【十五夜の由来】中秋の名月と十五夜の文化の粋な魅力

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「中秋の名月」は、一年を通して一番美しい月が拝めるとされている日です。この日のことを「十五夜」と呼んだりしますが、なぜ「十五夜」と呼ぶのでしょうか。「十五夜」の由来と月見の文化について解説します。

十五夜の意味とは?


出典:写真AC

十五夜とは旧暦8月15日の夜に行う儀式であり月見団子や御神酒すすきなどを月の下に供える風習のことです中秋の名月と呼ばれることもありますし芋を供えることもあるので、芋の名月なんて呼ばれ方をすることもあります

何を祈り祝うのかいえば、農作物の豊作の喜びや祖先に対する感謝などになります地域や地方によってやや目的とすることは違いますが、単純に美しい月を堪能する行事として楽しむというほうが現代では主流でしょう

十五夜の由来


出典:写真AC

十五夜の由来ですが十五夜というのは満月という意味になります新月から丸くなるまでに15日程度かかることからそう呼ばれていま

では満月の時は例外なく十五夜というのかいえば、実はそれは間違いではありません毎月十五夜というのは存在していますしかし実際には、秋の空が1年を通じて一番空気が澄み美しいとされているため、十五夜といえば基本的には「中秋の名月」のことを指します

十五夜で食べる月見団子とすすきの由来


出典:写真AC

十五夜のお月見といえば月見の団子とすすきでしょうどうしてすすきなのかというと、これは穂の出たすすきを稲穂に見立てているからですさらには魔よけなどの意味合いもあるとされていますすすきには昔から悪霊や災いなどを振り払ってくれるという効果があるとされていましたし神への祈祷に使われていた経緯もあって、十五夜のお月見には欠かせないアイテムになっています

団子に関しては月に似せているという説と、十五夜に秋の収穫物である里芋を供えていた名残という説のふたつがあります。しかし月見をする際には甘いものがそばにあるとより楽しめるでしょうから、団子という選択肢がメジャーになっているのかもしれません。

十五夜の主役・月にまつわることわざ

月は昔から歌にもなってきましたし、ことわざなどにもなってきました例えば、ふたつのものがあまりにも価値が違いすぎることを「月とスッポン」といいますし、「月に叢雲花に風」というのは、風情があるという意味です

月は美しいもの神秘的なものでありそのような象徴として月が登場することがほとんどです

月は明るいという意味でも使われます例えば「月夜に釜を抜かれる」ということわざで月の出ている夜は明るいので、油断をしていると釜のような大事なものが盗難に遭うという意味が込められています。要するに、注意散漫になるなとか油断するなという教訓を表しているのです

十五夜の文化の粋な魅力


出典:写真AC

毎年、中秋の名月の十五夜は日が異なります2018年の十五夜は9月24日です

十五夜の文化というのは美しいものをめでる日本人の伝統的な感性を反映したものであり極めて粋なものであるといえるでしょう。そんな月見ですが、これをしないと月見ではない十五夜を堪能していないというような堅苦しい決まりやしきたりはありません

もちろんキチンと形式を整えて行う十五夜にも魅力があるのは確かです肝心になってくるのは十五夜の月であるかどうかでありその日に月見をすれば十分に十五夜を堪能しているといえるでしょう。

すすきがなくても団子がなくても、十五夜の月を眺めながら美酒を傾けるだけで、立派に粋な月見といえるでしょう。形にこだわることなく、楽しむことができるのが魅力です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するキーワードから探す