【先人の歩いた旧街道を行く】江戸情緒残る旧街道の魅力と歴史

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

旧街道は、現在の甲州街道、奥州街道、日光街道、東海道、中山道などのかつての姿です。旧街道は、人の往来や物資の輸送をするために使われてきました。しかし、明治時代に入り、鉄道などに交通の手段が変わって行き、行き来する人の数が減っていきました。

しかし、道自体は現在も健在で、機能しています。

旧街道の歴史


出典:写真AC

前述したように、旧街道は物資の輸送や人の行き来で使われていました。

その需要は、「旧街道」になる前からありました。旧街道となったのは、江戸時代になってからになります。より移動しやすいように整備されて、東海道、中山道、日光街道、奥州街道、甲州街道が「五街道」と呼ばれるようになったのです。

当時は、自動車や自転車の文化ではないため、移動はほぼ徒歩でした。そのため、移動には日数が必要なので、いたるところに宿場町が設置されていました。

宿場町では、人馬の引き継ぎ、大名や公家、一般の旅人などが多数集まって、賑わいを見せていたそうです。しかし、明治時代からは、自動車や鉄道の文化が入ってきたため、旧街道は自動車が通りやすいように整備されはじめます。

趣のある建物は塗装されて、木々が切り倒されるなど、当時の面影は薄れて行きました。しかし、そんな背景がありながらも、当時の面影を感じさせるスポットやシンボルは、少なからず残されています。

おすすめの旧街道①

東海道


出典:人力

徳川家康が関ヶ原合戦に勝利し、その翌年(慶長6年)に、整備された東海道。整備されたのは、江戸~京都、江戸~大坂の往来が主な目的でした。

そんな東海道のおすすめスポットを、いくつか厳選して紹介します。

日本橋

徳川家康によって作られた日本橋。慶応8年に作られて以来、江戸のシンボルとなり、現在でも愛され続けています。

ちなみに、当時は木の橋がかけてあったのですが、火事などにより何度も焼失してしまいました。その後、明治44年にルネサンス式石橋に整備されて、国の重要文化財に指定されています。

小田原宿

日本橋を出発した多くの人たちが、2泊目の宿として利用していたと言われている小田原宿。

箱根山を越えるためには、ここで宿泊せざる得なかったそうです。その規模は東海道最大級になっていて、本陣4件、脇本陣4件、旅籠95件という豪華仕様でした。大変な賑わいを見せていたようです。

現代に残る宿場の風景・東海道五十三次の魅力 

おすすめの旧街道②

甲州街道


出典:人力

甲州街道は、200km以上に及ぶ街道です。

起点は日本橋で、内藤新宿、下高井戸、上高井戸、布田五宿、府中、日野、八王子などを通って、下諏訪まで続いています。

甲州街道で特徴的なのは、山々の美しい景色や歴史です。四季折々の姿を見せてくれる甲州街道は、現在も巡る観光客が後を絶ちません。

そんな甲州街道のオススメスポットを、いくつか厳選してお届けします。

府中宿

本陣1軒、脇本陣2軒、旅籠38軒、商家142軒という大規模になっていた府中宿。

中でも、大国魂神社は一見の価値ありで、都内でも有数の古い神社として親しまれています。

下諏訪宿

甲州街道の最後の宿場として知られている下諏訪宿。本陣1軒、脇本陣1軒、旅籠40軒から成り立っていました。

未だに寺社や蔵などの建物が残されているので風情があります。ちなみに現在は、温泉地になっているので、旅の疲れを癒すのに最適な仕事です。

国営昭和記念公園

広大な敷地を保有している昭和記念公園。

バーベキュー、プール、ボート、サイクリング、セグウェイなど、様々なアクティビティがあります。

そのため、友人、カップル、ファミリーなど、幅広いニーズに答えてくれるスポットです。四季折々の姿を見せてくれる自然が残されているので、シーズンごとに訪れても飽きることはありません。まさに甲州街道のオアシスと言えるでしょう。

おすすめの旧街道③

  • このエントリーをはてなブックマークに追加