パティシエの仕事を紹介|気になるなり方や必要な資格は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は、スイーツやデザートなど、甘いものが大好きな方にとっては、夢を与えてくれる職業であるパティシエ」について、仕事内容、特色、勤務体形など様々な角度から紹介します。

パティシエとは


出典:写真AC

「パティシエ」とは、菓子職人のことを言います。

日本では、洋菓子のお菓子を作る職人のことをパティシエと言い、和菓子を作る職人さんについては、「パティシエ」とは、言いません。

「パティシエ」とは、フランス語で、食文化レベルの高いフランスでは「パティシエ」は、ステータスの高い職業として認識されています。

パティシエの仕事

パティシエが仕事として作るお菓子は、実に様々な物があります。

ケーキ、クッキー、シュークリーム、プリンなど、更に細分化すると非常にバラエティに富んだスイーツやデザートを作り出すのが、パティシエの仕事です。また、既存のお菓子を作り続けるだけでなく、パティシエの創造力を生かした新しいメニューの開発もパティシエの重要な仕事のひとつと言えるでしょう。

パティシエの菓子作りの仕事は、非常に緻密で繊細な作業となります。

洋菓子の主な材料となる、小麦粉、バター、砂糖、卵など分量を正確に計測し、作るタイミングなども計算しつつ同じレベルのものを作る必要があります。

商品として販売されるものが、買う度に味が違っては、売り物にはなりません。その為、パティシエには、豊富な経験と確かな技術が必要となります。

パティシエの年収/勤務体系/福利厚生


出典:写真AC

パティシエの勤務体形は様々で、勤務先も異なります。

洋菓子店などに勤務する場合や、ホテルやレストランに勤務する場合、洋菓子メーカーや工場に勤務する場合など、その勤務形態は実に様々で、パティシエのニーズは、あらゆるところにあると言えます。

洋菓子店などに勤務するパティシエの場合は、街の小さな洋菓子屋さんのような形で、自らパティシエとして仕事を行いつつ、自分のお店を持ち経営していく方もいます。

自らが経営者の為、勤務体形などは全て自分で決めることになります。

洋菓子メーカーのチェーン店舗などに勤務するパティシエは、正社員として働く方もいます。こちらの勤務体形は、サラリーマンと同じようにその会社の雇用条件によります。またホテルやレストランに勤務する場合も、正社員として勤務する方もいます。

その場合は、勤務先の雇用条件に準ずることとなります。

ホテルやレストランの場合、イベントやパーティーなど団体客向けに1度に大量のデザートを用意する必要がありますので、複数のパティシエと仕事をすることになります。


出典:ぱくたそ

パーティー向けなどのデザートは、数も種類も様々なものを作る必要があるため、いくつかの作業工程を分担し作ることになります。特に週末や休日などは平日に比べて多忙で、クリスマスや年末年始など繁忙期も、かなりの忙しさとなります。

また、洋菓子メーカーの工場に勤務するパティシエもいます。こちらも社員として雇用されます。

こちらの場合の勤務体形は、工場の生産スケジュールに合わせることとなり、工場によってはシフト制の場合もあり、夜間勤務の場合もあります。

このようにパティシエの働き方は様々です。その為、パティシエの年収もそれによって変わります。企業に正社員として勤務する方は、一般的なサラリーマンとさほど変わりはありません。

自らのブランドとお店を持つ世界的にも有名なパティシエになりますと、かなりの高収入を得られています。

パティシエのメリット、デメリット

パティシエのメリットとしては、やはり自分の作りたいお菓子を作ることができることです。AIなどでは置き換わることのできない、創造力を生かしたクリエイティブな仕事と言えます。また自分のお店を持つことも可能で夢のある仕事と言えます。

またデメリットとしては、一人前のパティシエになるのには、時間を要しますし、その修業時代には、なかなか稼ぐことができないことです。

パティシエに向いている人


出典:ぱくたそ

パティシエに向いている方は、まずはスイーツや甘いものが好きな方、そしてお菓子作りが好きな方です。

細かい作業となる為、手先の器用さも必要です。また作業は基本的に立ち仕事となり、力のいる作業もありますので、体力かある方が向いています。

優れたパティシエになるためには、新しく個性的なスイーツを作ることが必要となってくるため、美的センスも必要です。

パティシエの将来性

最近では、女性のパティシエもかなりおり、自分のお店を持つ方もいます。また近年では、女性だけでなくスイーツ好きの男性も増加傾向にあることと、カロリーを気にするヘルシー思考の世の中ということか、スイーツにも従来のものではなく、常に新しいものを求められる時代となっています。

また、ネット通販やお取り寄せという販売形態も増えており、将来的にもパティシエのニーズは一定数あることと考えられます。

パティシエのなり方や必要な資格


出典:写真AC

パティシエになるには主には二つの方法があります。1つは、製菓専門学校に通い知識と技術を学んだ後、就職するという形です。もう1つは、店舗に修業しノウハウを学ぶ方法があります。

働く為に必須の資格があるわけではありませんが、関連資格として「製菓衛生師」と「菓子製造技能士」などがあります。

パティシエの魅力

パティシエとしての魅力は、何と言っても自らが作り出したスイーツで多くの人に喜びと幸せを与えることができることでしょう。

美味しいものを食べた時には、気持ちが満たされ幸福な時を作り出すことをお手伝いする素敵な仕事です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加