「荒唐無稽(こうとうむけい)」の意味や由来|例文も紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

文章の中に、「なんとも荒唐無稽な話だ」「あの人の言うことは荒唐無稽だ」といった言い回しが出てきて、戸惑ってしまった経験はないでしょうか。 荒唐無稽という四字熟語は、日常会話の中で頻繁に出てくるわけではありませんが、小説などでは、割とよく見かけるものです。

漠然としたイメージはあっても、「正確な意味までは自信がない」という人は、ここで説明する正しい意味や例文などを、ぜひ参考にしてみてください。 文章を読むときはもちろん、自分で文章を考えるときも、意味や使い方を把握していれば、困ることはありません。

荒唐無稽の意味


出典:写真AC

荒唐無稽は「こうとうむけい」と読み、その意味は簡潔にいうと、「でたらめ」ということです。 現実的ではなく、中身も根拠もない、めちゃくちゃで訳がわからないことを指す言葉です。 この意味を、冒頭の例に当てはめて考えてみましょう。 まず最初は、「現実味がなく、俄かには信じ難い馬鹿げた話だ」と言い換えることができます。

例えば、「空から女の子が降って来た」「ビルよりも大きい巨人を見た」といった、まるで現実味のない空想めいた話を聞いたときは、このような言い方ができます。 もうひとつの例は、「あの人の言うことはめちゃくちゃで、さっぱり意味がわからない」ということになります。

何の根拠もない絵空事が大袈裟に、語られているような場合には、ぴったりな言葉です。 ちなみに、荒唐無稽という四字熟語は、ふたつに分けて考えることができます。 前半の「荒唐」という部分が、でたらめでめちゃくちゃなことを表しており、後半の「無稽」という部分が、根拠がないことを表しています。

荒唐無稽の由来・言葉の背景

荒唐無稽の由来は、中国の思想家・荘子の著書である『荘子』の中に出てきます。 その本の中には、「荒唐の言」「無稽の言」という言葉があり、これが現在の荒唐無稽の元になったとされているのです。 荒唐は、果てしなく広いことを表しており、「でたらめ」に繋がります。

また、無稽の「稽」には、考えるという意味があるため、無稽は「考えが無い」となり、「根拠がない」につながっています。 この二つの言葉を合わせたものが、現在も使われている「荒唐無稽」であり、「でたらめで根拠がない」という意味になっているのです。

荒唐無稽の例文


出典:写真AC

荒唐無稽を使った例文を紹介していきます。 「この小説は荒唐無稽だが、滅法面白い」 この例文では、物語の内容がめちゃくちゃなものであることを表現するために、荒唐無稽が用いられています。 映画やアニメなどでも、「何なんだこれは」と思ってしまうような強烈な作品があったりしますが、そんなときは荒唐無稽の出番です。

「私が体験した荒唐無稽な出来事を、彼女は真剣な顔で聞いてくれた」 この例文では、自分の体験がいかに信じがたいものであるか、荒唐無稽を使って表現しています。 漫画や小説の中でありがちなことを実際に経験したとしても、他の人が信じてくれるとは限りません。 そんなときに使うなら、荒唐無稽がぴったりです。

「荒唐無稽な言い訳を鵜呑みにするのではなく、証拠の提示を要求すべきだ」 相手がでたらめな発言を繰り返し、こちらを煙に巻こうとしている場面です。 まるで根拠がないことを平然と口にする人もいますが、それはまさしく荒唐無稽であり、しっかりとした証拠がないと、到底信じられるものではありません。

日本人なら知っておきたい国語の知識「国語」の記事一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するキーワードから探す