【一念発起】知っておきたい四字熟語の意味と由来|「一念発起」編

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『一念発起したおかげで、難しい仕事を成し遂げることができました』。この文章を読んだ時に、「一念発起」の意味をしっかりと説明できる人は以外に少ないかもしれません。

「一念発起」という四字熟語は、分かっているようで説明しにくい四文字熟語のように思われます。

そこで今回は、「一念発起」の意味や由来、使い方などを説明していきたいと思います。

一念発起の意味


出典:ぱくたそ

「一念(いちねん)」は、『思いを一点に集中させて、留まらせる』という意味が込められています。

その一方で「発起(ほっき)」は、『それまでの考えを改めて、新しいアイデアを思いつく』という意味が込められています。つまり「一念発起」は、『強い決意をもって、夢や目標を達成する。または、新しい何かを生み出す』という意味がこもっているのです。

一念発起の由来

「一念発起」は、仏教が由来になっている四文字熟語なのです。ちょっと意外ですよね。

元々は、歎異抄(たんにしょう)という本に掲載されている言葉とされています。本来の「一念発起」は、「仏の教えを学ぶ機会をたくさん得た結果、仏の教えを心から信じて、その教えに従った生き方をしていく」という決意の表れのようです。

ちなみに、「一念」には、「念仏を唱える」旨の意味が込められているようで、「発起」には、「菩提心」という意味が込められている説もあります。

これらの意味からしても、「一念発起」は、やっぱり仏教に深く通ずる四文字熟語なのが見て取れますね。

一念発起の例文


出典:ぱくたそ

「一念発起」の意味や由来を理解したところで、ここからは、「一念発起」を使った例文を2つ紹介したいと思います。

まず1つ目は、『一念発起して受験勉強したおかげで、第一志望の大学に合格することができた』です。これは、『「第一志望の学校に絶対に合格するぞ!」という強い決意を持って、受験に臨んだからこそ、合格できた』という意味ですね。

2つ目にあげる例文は、『良いプロジェクトを成し遂げるために、一念発起しました』です。これは、ビジネスの場で使える例文ですね。仕事は、いつも同じ内容とは限りません。時には、自分の限界を試される仕事にチャレンジすることもあるでしょう。そんな時こそ、「一念発起」していい仕事を成し遂げたいものですね。

このようにして見てみると、一念発起という言葉は、まだまだいろんな応用が利きそうですね。もっと、賢い使い方をすれば、周りから注目されること間違いなし!上司からも、一目置かれるかもしれませんね。

一念発起の類義語・対義語

「一念発起」に近い意味を持っている類義語は、次のようなものがあります。「一年発心」、「一心発起」、「感奮興起」、「一心不乱」、「真一文字」、「熱烈峻厳」、「精神一到」、「無二無三」、「緊褌一番」などです。こうやって見てみると、結構たくさんありますね。

ちなみに、「一念発起」の対義語も調べてみたのですが、対義語にあたる言葉は特に見つかりませんでした。

どの四字熟語にも、由来があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するキーワードから探す