【小紋唯一の略礼装】江戸小紋の魅力と江戸小紋の三役を紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

小紋とは

小紋というのは着物の柄の一種で、小さい柄が全体に広がっていることからこの名前が付けられています。小紋の模様は上下方向がなく、柄も全体につけられているため、仕立てのときや柄付けが比較的簡単です。

小紋の多くは型染めという技法で柄がつけられており、縞模様や紅型、更紗、絞りとバリエーションも豊かです。

カジュアルな雰囲気の柄が多く、模様の種類や大きさなども自由ですので、自分らしい着物を選ぶ楽しさがある一方、江戸小紋を除く小紋は普段着としてしか着用することができません。

そのため、普段着として着物を着る機会が少なくなった現代では、所有していない人が多いのも現状です。

江戸小紋の特徴


photo by sayo ts

江戸小紋は、小紋の中でも唯一、紋を入れて略礼装として着用することができます。

格式としては色無地と同等になりますので、ある程度フォーマルな席でも着用できることから、小紋の中では江戸小紋が最も人気があります。

江戸小紋の特徴は、ほとんどが単一の色で描かれており、非常に細かい柄で、遠目に見ると色無地に見えるという点です。江戸小紋は、元々無地であった武士の礼装着に、渋めの色で細かい柄がつけられるようになったのが由来と言われています。

武士の礼装である裃には専用の小紋柄があり、さらに藩によって独自の柄を定めるようにもなっていきました。町人や商人が小紋柄を取り入れるようになってからはモチーフや色彩も自由になっていきましたが、当初の武士の礼装として形式化している江戸小紋の柄は、今でも一般的な小紋より格式の高い柄として扱われているのです。

江戸小紋はどんな時に着る?

江戸小紋は、いろいろなシーンで着用できる点が魅力です。例えば、紋を入れずに名古屋帯やおしゃれ用の袋帯を締めれば、ホテルなどで行われる同窓会や食事会、習い事までカジュアルに着こなせます。

一方で、ある程度年齢を重ねて落ち着いた大人の女性になった時は、紋を入れて格式の高い袋帯を締めることで、子供の卒入学式や部下の結婚式、フォーマルなパーティーなどに着用可能です。

一見色無地に見えますので、年齢や立場に応じて、色合いや帯を工夫しましょう。

江戸小紋三役:鮫


出典:写真AC

江戸小紋には、三役と五役があります。三役は江戸小紋の中でも特に格式が高い柄で、それぞれ「鮫」、「角通し」、「行儀」といいます。これに「縞」「大小霰」を加えたものが五役です。

鮫は、8代将軍徳川吉宗の生家であった紀州家が用いていた柄で、扇形の模様を組み合わせて鮫の肌に見立てています。

鮫小紋とも呼ばれ、扇形のサイズや配列などはいろいろなバリエーションがありますが、江戸小紋の中でも最もよく知られている柄です。三役の中では唯一、曲線によって描かれています。

江戸小紋三役:角通し


出典:染一会

角通しは、無数の細い直線が同じ幅で上下左右に垂直に重なっている、いわゆるチェック柄の一種です。色合いにもよりますが、きりっとした涼やかさがありながら、地色と柄の色が均等に混ざり合い、遠目に見ると独特な風合いのある見た目になります。

江戸小紋の柄にはそれぞれに意味がありますが、格通しは縦にも横にも筋を通すという潔さを表している柄で、男性にもおすすめです。柄の線が細く、本数が多くなるほど格式が高く、高級品になります。

江戸小紋三役:行儀


出典:染一会

行儀は、江戸小紋三役の一つで、角通しに良く似た柄です。ただし、直線が上下左右に垂直に走っている角通しとは異なり、行儀は45度の角度で斜めに走った線が垂直に交差しています。これは、人がお辞儀をしている様子を表しており、柄の意味も「礼を尽くす」というものです。

この角度でのお辞儀は丁寧な礼の姿であり、折り目正しい、礼儀正しいという印象を与えられます。角通しに比べると軟らかい印象になりますので、女性が着用してもしっくりなじみます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加