【無病息災を願う】「春の七草」それぞれの意味やレシピ|覚え方も紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

春の七草とは?

日本には人日の節句である1月7日の朝に七草粥を食べる風習があります。この七草粥に使われる野菜や野草を春の七草と言います。 春の七草は芹(せり)・薺(なずな)・御形(ごぎょう)・繁縷(はこべら)・仏の座(ほとけのざ)・菘(すずな)・蘿蔔(すずしろ)です。

現在の名称ではごぎょうは母子草(ハハコグサ)、はこべらは小蘩蔞(こはこべ)、ほとけのざは小鬼田平子(コオニタビラコ)、すずなは蕪(かぶ)、すずしろは大根(だいこん)になります。

せりとなずなは現在の名称と同じですが、なずなはペンペン草とも呼ばれます。

春の七草の歴史・はじまり


出典:写真AC

古代の日本には年の初めに雪の間から芽を出してきた若菜を摘む「若菜摘み」という風習がありました。

また、古代の中国には旧暦1月7日に7種類の野菜を使った汁物である「七種菜羹」を食べて無病息災を祈る風習がありました。この「若菜摘み」と日本に伝わってきた「七種菜羹」が合わさって七草粥を食べる風習が生まれたと考えられています。 七草粥に使われる素材は時代によって異なっています。

平安時代中期の「延喜式」に登場する「餅がゆ」という七草粥には米・粟・きび・ひえ・みの・胡麻・小豆という7種類の穀物が使われていました。

現在のような七草粥が初めて登場する文献は1362年頃に書かれた「河海抄」で、江戸時代には庶民の間でも一般的になるほど定着していきました。

春の七草の意味

春の七草にはそれぞれ意味があります。 せりは「競り勝つ」、なずなは「撫でて汚れを除く」、ごぎょうは「仏体」、はこべらは「繁栄がはびこる」、ほとけのざは「仏の安座」、すずなは「神を呼ぶ鈴」、すずしろは「汚れのない清白」という意味が込められています。

秋の七草との違い・特徴


出典:写真AC

春の七草に対して秋の七草もあります。秋の七草は女郎花(おみなえし)・尾花(おばな)・桔梗(ききょう)・撫子(なでしこ)・藤袴(ふじばかま)・葛(くず)・萩(はぎ)の7種の野草です。

現在の名称ではおばなはすすき、なでしこはカワラナデシコになります。 春の七草とは違い秋の七草を七草粥にして食べることはなく、短歌や俳句の題材に使われるなど観賞用になっています。秋の七草にはそれぞれ薬効成分が含まれているので、民間薬や漢方薬としても使われてきました。

春の七草の覚え方

春の七草は短歌の5・7・5・7・7のリズムで「せり/なずな・ごぎょう/はこべら・ほとけのざ・すずな/すずしろ・春の七草」とテンポよく繰り返し唱えると覚えやすいです。

春の七草それぞれの頭文字をつなげて、自分なりに覚えやすい文章を作る方法もあります。

七草粥の作り方


出典:写真AC

七草粥は家庭でも簡単に作ることができます。 七草は水洗いした後、沸騰したお湯に少量の塩と共に入れて軽く茹でます。茹で終わったら熱を冷まし、食べやすい大きさに切ります。

土鍋に米と米の5倍の量の水かだし汁を入れて蓋をして強火で沸騰させます。沸騰したら弱火にして好みの柔らかさになるまで30分から40分煮込みます。ご飯が炊き上がったら七草を入れて味付けをして仕上げます。

せりには整腸作用・食欲増進・血圧降下作用、なずなには解毒作用・止血作用、ごぎょうには咳や痰を止める効果、はこべらには歯槽膿漏や腹痛への効果、ほとけのざにはアトピー改善効果、すずなには利尿作用・便秘改善、すずしろには風邪予防や美肌効果など様々な効能があります。

無病息災を願う春の七草

春の七草にはそれぞれ無病息災を願う大切な意味が込められていて、実際に食べることで健康に良いものばかりです。

お正月はつい暴飲暴食してしまうことがありますが、1月7日に七草粥を食べることで、疲れた胃腸を回復することができます。正月明けには春の七草の意味や由来を思い出しながら七草粥を食べてみてはいかがでしょうか。

大阪のお正月には欠かせない郷土料理「白みそ雑煮」のレシピ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するキーワードから探す