兼業農家の仕事を紹介|気になる年収や兼業になるメリットは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

兼業農家とは

兼業農家というのは、世帯員のうち何人かが農業以外の収入がある農家のことです。農業の収入がその他の収入より多い農家を第1種兼業農家、農業の収入の方が少ない農家を第2種兼業農家といいます。

また、農業の仕事が減少する時期に出稼ぎに行くケースもあれば、普段は会社勤めをしており、週末や長期休暇中に農業をするというケースもあります。また、世帯の中で農業以外の仕事に従事している人がいるケースも見られます。

農家になるには

兼業農家の仕事

https://www.pakutaso.com/

兼業農家の仕事は、他の仕事もあるため、農業に従事する時間を短縮するべく、効率的な農具を使うことや、周囲の農家と協力し合い、手が空いている時にお互いを手伝うなど工夫されていることが多いです。

そのため、専業農家と比較すると仕事量が少なくはなりますが、農業以外の仕事の時間も考慮すると、自由になる時間はかなり限られてきます。

兼業農家の年収

兼業農家の年収は、作物の種類や農地の規模などによって左右されます。

平均値を見た場合、専業農家の年収が600万円前後であるのに比べ、400万円前後となっています。勤務体系は農業以外の仕事にも左右されますが、平日に会社勤め、週末に農業というスタイルが主流です。

基本的に農業は日中、大まかなスケジュールを決めて行うため、夜間の仕事はほとんどありません。福利厚生は、法人として農業を営んでいる兼業農家であればある程度確立されていますが、家族経営の場合にはあやふやになっていることが多いです。

【そうだ、農業しよう】農業の気になる年収事情を徹底解説

兼業農家のメリット、デメリット

https://www.pakutaso.com/

兼業農家のメリットは、専業農家に比べて安定した収入が得られることや、会社勤めの収入に農業収入が加算されるため、生活に余裕が出ることなどが挙げられます。

一方でデメリットとしては、農機具や農地の整備などの初期投資にまとまった資金が必要になること、天候によって収益が左右されること、作物の管理で長期的な休暇は取りづらいことなどが挙げられます。

兼業農家に向いている人、いない人

兼業農家に向いているケースは、農業が忙しくなる時期に休暇をとりやすい職場環境、会社の仕事で農業にかかわることができない時期に、家族や周囲の農家の協力が得られやすい状況など、環境に恵まれている人でしょう。

また、元々実家が農家であり、農機具などの初期費用の負担がほとんどない世帯なども、兼業農家にスライドしやすいといえます。

一方、兼業農家に向いてないケースは、海外や遠方の出張が多く、長期間農業ができないような仕事をしている人、地道な作業や自然があまり好きではない人などでしょう。

兼業農家の将来性

https://www.pakutaso.com/

兼業農家の将来性は、政府の国内の農家への対応によっても変動する可能性が高いです。

ただ、専業農家に比べると仕事自体は負担が大きくなりますが、収入の柱が二本になることで、ある程度安定します。現在では農業に携わる若手が減少していることもあり、少ない人手で効率よく収穫するための取り組みが各地で行われています。

一つの世帯だけでなく、複数の農家が協力して作業を行って従事する時間を減らす、ネット販売や食の安全のアピールで収益を増やすなど、工夫すれば十分将来性はあります。

兼業農家のなり方

実家が農業をしている世帯で兼業農家になるのならば、家族が働きに出るだけで兼業農家になります。

一方、会社員が兼業農家になりたいのであれば、やはり農業のノウハウを学んだ方がよいでしょう。元々、家族や親族が農家をしていれば多少の知識はありますが、政府が定める管理基準や農業に関する法律など、最新の情報が必要になることもあります。

そのため、自分で農業を経験していない人は、まずは弟子入りして農家の勤務体系やノウハウを学び、流れが理解できてから雇われ農家になるか、経営者になるかを判断するのが良いでしょう。

兼業農家の魅力

https://www.pakutaso.com/

兼業農家になる魅力はいくつかありますが、収入面以外では、会社勤めとは違い、自分の方針が結果に直結することが挙げられます。

どの作物をどのように育てるのか、どうすれば付加価値をつけてより収益をあげられるのか、コストはどうやって抑えるのかなど、研究するほど興味が出てくるでしょう。

また、自分で作った安全で新鮮な作物が食べられるというのも農家の醍醐味です。植えてから収穫するまで世話をした作物を口にした時の感動は、経験してみなければわからないでしょう。

今注目の新しい旅のカタチ「アグリツーリズム」とは?

【農業体験×古民家】泊まれる農業体験で日常を忘れる経験を!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加