建築士の仕事を紹介|気になる年収や必要な資格は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マイホームを建てようと思うとき、ハウスメーカーや工務店に建ててもらうこともできますが、できれば自分たちだけのために設計された家がいいと思う人もいるでしょう。そんなとき頼れるのが「建築士」です。

ハウスメーカーなども建築士が必ずいますが、独立した建築士に依頼するとコストを考えながら土地と依頼内容にあった最適な家を設計してくれます。マイホームだけでなく、ビルや街を含め多くの建築を設計することができます。建築士のなり方や年収など、気になる職業事情を紹介します。

建築士とは


出典:写真AC

建築士とは建築物の設計及び工事管理を行う職業で、建築士法の国家資格に定められた一級建築士、二級建築士のことをいいます。 一級建築士は建物に制限がなく、二級建築士は一級建築士に比べて、設計できる規模と構造に制限があります。 二級建築士でも木造建築物の設計では、3階建が基本になります。

建築士の仕事


出典:写真AC

建築士の仕事は、主に住宅やビルなどの建物の設計を描くことです。依頼者の予算や建物のイメージを聞くことから始まり、建築士のアイディアを提案しながら、要望を聞き入れた図面を作っていきます。

構造が決まったら材料や内装を決め、予算と依頼者のイメージにマッチした建物になるよう手配します。 施工後も現場に足を運び、設計通り進んでいるか確認する現場監督としての仕事を行います。 個人の事務所ではこれらの仕事を一人で行いますが、大手の事務所では構造設計、建物設計、意匠設計と担当を分けて作業を行います。

【男なら一度は憧れる】日本の芸術『社寺建築』を創造するスペシャリスト!宮大工体験!

建築士の年収、勤務体系、福利厚生


https://pixabay.com/

建築士は専門職であるため、比較的年収は高い職業です。

平均年収は、638万円ほどで、月収にすると43万円になります。建築士といっても勤める会社によって収入が異なり、大手だと500万円から800万円、中小事務所だと400万から600万円になります。 また、独立すると1000万から1500万と高い収入を得ることも可能になります。

建築士は、個人の能力次第で年収が大きく変わってくる仕事なので、実力次第で収入も大きくアップしますしやりがいも大きくなります。 仕事の形態はバラバラで、勤務時間は9時から18時までが基本ですが、依頼者のスケジュールに合わせた時間に打ちあわせをするのがほとんどです。

どの仕事にも繁忙期にはありがちですが、締め切り前は特に忙しくなるので、徹夜などもあるでしょう。 地方公務員として地方自治体の都市開発や建設部門で働くと、福利厚生や収入も安定したものになります。

建築士のメリット・デメリット

建築士のメリットはたくさんあります。まずものを作ることが好きな人は一生ものの仕事になりますし、一級建築士になると待遇もぐっとあがります。 信頼がつけば関係者からの評価も高くなり、転職をする上での武器にもなります。独立して開業することができるのも良ポイントです。

デメリットは、仕事に締め切りがあることです。順調に進んでいるときは良いのですが、やり直しになったときは精神的も肉体的にも追い詰められてしまいます。

建築士に向いている人・向いていない人


https://www.pakutaso.com/

どんな仕事にも向き・不向きがあります。建築士は科学的な知識や計算も必要になるので、理系分野が得意な人に向いています。 お客様や関係者と接する事が多いので、コミュニケーションが上手くとれる人が良いでしょう。工事現場ではひとつのミスが大事故につながる可能性もあるので、責任感や、ミスをした人をちゃんと指導できる能力も必要になります。

逆に不向きなのは、ものづくりが苦手な人や人の要望をくみ取るのが苦手な人などです。豊富な知識や美的センスも求められるので、勉強嫌いな人や理系が苦手な人にも向いていません。

建築士の将来性

建築士の将来性は、建築士としてどのフィールドで活躍したいかによって異なります。高い技術を持つことによって、将来的にも活躍する場が広がっていきます。最近はデザイナーズハウスを購入したいという人も多いため、正しい知識や技術と営業スキルがあれば、仕事に困ることはないでしょう。

建築士になるには


https://www.pakutaso.com/

建築士になるには、建築士の国家資格を取得する必要があります。

二級建築士は、大学や専門学校で建築に関わる勉強をした人が受験できますが、実務を経験していないと受験できません。短大や専門学校で建築を学んだ人は実務経験0~2年以上で、建築過程卒業であれば実務経験なしで受験できます。学歴がなくても実務経験があれば受験できますが、7年以上の実務経験が必須になるので、大学か専門学校で学ぶ方が近道になります。

一級建築士の受験資格は、4年制大学卒業に加え2年間の実務経験、又は2年制大学・2年制専門学校の卒業と4年間の実務経験、または2級建築士と4年間の実務経験で受験ができます。一級建築士ともなる都市圏の難易度は非常に高く、実務経験や学歴が足りていても製図試験などで落とされてしまうことが多いので、対策は必須になります。

建築士になる魅力


出典:写真AC

自分のアイデアやセンスを取りいれ、依頼者に満足してもらえるものが作れたときは大きな達成感があり、感動と喜びを味わうことのできる仕事です。 自分が手がけた家で家族の絆が生まれ、多くの人々が安心して暮らせるようになった姿を見ると、建築士になって良かったと心から思えることでしょう。

厳しい関門が待ち構えてはいますが、建築士に興味のある人はぜひチャレンジしてみてください。

【男なら一度は憧れる】日本の芸術『社寺建築』を創造するスペシャリスト!宮大工体験!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加