日帰りでもできる精神修行・滝行の魅力を紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

時折テレビなどで見かける「滝行」。

宗教的な儀式としての意味合いが強く、敷居が高いように感じられますが、実は日帰りでも体験できる精神修行なんです。最近は厄払いや煩悩払い、あるいは精神力や忍耐力をつけたいといった様々な理由から、滝行を行う人も増えています。

そんな滝行の魅力を紹介します。

滝行とは?

松本 一希さん(@matsukadu)がシェアした投稿

滝行は、水行と呼ばれることもあり、名前の通り滝に入って行う修行のことを指します。垢離のと呼ばれる修行の一種で、主に密教や修験道、或いは神道において用いられる修行になっています。頭上から強く水に打ち続けられる苦しさを超える修行である、といえるでしょう。

滝に入っている間は、経を唱え続けることになります。或いは精神統一をするために瞑目してじっとしていることもあります。特に冬場の寒い中に行うことが重要であるとされており、宗教的な儀式ではなく精神修行として行われることがほとんどです。

滝行に必要なもの

滝行をするには色々と準備が必要です。ただ滝で打たれるだけで良いようにも見えますが、守らなければならない神道の正しいやり方があります。

特に、行衣と呼ばれる白装束は必ず必要になります。滝行を体験させてくれるようなサービスを提供しているところでは、こうした服は基本的に用意されていますから、自分で用意する必要性はありません。ですが、下着は替えを用意していったほうがよいでしょう。

滝行の手順

滝行をするにはきちんとした手順があります。思い立ったらすぐ滝に入る、ということはできません。

まず、神道などの儀式の一環として身を清めます。このときに行衣を着ます。そして、滝に向かって礼をします。神事でもあるのですから、礼は欠かせないことになります。

その後、真言や祝詞を唱えることによって、さらに気を昂ぶらせて滝に打たれます。終わった後には体調を崩さないよう、焚き火やヒーターで体を温めましょう。あくまで滝行は打たれているときが修行であり、終わった後の寒さに耐える修行ではないので、すぐに温まっても問題ありません。

滝行に適した時期

拓也さん(@takuzoooo8)がシェアした投稿

基本的に滝行は冬にやってこそ、ということなっています。しかしそれはあくまで本格的な修行の話であり、滝行を体験するだけというのであれば暖かい時季でも問題はないでしょう。ちょっとした体験だけなら、夏でも春でも暖かい時期を選んでやることができます。

東京から日帰りで行ける滝行

しきたりが厳しく敷居が高いように思える滝行ですが、実は東京から日帰りで行くこともできるほど手軽なものがあります。主なものをいくつかご紹介したいと思います。

東京から行ける日帰りの滝行①

九頭龍神社

東京都西多摩郡檜原村にある神社であり、参加費用は5000円です。別途に賽銭として1000円と昼食代、入浴料金がかかります。アクセスはJR五日市線の武蔵五日市駅下車後、西東京バスの「数馬」バス停から徒歩5分程のところにあります。平日開催で予約は必須ではありません。

東京から行ける日帰りの滝行②

臼杵山天光寺

場所は東京都西多摩郡檜原村小沢にあり、費用は5000円です。日程には制限がなく、定員も特にありません。予約も不要になっています。アクセスはJR五日市線の武蔵五日市駅から西東京バス「数馬」行きに乗って、笹平で降りて徒歩約10分です。

東京から行ける日帰りの滝行③

高尾山薬王院

東京都八王子市高尾町にあり、費用は入瀧料を含めて3000円になります。開催日程は毎月第一土曜と17日と27日になります。定員はありませんが、事前に電話予約しておくことをお勧めします。アクセスは京王線の高尾山口駅より徒歩3分、またはケーブルカー清滝駅から高尾山駅を下車後徒歩約20分となっています。

滝行の魅力

宗教的な儀式の意味合いを持つ滝行ですが、精神を鍛えたいといった理由などから、特に宗教を持たない人でも滝行をするようになっています。一人でするのは敷居が高いという人でも、友達などとグループですることもできます。

複数人で滝行をすることで団結が強くなったり、同じ試練を乗り越えたという結束が生まれるでしょう。

精神的に身を清め、人生を一新したいという人にもおすすめできますし、自分を見つめ直して新しい気持ちで改めて人生を前に進めていきたいという人にも最適です。また、滝行をやったことがあるというのはちょっとした話のネタなどにもなります。

ただ水に打たれることに意味があるのかと思うかもしれませんが、滝行は精神修行のひとつとして確立されたものであり、自信を持つことにも繋がります。滝行をすることによって、自分自身の精神を一段も二段も強靭なものにすることができるでしょう。

自信や忍耐力をつけたいという人は、ぜひ一度滝行に行ってみてはどうでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するキーワードから探す