【子供の成長を願う】お食い初めの定番メニュー7選と意味

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お食い初めとは

 お食い初めは、七五三のように子どもの成長の節目にお祝いと祈願をする風習で、生後100日目を迎えた新生児に「一生食べ物で困ることが無いように」という願いを込めて、縁起を担いだメニューを用意して食事の「真似」をさせる行事です。

離乳食への切り替え時期を目安に行い、日本の他に中国や韓国、ヨーロッパの一部地域でも似たような風習があります。各国や地域ごとに目的には細かな差異がありますが、基本として子どもが「はじめて食事をすること」を大切に考えて行われています。

日本では、献立の基本である一汁三菜をベースとしたメニューにします。主なやり方については、ご飯とおかずとお吸い物でサイクルを考えます。 基本的な流れは、以下の通りです。

ご飯/お吸い物/ご飯/魚/ご飯/お吸い物/ご飯/煮物/ご飯/お吸い物/ ご飯/酢の物/ご飯/お吸い物/ご飯/歯固め石/ご飯/お吸い物

このように、ご飯からスタートしてお吸い物、ご飯に戻って魚、またご飯、次にお吸い物、ご飯、煮物……といった具合にご飯とお吸い物の間におかずを挟む形で行います。また、お食い初めに使う食器も、男の子は赤色、女の子は黒色、という風に決まっています。

お食い初めの由来・意味


出典:写真AC

別名「百日祝い」とも言い、100日目のお祝いに一生の食べ初めという意味でお食い初めと呼ばれています。この他に儀式に使う石から「歯固め」、初めて箸を使うので「箸揃え」、初めて魚を食べるので「真魚始め」など、呼び方は地域ごとに異なります。

その始まりは平安時代であるとされ、50日目に行う「五十日祝い」と呼ばれる行事がその原形です。これは、重湯でやわらかくした五十日餅というお餅を赤ちゃんの口に含ませるというものです。その後、鎌倉時代に魚を食べさせるようになりました。

100日目にお祝いするという風習になったのもこの頃からです。それから室町時代にはもう一般的な習わしとなっていたようで、以降は現在まで伝統行事として我が子の健康と幸せを願う人々の間で続けられてきました。

お食い初めのメニュー①


出典:写真AC

お食い初めに使う魚は、尾頭付きの鯛を丸ごと一匹、塩焼きにしたものです。 他に出世魚を使う地域もありますが、いずれの場合も頭と尾を付けたままの状態で調理したものとなり、これをメインメニューとして大皿で出します。

家庭で用意することが難しい場合は、スーパーの鮮魚コーナーなどで、お食い初めに使う旨を伝えて、注文するという手もあります。 日本では古くから、縁起物として尾頭付きの魚がお祝いの膳に供されてきました。

祭事のとき献供物として、まだ刃の入っていない魚が神様へ捧げられていたことが始まりであり、当時の一般家庭では冷蔵保存が難しいことも相まって、尾頭付きの魚は大変貴重な品でした。

特に鯛は、食べる機会の少ない高級魚であること、その赤い体色や「めでたい」の語呂合わせなどもあって、今日までお食い初め以外にも結婚や還暦などのお祝い事には欠かせない魚です。また、頭から尾まできれいに食べることで、「ひとつの物事を初めから最後までやり遂げる」という意味もあります。

余談ですが、日本では尾頭付きの魚を盛り付けるときには、頭を左側にして皿に乗せるのがマナーとなっています。もし自分で盛り付けをするのであれば、配膳の礼法にも注意しましょう。

お食い初めのメニュー②

お吸い物


出典:写真AC

お吸い物は「吸う力が強くなるように」との願いが込められています。 特に貝が縁起物とされていて、その中でもハマグリは2つの貝殻同士がピッタリとくっつくことから、「伴侶の良縁に恵まれますように」という願掛けにもなっており、定番の具材として選ばれることが多いです。他にエビも長寿の験担ぎとしてポピュラーな食材です。 

お食い初めのメニュー③

ご飯


出典:写真AC

お食い初めのメニューでのご飯は、赤飯を用意します。 赤飯の赤い色には厄除けの意味があり、祝い事の席ではよく食べられてきました。 地域によっては、白米やお粥、勝栗を意味することから栗ご飯にする地域もあります。

お食い初めではまだ素振りに留めるだけで食事をさせないのですが、ご飯は他のメニューと違い「ひとつぶなめ」と言って、赤ちゃんにお米をひと粒だけ実際に与えます。 ですが、もし赤ちゃんが嫌がっているようならば、無理強いすることはありません。 

お食い初めのメニュー④

煮物


出典:写真AC

祝いの席での煮物といえば、筑前煮です。九州の北部では、がめ煮とも呼ばれているこのメニューには、鶏肉、しいたけ、にんじん、ごぼう、れんこんなどを炒め、醤油と砂糖で甘辛く煮たものです。

また、筑前煮に限らず、お食い初めの煮物に使われている食材にも様々な意味が込められています。にんじんとだいこんで紅白にする、というのが有名ですが、まだ他にもあります。

例えば、 ごぼう:長寿
たけのこ:真っ直ぐ育つ
れんこん:先の見通しが良い
かぶ:リーダーシップに優れる
くわい:立派に芽が出る
さといも:子孫繁栄
ゆり根:無病息災

などなど、野菜類には縁起物が多くあります。 めでたい席では、よくこれらの野菜を鶴や亀の甲羅の形に飾り切りしたものが出てきます。 これらも縁起が良いとされている動物で、一皿の中に幾重もの願いが込められているのです。

【安くできる方法も】平安時代から続く「お食い初め」におすすめの食器4選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するキーワードから探す