ひよこ鑑定士の仕事内容や年収|必要な資格や向いている人の特徴

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

世の中に様々な職業がある中で、あまり一般には知られていないような特殊な職業も数多く存在します。

しかしいくら知名度が低い職業でも、需要があるから仕事が存在するのです。そこで今回は、「ひよこ鑑定士」という仕事にスポットを当てて解説していきます。

ひよこ鑑定士とは

ひよこ鑑定士の正式名称は「初生雛鑑別師」と言います。どこか難しそうな印象を持ってしまうかもしれませんが、ニワトリのヒナの雌雄鑑別をする仕事です。オスとメスで目的別のエサを与える必要があるため、 養鶏産業にとって非常に重要な職業とされています。

ひよこ鑑定士の仕事


出典:写真AC

ひよこ鑑定士の主な仕事は、ニワトリのヒナの雌雄を見極めることです。ひよこの性別を鑑定する理由は、食用の卵を産むメスと、鶏肉になるオスを鑑別するためです。なんだか少し可哀想な気もしますが、私たちの食生活を支えてくれる重要な仕事なのです。見分け方には、羽毛鑑別と肛門鑑別があります。

ひよこ鑑定士の年収/勤務体系/福利厚生


出典:写真AC

どちらかと言えばマイナーな仕事である「ひよこ鑑定士」の就職先は、やはりそれほど多くはありません。実情ではひよこ鑑定士は高齢化しており、若年層の鑑定士の求人もあります。給料は歩合制が多く、1羽単位で4から5円、年収でいえば500万円から600万円が相場です。収入的には比較的高い職業と言えるでしょう。

ただしシーズンにより鑑別数や依頼数が増減することから、それにより収入も変動します。また仕事場は日本国内に限らず、欧州はじめ海外での需要も高まっている事実もあります。

勤務時間は平均して1日に7時間ほどです。繁忙期は1日12時間の長時間勤務もありえます。勤務形態や雇用条件、福利公正は契約している養鶏場や会社によって異なります。

ひよこ鑑定士のメリット・デメリット


出典:写真AC

ひよこ鑑定士のメリットは、高収入が望めることです。トップレベルの人になると年収が2,000万円を超える人もいます。海外からの需要も高く、夢のある仕事と言うこともできるでしょう。

デメリットととしては、仕事としてのハードルが高く、国家資格も必要になることです。作業も地味ですが、間違いの許されない確実性のある仕事を求められ、プレッシャーも並以上に存在します。

普通の人は知らない特殊な仕事8選|ひよこ鑑定士や速記者など

職人たちの仕事がつまった、職人図鑑はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加