気になる職業チェック!「兼業農家」の平均収入やメリット・デメリットは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

農家は大きく分けて2種類あります。農業を中心に生計を立てている「専業農家」と、農業とほかの仕事の両立して生計を立てている「兼業農家」です。

近年、農業に挑戦したい人が増加の傾向にあります。それも本業としてではなく、兼業農家のスタイルを取る人が増えているのです。会社に勤めながら、週末などを使い農業ビジネスを行うことを「副業農業」と呼ぶこともあります。

今回は、最近の気になる職業「兼業農家」について解説していきますね。どのくらいの収入が見込めるのか、メリットとデメリット、兼業農家になるのはどうすればいいのかについてみていきましょう。

【徹底解説】農家になるには?月収やメリット・デメリットも紹介!

兼業農家とは

https://www.pakutaso.com/

兼業農家というのは、世帯員のうち何人かが、農業以外の収入を得ている農家のことです。農業の収入がそのほかの収入より多い農家を「第1種兼業農家」、農業の収入の方が少ない農家を「第2種兼業農家」といいます。現在では、専業農家よりも兼業農家の方が割合が多くなっているのです。

第二次世界大戦後、日本の工業化が進むにつれて兼業農家の割合は増加し、第2種兼業農家が第1種兼業農家を追い越しました。その差は、年々大きくなっています。一方、兼業農家は、農業生産性の低さ・耕地の狭さなどによる季節出稼ぎが一般化・長期化していることから、政治的・社会的な問題にもなっています。

兼業農家のスタイルをとっている人のなかには、農業の仕事が減少する時期に合わせて出稼ぎに行くケースも。また、普段は会社勤めをしており、週末や長期休暇中に農業をするケースもあります。ほかにも、世帯の中で農業以外の仕事に従事している人がいるケースも多くみられますよ。

仕事と農業の割合は?

仕事と農業との割合は、農地の規模や作物の種類、どのような経営体制で農業を行っているかによっても異なります。

例えば、平日はサラリーマンをして、休日に農業に勤しんでいるスタイルの場合。休日がほとんどない状態で働き続けることになるでしょう。農業は、生き物を相手にしているので「今週は疲れたから休もう」とないがしろにすることもできません。別の仕事をこなしているからこその大変さが、兼業農家にはあるのです。

【そうだ、農業しよう】農業の気になる収入事情を徹底解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加