自然薯と山芋の違いとは?│大和芋・長芋の特徴や調理法もチェック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

普段、料理などに何気なく使う「山芋」ですが、自然薯、長芋、大和芋、とそれぞれ違いがあることはご存知でしたか?

とろろやサラダなどに使うこれらの芋の特徴を知り、使い分けることでより美味しい料理ができるかもしれません。

山芋と自然薯・大和芋・長芋の違いとは

自然薯は、日本原産の山に自生する芋で、大和芋や長芋と比べ粘り気が強いことが特徴です。大和芋と長芋は中国原産の芋で、長芋よりも強い粘り気がある大和芋は、とろろなどにもよく使われ、長芋はサラダなどに多く使われます。

それでは、「山芋」とはどのような芋なのでしょうか?

実は、「山芋」という言葉はさまざまな使われ方をされています。

まず、自然薯の別名として使われる場合、続いて、ヤマトイモ科の芋の総称として使われる場合、そして、自然薯や大和芋など「粘り気の強い芋」の総称として使われる場合があります。

つまり、レシピなどで「山芋」と書かれているときは、自然薯、大和芋や長芋など好きなものを使える場合と、自然薯を想定して使われている場合があるということになります。

自然薯の特徴・主な調理方法とは?


出典:ウィキメディアコモンズ

自然薯は、「じねんじょ」と読み、「山芋」や「天然山芋」と呼ばれる場合もあります。

長さは一メートル程になることもあり、地下に向かって真っすぐ伸びることが特徴です。

その自然薯の特長は、他の芋に見られない、強い粘り気です。長芋をすりおろしてとろろにする場合もありますが、自然薯の粘り気は長芋とは違い非常に強いものなので、通常は出汁で伸ばして用います。

また、栽培種を山芋、山に自生する天然種を自然薯と呼び、区別する場合もありますが、現在、市場で廻っている自然薯はほとんど「むかご」(小芋)から育てる栽培種です。

食に関する粋のおすすめ記事はこちら

脱脂粉乳(スキムミルク)とは?気になる安全性や成分を紹介

絹ごし豆腐と木綿豆腐の違い|簡単豆腐レシピや時短水切り法も紹介

春の七草を紹介|七草粥の簡単レシピ/歴史/特徴/覚え方など

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するキーワードから探す