や図案を手掛ける仕事です。

それに関わる人の言葉を「デザイナー」と呼んでいます。デザイナーはおしゃれな仕事に就きたい人にとって、憧れの仕事の一つといっていいかもしれません。

デザインの仕事に就くためには、「専門学校などに通ってテクニックを磨く」or「アルバイトなどで業界に飛び込んで、下積みを積む」のが一般的です。どちらにせよ、一流のデザイナーになるには、長い年月が必要です。それにプラスして、コミュニケーション能力も重要となります。


出典:ぱくたそ

これは、クライアントと打ち合わせをして、「どんなデザインを求めているのか?」読み取る必要があるからです。したがって、黙々とテクニックを磨いていれば良いというわけではありません。

また、一言でデザイナーと言っても、デザインの仕事内容は多岐に渡っています。はっきり仕事内容が分かれているデザイナーもいれば、分類が曖昧なデザイナーも多いのです。

だから、ジャンル分けは難しい場合もあります。

世の中には一体どんなデザイナーの仕事が存在しているのでしょうか。順番に紹介していきたいと思います。

デザイン関係の仕事①

工業製品のデザインを作る「プロダクトデザイナー」


出典:ぱくたそ

プロダクトデザイナーは家電製品や業務用機器、自動車、飛行機、医療機器などのデザインを行う人達です。大きく言ってしまうと、「工業製品」のデザインを担当しています。

しかし、時には家具や食器のデザインを担当する場合があります。それにプラスして、グラフィックやファッションをデザインすることもあるため、仕事内容はこの限りではありません。

したがって、プロダクトデザイナーの分類は、少し難しいのが実情です。

デザイン関係の仕事②

広告業界の要「グラフィックデザイナー」


出典:ぱくたそ

グラフィックデザイナーの主な仕事は、写真や動画、イラストや文字などをレイアウトしていくことです。それらをうまく組み合わせて、第三者に伝わるパンフレットや広告、ポスターをデザインしていきます。

ここ20年ほどの間では、インターネットの普及が急激に進んでいることもあり、Webサイトの制作もグラフィックデザイナーの仕事として、重要なポジションを占めています。

前述したように、写真や動画、イラストや文字など、いろんな素材を使用するため、イラストレーターがグラフィックデザイナーを名乗っていたり、フォトグラファーがグラフィックデザイナーを名乗ったりするケースも増えるようになりました。

デザイン関係の仕事③

トレンドを察知する力が大事「ファッションデザイナー」


出典:ぱくたそ

ファッションデザイナーは、洋服をデザインするのが主な仕事です。フリーランスで活躍しているファッションデザイナーは、ファッションショーやシネマ、アーティストのステージ衣装など、個性的な洋服をデザインすることもあります。

しかし、このような仕事を任せられるファッションデザイナーは稀有な存在です。大抵のファッションデザイナーは、アパレルショップなどに勤務して、店頭に並ぶ洋服のデザインなどを行います。洋服のデザインは、イラストを書いたり、グラフィックに起こしたりなどです。

それを、裁縫して実際の洋服に仕上げる作業も兼ねているので、裁縫テクニックや手先の器用さも必要とされる仕事です。それらにプラスして結構重要なのが「流行を読み取るセンス」です。

洋服は必ず毎年トレンドが変わります。だから、それを読み取る力がないと、新しいデザインを作るのは難しいでしょう。

デザイン関係の仕事④

印刷物のレイアウトを考える「DTPデザイナー」


出典:ぱくたそ

DTPデザイナーは、印刷物のレイアウトを考えるのが仕事です。専用のデザインソフトを使って、写真や文章を魅力的にレイアウトしていきます。

これに似たような仕事で、DTPオペレーターがあります。DTPオペレーターは、DTPデザイナーが作ったデータを細く修正して、実際に印刷できるクオリティーに仕上げるのが仕事です。

DTPデザイナーとDTPオペレーターは、同じデザイナーが担当することも多いので、はっきりした区別はなくなりつつあります。

デザイン関係の仕事⑤

  • このエントリーをはてなブックマークに追加