【受け継がれる職人の技】全国の粋な伝統工芸品

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

伝統工芸品とは?


出典:写真AC

伝統工芸品とは1974年に公布された「伝統工芸品産業の振興に関する法律(以下伝産法)」に基づき経済産業大臣が指定した手工芸品を指します。 指定される条件として、その工芸品作りに100年以上の歴史があることを前提に次に挙げるものが求められます。

・原則として日常生活に密着した製品であること

・製品の製造過程の主要部分が手作業であること

・伝統的に受け継がれてきた技法で作られていること

・製品の主原料が伝統的に受け継がれているものを使用していること

・一定の就労人数が確保され、地域の産業として確立されていること

この条件を満たした手工芸品を伝統工芸品として指定し、製法の保存などの保護が行われています。

日本で伝統工芸品に指定されているものの総数


出典:写真AC

日本全国に点在する伝統工芸は、伝産法に基づいた「産業構造審議会伝統的工芸品指定小委員会」での審議を通過したものから伝統工芸品として新規指定されます。 同小委員会では、積極的に新たな技術や技法の追加を行い、伝統工芸の保護を行っています。

経済産業省の発表では2015年の段階で、日本国内で伝統工芸品に指定されている手工芸品は218品目に上ります。 2014年には伝統工芸品登録がなかった北海道で「二風谷イタ」、「二風谷アットゥシ」が伝統工芸品として登録され、日本全国、各都道府県全てに伝統工芸品が存在するようになりました。

伝統工芸品マークとは

経済産業大臣の指定を受けた手工芸品である伝統工芸品は、国指定の伝津尾工芸品であることの証明である「伝統マーク」の使用が認められています。 これは国の補助を受けながら、国から認定された計画を基に伝統工芸保護事業を行っているということの証となります。

この伝統マークを使用することで、日本国内からの観光客はもちろん、来日する外国人観光客が一目で「日本の伝統工芸品」であることを認識できるメリットがあります。

伝統的な製法を利用した手工業で作られた伝統工芸品が、他の製品に埋もれてしまわないように差別化を図る意味でも、非常に有効な手段だと言えるでしょう。

日本の伝統工芸の代表格①焼き物


出典:写真AC

伝統工芸品と言われて「焼き物」を連想する人は少なくないと思います。 陶器や磁器の産地として有名なものの多くが伝統工芸品として指定されています。

東北地方

福島・大堀相馬焼 会津本郷焼

関東地方

茨城・笠間焼、栃木・益子焼

東海地方

岐阜・美濃焼、愛知・常滑焼、赤津焼、尾張七宝、瀬戸染付焼

北陸地方

石川・九谷焼、福井・越前焼

関西地方

三重・四日市萬古焼、伊賀焼、滋賀・信楽焼、京都・京焼、清水焼、兵庫・丹波立杭焼、出石焼

中国地方

岡山・備前焼、島根・石見焼、山口・萩焼

四国地方

徳島・大谷焼、愛媛・砥部焼

九州・沖縄地方

福岡・上野焼、小石原焼、佐賀・伊万里焼、有田焼、唐津焼。長崎・三川内焼、波佐見焼、熊本・小代焼、鹿児島・薩摩焼、沖縄・壷屋焼

経済産業大臣の指定を受けた218品目の伝統工芸品の中で焼き物は33品目(京焼と清水焼、伊万里焼と有田焼は2箇所で1つの認定のため)を占めています。

日本の伝統工芸の代表格②染め物


出典:写真AC

世界的に有名な着物や和服作りに携わる手工芸も伝統工芸品に多く指定されています。

東北地方

山形・置賜紬、羽越しな布

関東地方

茨城・結城紬、栃木・結城紬、桐生織、群馬・伊勢崎絣、桐生織、埼玉・伊勢崎絣、村山大島紬、東京・村山大島紬、東京染小紋、本場黄八丈、東京手描友禅、多摩織

東海地方

愛知・有松・鳴海絞、名古屋友禅、名古屋黒紋付染

北陸・上信越地方

新潟・塩沢紬、小千谷縮、小千谷紬、羽越しな布、十日町絣、長野・信州紬、石川・加賀友禅、牛首紬

関西地方

滋賀・近江上布、京都・西陣織、京鹿の子絞、京友禅、京小紋、京繍、京黒紋付染

四国地方

徳島・阿波正藍しじら織

九州・沖縄地方

福岡・博多織、久留米絣、佐賀・博多織、大分・博多織、宮崎・本場大島紬、鹿児島・本場大島紬、沖縄・久米島紬、宮古上布、読谷山花織、読谷山ミンサー、琉球絣、首里織、琉球びんがた、与那国織、喜如嘉の芭蕉布、八重山ミンサー、八重山上布、知花花織

雅な着物の文化を現代に残す手工芸は218費目の中で50品目と非常に大きなウェイトを占めていると言えるでしょう。

着物の製造過程の中に含まれる「染め」の工程で各特産地の特色が出ているものが多いといえます。 都道府県を跨いで同じ品目が指定されている点は、共通の文化圏であることの名残だと考えられます。 沖縄の品目数の多さに驚かされますね。

日本の伝統工芸の代表格③仏壇仏具


出典:写真AC

現在は仏壇や仏具がない家庭も増えているいようですが、古くから日本では先祖供養のために仏壇をもつ家庭が多かったと言えます。 日本人の信仰心を象徴するのが仏壇、仏具です。 日本全国に分布するこれらの生産地で作られる仏壇も伝統工芸品として指定されています。

東北地方

山形・山形仏壇 ○東海地方:愛知・名古屋仏壇、三河仏壇

北陸・上信越地方

新潟・新潟仏壇、白根仏壇、長岡仏壇、三条仏壇、長野・飯山仏壇、石川・金沢仏壇、七尾仏壇

関西地方

滋賀・彦根仏壇、京都・京仏壇、京仏具、大阪・大阪仏壇

中国地方

広島・広島仏壇

九州地方

福岡・八女福島仏壇、鹿児島・川辺仏壇 新潟県の新潟仏壇と白根仏壇は2箇所で1つの指定となり、16品目の仏壇、仏具が伝統工芸品として指定されています。

伝統工芸品を支える職人


出典:写真AC

伝統工芸品作りに必要不可欠なのが、高い技術力を持つ熟練した匠(職人)たちの技です。 弟子入りするなどして伝統工芸品制作の道に足を踏み入れた職人の卵は、一定の技術を身に付けた後に伝産協会が実施する伝統工芸士試験を受験します。

この伝統工芸士試験に合格した職人は、「伝統工芸士」を名乗ることができるようになり、匠への階段を一段ずつ上り始めます。

熟練した技術は一朝一夕に身に付くものでは無く、気が遠くなるほどの回数の作業を繰り返すことでしか身に付けることができない大変厳しいものです。

たとえ伝統工芸士試験をクリアしたからと言っても、腕の良い職人の一人でしかありません。 匠の境地に達するには、まだまだ経験と修行が求められるのです。

新しいものを取り入れる伝統工芸品の現在

伝統工芸品は、古くから受け継がれる歴史的手法で手作りされる手工芸品であることが前提ですが、現代的なセンスを活かしたモダンなデザインを取り入れることも可能です。

今から400年前に仏具の製作を目的に始まった「高岡銅器」は現在、伝統工芸品に指定される歴史的な手工芸です。 株式会社能作(のうさく)は1916年の創業から100年以上伝統的手工芸である、従来の仏具の制作を行っています。

現代表の能作克治氏は、伝統的な技法を守り続けながらも、近年はテーブルウェアやインテリア雑貨、アクセサリー類、照明器具や建築金物なども手掛けています。伝統的なデザインとモダンなデザインが融合し、熟練した匠たちの手で1つ1つ作り上げられる銅や錫の製品は多くのファンを掴み、全国に11の直営店を抱える企業に成長してます。

職人の後継者不足

現在、伝統工芸品業界は後継者不足に頭を痛めています。 匠といわれる熟練した職人の高齢化が進むのに対し、新たに伝統工芸品の制作に携わろうと考える若年層が圧倒的に不足しているのです。

伝統工芸士の資格試験を通過するためには高い技術力が求められ、さらに伝統工芸士の有資格者となっても修行が続きます。 インスタントに技術が身に付かない業種であることが原因で、伝統工芸品産業への就業に対し抵抗感を感じてしまう若年層が多いのではないかと考えられます。

伝統工芸品の魅力

出典:写真AC

日本国内に受け継がれる手工芸の完成度は非常に高く、芸術品と言っても過言ではありません。 たしかに技術を身に付けるのには、長い修行の期間が必要なことは事実です。 長い修行期間を経て職人から進化した匠の手が作りだす作品は、世界的な評価も高いものばかりです。

日本が「ものづくりの国」として名を馳せることができた下地には、このような伝統工芸品を生み出し続ける手工芸品の達人達が数多く存在したからだと言えるでしょう。 リーズナブルな工業製品も悪くはないですが、匠たちの手で作り出された伝統工芸品には価格以上の価値が内在しているといえます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するキーワードから探す