東北地方の伝統郷土料理「がんづき」とは?名前の由来・レシピを紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

誰もが子どもの頃に口にしたことがあるであろう「蒸しパン」。どんな蒸しパンだったか覚えていますか?蒸しパンは、白い生地に甘納豆が入っていたり、カボチャやホウレン草が練り込んであったりとアレンジしやすく、バリエーションが豊富なおやつのひとつです。

そんな蒸しパンにも地域によって呼び名や作り方が少しずつ変わります。東北地方の岩手県や宮城県の郷土料理である蒸しパンの一種「がんづき」は、黒い生地にごまとクルミが乗っているのが特徴。

今回は、この「がんづき」の名前の由来や作り方についてご紹介します。

「がんづき」とは

「がんづき」とは、岩手県・宮城県を中心とした東北地方を代表する伝統郷土料理のひとつ。濃い茶色でふわふわとした生地の上に、ごまとクルミがまぶしてある蒸しパンです。主な材料は小麦粉と黒糖で、重曹を混ぜてふっくらと仕上がっているのが特徴。さらに醤油や黒ゴマ、胡桃などをトッピングしたものや、白砂糖と牛乳を使用した白いがんづきもあります。

また、蒸しパンともうひとつ、宮城県石巻市のういろうのような形状をしたがんづきも。材料の小麦粉は同じでも、砂糖と水を加えて練ったものを蒸して作っています。ういろうに似ていますが、比べると白くて透き通っているのが特徴。

また、ういろうは原料が米粉なのでどっしりとして、いかにも食べ応えがあります。しかし、ういろうに似たがんづきは、小麦粉を使用しているので一味違った歯ごたえです。やわらかい割にはしっとりとした食感で、若者からお年寄りの方まで、幅広い年齢層から人気があります。

がんづきの由来


photo by Hajime NAKANO

がんづきは、漢字で書くと「雁月」と書きます。由来にも諸説ありますが、鳥の「雁(ガン)」が真ん丸のお月様の下に飛んでいる様子をモチーフにして、丸い蒸しパンに黒ごま・クルミを乗せたことが発端だと言われています。また、見た目が雁の肉に似ていることからきたとも言われているんですよ。

初めて食べる人でも飽きのこない素朴さが、どこか懐かしく感じるがんづき。出来立てはほかほかでふんわり、冷めてもしっとりおいしいおやつです。

岩手県や宮城県では、お祝い事のときのお土産やお茶請け、おやつとして長く親しまれ、食べられてきました。黒砂糖が使用されていることから、ミネラルもたっぷり摂取できます。腹持ちのよい軽い食感が好まれて、今でも農作業の合間の栄養補給としてよく食べられているんです。

岩手県や宮城県に足を運ぶと、道の駅や農家のお母さんが運営している直売所には、必ずと言っていいほどかんづきが並べられています。その購入者のほとんどは地元の方々。1切れがおよそ100円〜と、とてもリーズナブルな価格で販売されているのもうれしいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加