「耽美(たんび)」の意味や由来|使い方や類語・対義語・作品も紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「言葉を聞いたことはあるけれど、そもそもどんな意味があるのかわからない」。そんな言葉は意外とあるものでしょう。その中で、「耽美」がどんな意味を持つのかご存知でしょうか?

「彼の書く文章は、耽美的な彼の思想が背景にあり、読み手に美しい光景を想像させる」。このように使う「耽美」という言葉の使い方や類義、対義語などをご紹介していきます。

耽美の意味とは

耽美(たんび)とは、何よりも美しさに最高の価値を置き、表現する世界に陶酔していく心の動きや感覚を指しています。絵や彫刻などのアート作品に対して使われることが一般的です。

どこか本能的で生死をかけるような、一線を越えてはいけないような描写も多く、官能的な表現も多いことがあります。いわゆるエロティックな描写をするときに使われますよ。

耽美の使い方・例文


出典:写真AC

日常の中では、なかなか聞きなれない耽美という言葉。いったいどんなシーンで使用され、どんな風に使うのかを例文と一緒にみていきましょう。

例)

  • 彼の作品は耽美的な作風で話題となり注目を集めている。
  • 現代のBL(ボーイズラブ)と呼ばれる漫画のジャンルには耽美さが溢れている。
  • 耽美な世界観がなんとも美しい情景を想像させる。
  • 白肌にはじける雨粒が実に耽美であった。
  • 彼は狂気に紛れた耽美を感じずにはいられなかった。

耽美という言葉は「美」を最大限に価値のあるものとしていますが、単なる美しさだけではありません。道徳や倫理からかけ離れているようなダークな部分を含んだ美しさを表現する言葉でもあります。

ダークな部分には、死・病・犯罪・狂気・悲哀といったものや、性別や関係性など超えてはいけない壁なども含まれています。

日本人なら知っておきたい国語の知識「国語」の記事一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するキーワードから探す