【新宿から1時間でいける温泉地】鶴巻温泉でおすすめの日帰り温泉6選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

鶴巻温泉は、神奈川県中西部にある秦野市の温泉地です。

新宿から、小田急電鉄小田原線に約1時間ほど乗車します。「鶴巻温泉駅」で降りると、緑深い丹沢山地に囲まれた、閑静な住宅街が広がっています。 秦野市に温泉が湧いたのは、明治時代です。 当初は井戸水として掘られていたのですが、塩分を多くふくみ、渋みも強かったため、温泉として用いられるようになりました。

大正時代には、すでに馬車が通っていて、落語でも有名な「大山詣り」に訪れた人たちが、その疲れを癒やすために大勢が鶴巻温泉に立ち寄っていました。 戦後、小田急電鉄小田原線の開通とともに、鶴巻温泉は東京の奥座敷として、にぎわいを見せるようになりました。そして近辺に高層マンションや住宅などが立ち並び、温泉地としては一風変わった景色となっていきました。

現在、老若男女を問わず多くの観光客が訪れる人気の温泉地となっています。

鶴巻温泉の泉質・効用

鶴巻温泉の泉質は弱アルカリ性塩化物泉で、温度は26~37℃前後となっています。 なかでも注目されている成分が、カルシウムです。丹沢山の地下には多くのカルシウムがふくまれ、鶴巻温泉にも多く溶け込んでいます。 その含有量は1960mg/kg。じつに、牛乳よりも多い数値となっているから驚きです。

このカルシウムイオンによる働きで、鶴巻温泉にはリウマチや神経痛、筋肉痛、さらに外傷や火傷、血行障害などを癒やす作用があるといわれています。また、飲用することで胃腸病を和らげる効果も。 さらに、肌を引き締め、ハリやうるおいをもたらしてくれるので、女性にとっても見のがせない温泉となっています。

鶴巻温泉のおすすめ日帰り温泉①

元湯陣屋


出典:元湯陣屋

元湯陣屋は、鶴巻温泉のなかでも最も有名な温泉施設です。 大正時代に三井財閥が使用していた別荘「平塚園」が元となっていて、その歴史は100年以上に及びます。 一万坪の広大な敷地に広がる豊かな森や庭園は圧巻。

色とりどりの花や紅葉で、訪れた人の目を楽しませてくれます。 そんな景色の中で露天風呂に入る瞬間はまさに格別です。

将棋の名人戦や竜王戦が行われる舞台としても有名で、棋士が誰も出迎えがないことに腹を立て、勝負を辞退したという「陣屋事件」の逸話も語り継がれています。 元湯陣屋ではこれをきっかけに、客を出迎えるさいに玄関の陣太鼓を叩くようになりました。これも、見どころのひとつといえるでしょう。

また、女将が国民的アニメ監督の宮崎駿の親族で、その傑作の数々には幼いころに親しんだ陣屋の風景が、影響を与えているといわれています。

トトロの楠はファンなら必見。 ほかにも、代々の当主が蒐集した武具や掛け軸など、温泉以外にも見どころの多い旅館です。

アクセス:小田原線「鶴巻温泉駅」北口から徒歩4分

宿泊料:3万5,000円〜

 

ホームページ:https://www.jinya-inn.com/

鶴巻温泉のおすすめ日帰り温泉②

大和旅館


出典:大和旅館

大和旅館は、創業100年近くになる鶴巻温泉の老舗旅館です。 歴史を感じさせる客室には風情があり、日帰り客でも利用できる大浴場では、そのぜいたくな空間でゆっくり心身を癒やすことができます。

地域で採れた野菜や肉、魚などをふんだんに使用した料理もポイントです。じっくり焼き上げたまぐろの兜焼きや、お祝いにぴったりの鯛の塩釜焼きなどは、ほかでは味わうことができないでしょう。 四季折々の、鶴巻温泉ならではの味をぜひ楽しんでください。

また、100名収容の大宴会場を完備しています。100インチプロジェクターのカラオケシステムがあるラウンジなどは、お酒の席にぴったりです。交通の便が良いため、帰りの車を心配する必要もありません。

アクセス:小田原線「鶴巻温泉駅」北口から徒歩3分

宿泊料:1万3,000円〜

 

ホームページ:http://www.yamato-ryokan.com/index.html

鶴巻温泉のおすすめ日帰り温泉③

秦野天然温泉さざんか


出典:秦野天然温泉さざんか

秦野天然温泉さざんかは、日帰り専用の温泉施設です。 地下1,001mの奥深くから湧き出す秦野温泉は、「熱の湯」や「傷癒しの湯」ともいわれ、特に皮膚疾患に効果を示します。美肌効果もあるので、女性にもおすすめです。 この秦野温泉を味わうことができるのは、秦野天然温泉さざんか以外にありません。 大自然のなかから秦野の山を見渡せる露天風呂は、気分爽快といえます。

ほかにも、ジャグジーやストロングバス、電気風呂、サウナといった入浴施設も備えています。 お風呂上がりには、本場韓国人スタッフによる「あかすり処」や、湯上がりの体をほぐす「手もみ処」、ヘアカットからマッサージまで提供してくれる「カットサロン髪剪處」などで全身をゆっくりケアするのもおすすめです。 日帰り専用なので、登山やハイキングの後に寄れるのも人気のポイントです。

アクセス:小田原線「東海大学前」から徒歩5分

料金:平日大人 650円~

営業時間:午前10~午後11時

ホームページ:http://onsen-sazanka.com/

【英語で言うと】温泉でのマナーやルールを説明

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するキーワードから探す