「一期一会(いちごいちえ)」の意味や使い方|あの千利休が残した言葉

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「私は人見知りで初対面の人と過ごすのは緊張するが、一期一会を大切にして心をつくしたい」という時などに用いられる、「一期一会」という言葉をご存知でしょうか。

この言葉は座右の銘や文章の中の一説で耳にすることは少なくありませんが、実際に使うとなると四字熟語として大まかな意味だけを理解しているという人も多いです。

そこで、こちらでは一期一会という言葉の意味や由来などについてご紹介していきます。

一期一会の意味


出典:ぱくたそ

一期一会の意味は相手と出会っているこの時間が、一生に一度の機会で二度と巡ってはこないものである、そのため、今この時間を大切にして、誠心誠意をこめて相手をもてなすべきであるというものです。

元々茶会においての戒めのような言葉でしたので、このような相手をもてなす意味合いとして使われることが多いです。

しかし他にも、普段から顔を合わせる相手でも、いろいろな事情があって、もしかしたら今後全く会えなくなる時が来るかもしれない。だから、そのつもりで相手といるこの一瞬を大切にして、共に過ごさなければならない、という意味合いで使われることもあります。

一般的に知られている一期一会という言葉は、どちらかと言えば出会いを大切にする後者として用いられることが多いです。

一期一会の由来

一期一会は、元は戦国時代から安土桃山時代にかけて茶の世界で活躍した千利休の言葉と言われています。

ただし、千利休は自分で文章を残しておらず、利休の弟子であった山上宗二が記した「山上宗二記」という著書に、師匠利休の言葉として記されていたことが証拠となっています。

この著書には、利休の言葉として「路地ヘ入ルヨリ出ヅルマデ、一期ニ一度ノ会ノヤウニ、亭主ヲ敬ヒ畏ベシ」と書かれており、この一節「一期ニ一度ノ会」から一期一会という言葉が生まれています。

ここでいう一期というのは仏教用語で、人が生まれてから死ぬまでの一生を指しています。

また、会というのは会うという意味もありますが、茶人である利休にとっては茶会という意味もあり、自身が客をもてなす茶会において、これが一生に一度の会であるという戒めの気持ちをもってあたるべきであるという内容になります。

一期一会の例文


出典:ぱくたそ

一期一会という言葉は、相手をもてなすときに自分を戒めるときなどに用います。例えば、「接客業をしていると、機械的に相手に接することもないわけではないが、これが一期一会と思って常に相手に対して心からおもてなしをすることが大切だ」というように使うとよいでしょう。

また、茶会やもてなしなどの意味合いではなく、単純に出会いを大切にするべきであるという意味で用いるときには、「人生において様々な人と出会うものだが、いずれも一期一会と思い、これからの出会いを大切にしていきたい」などのように使うとよいでしょう。

いずれの場合においても、相手を大切にすること、出会いやもてなしの瞬間がまた訪れるとは限らないことを主張したい時に用いています。

一期一会の類義語・対義語

一期一会という言葉には、正確に意味が同じ類語はありません。ただ、出会いを大切にするという意味合いで考えると、「千載一遇」という言葉や「合縁奇縁」、「袖振り合うも多生の縁」などの四字熟語、ことわざなどが似たようなものであるといえるでしょう。

一方、出会いを大切にするという一期一会の反対の言葉というと、出会いをおざなりにするという意味合いになりますので、格言やことわざとしては存在しません。

どの四字熟語にも、由来があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するキーワードから探す