溶けないアイスはなぜ溶けない?|溶けない理由やおすすめの店舗

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アイスが好きな方は、季節を問わず一年中食べているかもしれませんが、暑くなってくると、アイスクリームが売れだします。普通のアイスは、常温においておくとすぐに溶けてしまいますが、溶けないアイスがあることをご存知でしょうか?

金沢生まれの「金座和アイス」は、40度の中でも3時間溶けないという、溶けないアイスを商品化しています。東京・原宿の竹下通りにも進出し、話題を集めています。

溶けないアイスの味と食感


出典:写真AC

溶けないアイスと言われても、イメージが掴めないことと思います。まったく溶けないわけではなく、時間の経過とともに柔らかくはなるのですが、形が崩れてこないのです。味は、冷たい状態では普通のアイスと極端に違うわけではありません。

しかし、溶けていくと徐々に生クリームのような味が出てきます。これは、通常のアイスでは味わえない味です。生クリームのような滑らかな味は、細かく泡立てた状態で固めることにあります。単に珍しいだけでなく、味も追求している商品なのです。天然素材だけを使っているのも嬉しいことでしょう。

アイスの形も様々で、人気キャラクターのくまモンをはじめ、「家紋」「団子」や、兼六園でおなじみの、松を雪から保護する「雪吊り」など、目を楽しませてくれます。

金沢発祥らしく、金箔のトッピングまで用意されています。溶けないアイスの真骨頂といえるのが、「温泉くまモンのコーヒーバスタイム」です。

これは金座和アイスのお店では提供されていませんが、一時、東京・渋谷のダイニング「KICHIRI」で食べられました。

溶けないアイスでできたくまモンに、カフェインレスコーヒーを注いでいただくというものです。熱いコーヒーを入れても、アイスのくまモンはなかなか崩れないのです。これなら、ご家庭でも作れそうですね。

溶けないアイスはなぜ溶けないのか


出典:写真AC

溶けないアイスは、医薬品の研究者である、金沢大学太田名誉教授が考えた商品で、産学連帯で生み出されたものなのです。溶けないアイスの秘訣は、イチゴのポリフェノールにあります。そもそも、普通のアイスが常温で溶けてしまうのはなぜでしょうか。

それは、温度の上昇によって、アイスの形を維持している水と油脂とが分離してしまうためです。溶けないアイスでは、イチゴのポリフェノールが水と油脂を媒介することで、いつまでも水と油とをくっつけたままにして、泡を閉じ込めた状態にしておいてくれるのです。

イチゴのエキスは少量だけ使うため、特にイチゴ味を強くするわけではないので、抹茶味やチョコレート味のアイスでも美味しくいただけます。

イチゴのポリフェノールは、多くのポリフェノールが合わさってできており、この点「カテキン」など他のポリフェノールに見られない性質があるとのことです。

開発者である太田名誉教授が考えているのは、衰弱した病人にも栄養食を与えることだそうで、溶けないアイスの技術には大きな可能性が秘められているのです。

浅草でおすすめのかき氷8選|浅草っ子の気風な味わいを堪能しよう

長瀞のかき氷おすすめ6選|有名な老舗店から隠れ家点まで紹介

天然氷のかき氷7選|自分でできる天然氷の作り方も紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加