【秋田の日本酒8選】言わずと知れた米どころが生み出す名品たち

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

秋田県における日本酒の歴史・特徴

秋田県は全国有数の米どころであり、良質な水源や酒造りに適した気候風土など、条件が整っていたため、昔から日本酒の生産が盛んです。100年を超える酒蔵も秋田県内で3分の2以上ありますが、秋田県が現在のように全国的に日本酒の名産地として知られるようになったのは、大正時代あたりからです。

明治時代に酒造講習会で日本酒造りの新技術を受けた後、これを寒冷地である秋田向けに改良した結果、日本酒の品質が格段に向上しました。そして、日本醸造協会が主催する第1回全国清酒品評会において一等賞となった後、大正時代には多くの品評会で秋田の日本酒が受賞しました。

秋田は県内が海岸部と内陸盆地に分かれており、冬に吹く北西季節風により、例年寒冷積雪になる地域です。

この時期は大気中の汚れが雪に付着して空気が澄み、雪で一定に保たれた室温が日本酒造りに最適な環境を生み出します。低温の時期が長期間続くため、麹の仕込みから発酵までじっくり時間をかける秋田流低温長期醗酵が可能です。

秋田県のおすすめ日本酒①

新政


出典:写真AC

秋田県にはおすすめ日本酒がたくさんありますが、新政酒造で生産されている「新政」は全国でも人気が高いお酒の1つです。

新政酒造は日本最古の酵母である「協会6号」が生まれた蔵元としても有名ですが、新政はこの酵母を使用して、さらに多くの酒蔵が使う山田錦ではなく、秋田県産の酒米を使い、時間がかかって伝統的な生酛造りという醸し方を採用するなど、昔ながらの方法と新しい挑戦を両立させています。

全銘柄を純米酒にしており、鮮度を大切にするために四合瓶のみにするなど、他の酒蔵とは異なる点も多々ありますが、それらも含めて多くのファンが支持しています。上品な酸味や薄口でお米の風合いが感じられる味わいは、日本酒が苦手な人にも飲みやすいです。

秋田県のおすすめ日本酒②

一白水成


出典:写真AC

福禄寿酒造の「一白水成」は、フルーティーな香りとインパクトのある酸味やキレが特徴的な日本酒です。地元秋田県産の米を使用しており、ミネラル豊富な湧水とのシンプルな組み合わせは、素材の良さを十分に活かしており、どのような料理にも合わせやすいです。

一白水成というのは白い米と自ら作る最も美味な日本酒という意味ですが、こちらのお酒はその名の通り、手間を惜しまず、採光の材料を使って作られた絶妙な味わいです。フレッシュな風味で後味も爽やかなため、いくらでも飲める美味しさです。

秋田県のおすすめ日本酒③

まんさくの花

「まんさくの花」は昭和時代に制作されたテレビドラマがきっかけとなって生み出された日本酒です。日の丸醸造は元禄2年創業の老舗の酒蔵で、銘柄ごとに材料や仕込みを変えてこだわりのある日本酒を多数生産しています。

まんさくの花は山田錦を45%まで磨いており、低温便貯蔵で1年間以上寝かせているため、上品な香りや癖がなく、優しい味わいが生まれています。酒米や酵母を変えるなど、様々なバリエーションを生み出しており、変わらない美味しさと共に、新たな発見ができる銘柄になっています。

秋田県のおすすめ日本酒④

刈穂


photo by Spiegel

「刈穂」は秋田の日本酒の中でも知名度の高い銘柄の1つで、定番数種類の他に、季節に応じて限定品も生産されています。刈穂蔵伝統の山廃仕込みは2カ月近い発酵期間をかけており、秋田ならではの複雑なうまみが味わえます。

種月はきめ細やかな味わいの純米大吟醸で、銀千樹は繊細な口当たりが高い評価を得ています。また、嘉永は香りが強く、華やかに広がる味わいが特徴的で、日本酒を好む人にも満足できる一品です。

秋田県のおすすめ日本酒⑤

山本


出典:写真AC

「山本」はシンプルなデザインだけでなく、見たら思わず微笑んでしまうような独創性豊かなラベルも存在する、見た目にもインパクトのある日本酒です。秋田は上質な日本酒の製造に欠かせない高品質な水がありますが、こちらの酒蔵では白神山地の天然湧水を使用しており、軽い口当たりながらしっかりしたキレのある味わいです。

甘口、辛口共にありますが、喉をすっと流れていく爽やかさやフルーティーな香りは、どの銘柄にも共通しています。飲みやすい日本酒のため、リピーターも多いです。

秋田県のおすすめ日本酒⑥

福小町

木村酒造の「福小町」は、甘く優しい味わいで飲みやすい日本酒です。秋田の日本酒は酵母や米、水などの材料や仕込みによって様々な顔を見せますが、福小町は手作りにこだわり、厳しいプロの目で製造過程の品質を逐一確認しながら丁寧に作られています。

元々は男山と銘打っていた日本酒ですが、優しい味わいから福娘という銘になり、その後小野小町生誕の地にちなんで福小町という銘柄になりました。飲みやすい口当たりで、日本酒が苦手な人にもおすすめです。

世界中の人々を魅了する、日本酒の記事一覧

【純米大吟醸になる条件は?】手間をかけた最高級の日本酒「純米大吟醸」おすすめ3選

酒を作る、蔵人の仕事を紹介|気になる年収や必要な資格は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するキーワードから探す