【お盆のお布施、お供え】お盆の時期や気になるあれこれを解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お盆は、帰ってくる先祖の霊を迎えもてなすための行事で、各家庭で大切にされています。よくお盆には「旧暦」があるなどと聞きますが、そもそもお盆の風習はいつからできたのでしょうか。お盆のルーツといっしょに、墓参り、供え物、お寺さんへのお布施など、気になるお盆のあれこれを解説します。

お盆の時期 / 旧暦と新暦


出典:写真AC

お盆の時期には旧暦と新暦があるって知っていますか?お盆の時期はもともと7月15日前後になっており、これは太陰暦のカレンダーによる「旧暦」による時期でした。しかし、現在のカレンダーは太陽暦に改変されていて、それによるお盆の時期が「新暦」となっているのです。

大まかな新暦の解釈は、「旧暦+1か月」と記憶しておけば良いでしょう。また、お盆は地域によって時期が異なります。大まかに説明すると、「8月13日~15日」の時期が全国各地でのスタンダードなお盆、「7月13日~15日」の時期は南関東、静岡、金沢、函館のお盆、「8月20日前後」の時期が沖縄県、奄美付近のお盆です。

お盆の意味

お盆の時期になると「先祖の霊が帰ってくる」と言われています。「家族や子孫の元に帰ってきた霊を快くお出迎えして、再び供養してあげる」という意味がこもっている行事なのです。

お盆の歴史・由来

日本で初めてお盆が実施されたのは、朝廷の時代と言われています。

もともとお盆は、上流階級の催し物として実施されてきました。江戸時代になると、一般層にも普及するようになりました。お盆が一般層に普及した理由は、蝋燭や仏壇といった、お盆に必要なアイテムが安く購入できるようになったからとされています。

お墓まいり


出典:写真AC

お墓参りすることで「時期の節目」を大事にしてきた日本ですが、それは、お盆も例外ではありません。お盆は、一年の中でお墓参りするする人が一番多い時期と言われています。それは、「亡くなった人を迎え入れるのは、お墓参りから」とされているからです。

お盆の墓参りは、ただ参るだけではなくて、墓の掃除もしてあげてください。綺麗に磨いて、水をかけて、お供え物をして、お花を添えます。ここまでもてなしてあげて、初めてお盆にふさわしいお墓参りと言えるのです。

迎え火と送り火の時期

先祖の位牌が納めてある「菩提寺」。13日の夕方から夜にかけて、菩提寺にお墓参りすることで、先祖の霊を迎え入れるのがお盆の風習です。この風習を「精霊迎え」と呼んでいます。

この時に「迎え火」という儀式を行います。これは、「先祖の霊が迷わず帰って来られるように」という意味が込められている火です。16日になると「送り盆」になるため、「先祖の霊を送り返してあげる」儀式が行われます。この儀式を「精霊送り」と呼び、この時に炊く火のことを「送り火」と呼んでいるのです。

これらの儀式は、各家庭で行うのが一般的ですが、お祭りとして実施されている地域もあります。大規模なものでは、京都名物になっている「大文字焼き」が有名です。

なすときゅうりを飾る意味とは


出典:写真AC

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するキーワードから探す