【四季・テーマ別】知っておきたい!歌人が詠んだ魅力あふれる美しい短歌

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

学校の授業で「短歌」について触れたことがある人は多いでしょう。しかし、授業以外の場面で短歌について掘り下げてみたことがある人は、少ないのではないでしょうか。

しかし、それではもったいありません。短歌には、短い言葉のなかに、日本語の美しさや表現力の素晴らしさが詰まっているのです。

今回は、そんな短歌のなかでも、有名な和歌を四季やテーマに分けてご紹介しましょう。

短歌とは


出典:写真AC

短歌とは、五・七・五・七・七からなる五句体で読まれる、和歌の形式のひとつ。「万葉集」や「古今和歌集」など、古来より人々に詠まれてきた和歌には、短歌のほかにも「旋頭歌」や「長歌」などがあります。平安時代に入ると旋頭歌や長歌は詠まれなくなり、次第に衰退していきました。

しかし、短歌は何十世紀にも渡って詠み続けられてきました。それだけ何十世紀も人々を惹きつけてやまない魅力が、この31音の中に込められているのです。歌人は、この短い言葉のなかで、さまざまな感情や情景を詠んでいます。

短歌で有名な人と言えば?


出典:写真AC

まずは、短歌で有名な作者を3名ご紹介します。

1人目は、正岡子規。明治時代を代表する文学者で、短歌のみならず俳句や随筆、評論など幅広い分野で活躍していました。俳句でも「写生」という手法を提唱していて、目の前にあるものをありのままに詠む、淡々としたなかに味わいのある作風が人気です。

2人目は、与謝野晶子。生涯で5万首もの短歌を詠んだといわれていて、作品は情熱的なものが多く残っています。処女歌集「みだれ髪」は、女性の恋愛感情を素直に詠んだ斬新な作風で、出版当時は賛否両論だったようです。

3人目は、若山牧水。生涯で9千首の短歌を詠んだといわれ、旅と自然を愛していたことから、日本各地に歌碑が数多く残されています。代表作である歌集「別離」には、恋人との別れの時期に詠んだ歌が収録されており、彼の名を広める作品となりました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するキーワードから探す