着物に合う伝統工芸品6選|バッグや傘などおすすめ品を紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

着物好きのライターが、全国の伝統工芸品の中から粋な伝統工芸品を6つ厳選。着物の着こなしは粋な小物で決まる。最高クラスの伝統工芸品から普段使いできる伝統工芸品を紹介します。

着物に合う伝統工芸①

別府竹細工のバッグ

別府竹細工は、大分県別府市でつくらている伝統工芸品です。室町時代から籠などが制作されていましたが、江戸時代に別府温泉が有名になると湯治客用に籠やザルなどの竹製品が売られるようになり、その後別府の竹細工は地場産業として有名になりました。

「網代編み」など気の遠くなるような手作業で行われる高度な編み方の技法で、伝統工芸品として高い評価を得ています。特に竹細工のバッグは上品で美しく、洋服にも着物にも合うと評判です。高度な技術の手作り品ですから当然高価ですが、しっかりとしたつくりは一生モノ。人気のあるバッグは、受注生産で半年待ちの品物もあります。

着物に合う伝統工芸②

丹後ちりめんの風呂敷

出典:【CHISO/千總】正絹風呂敷 檜扇 SOHYA TAS(ソウヤ タス)

1555年(弘治元年)創業の京友禅着物の老舗千總が、高い技術力を活かして開発した風呂敷は絹100%の丹後ちりめん使用しています。京友禅着物の老舗が作る風呂敷は、まさに着物に合う伝統的な工芸品です。

出典:【CHISO/千總】正絹風呂敷 檜扇 SOHYA TAS(ソウヤ タス)

風呂敷は安い商品もありますが、着物を着る方は正絹の良い風呂敷を一枚持っておくと重宝します。手捺染で幾枚もの型を使用し、多色多彩に染め上げた風呂敷風呂敷は色鮮やかで、発色も美しいものです。着物好きな方への贈り物にしてもいいですね。

着物に合う伝統工芸③

江戸からかみのうちわ

出典:東京松屋

からかみとは、ふすまや障子、屏風に張る装飾された和紙のこと。江戸の街で生まれた「江戸からかみ」まさに粋な柄です。江戸から続く伝統工芸品ですが、シックでおしゃれなので現代のモダンな住宅にもよく合います。その江戸からかみを使ったうちわは、しゃれた模様で粋な夏着物や上品なゆかたにピッタリです。

千鳥型のうちわは骨に90本もの竹材を使っていて、とてもしっかりしています。涼しげな模様も美しく、暑い夏にも涼を感じることができますね。着物でくつろぐときは、大人の本格的なうちわをつかってみてはいかがでしょう。着物姿がより色っぽくなるかもしれません。

着物に合う伝統工芸④

久留米絣の日傘

出典:心斎橋みや竹

久留米絣は、福岡県久留米市周辺でつくられている絣。綿でできていて藍染されています。紺と白で染め分けられた糸をつかって複雑な文様を織り上げ、日本三大絣の1つと言われています。

こちらの日傘は竹を利用したハンドルもとても上品で高級感があります。独特の絣模様は大量生産品とは一味違い、伝統工芸ならではの品を楽しむことができます。着物好きならば、夏場でもきっちり着物を着て、こんな日傘をさして涼しげにお出かけしてみたいですね。軽くて使い勝手もとてもよいそう。

着物に合う伝統工芸⑤

江戸つまみかんざし

東京都の伝統工芸品「江戸つまみかんざし」。羽二重をつかった製法で一人の職人で全行程をつくります。薄手の羽二重を裁断して染め、小さく切って、折りたたみ、のりの上に細かい細工を並べていきます。「丸つまみ」や「角つまみ」などの技法をを使い分け、美しい花びらのような細工を作り上げていきます。

MARIKOさん(@110_mari)がシェアした投稿

豪華なかんざしは、若い娘さんの振袖の髪飾りや結婚式の新婦の飾りにピッタリの華やかさです。

着物に合う伝統工芸⑥

こぎん刺しの袋物

こぎん刺しは、現在は手芸として日本中で人気がありますが、本来は青森県津軽地方の伝統工芸品。藍染の麻布に白い木綿で手刺ししていくもので、大変な労力が要します。ハガキ一枚でも一週間はかかる地道な作業です。

こぎん刺しの小物はシンプルで素朴なイメージですが、テイストによってとてもモダンな使い方もできます。信玄袋は着物にあわせて、ちょっとしたお出かけに小物を持ち歩くのに重宝しますね。こちらの信玄袋は、全面に刺繍がほどこされているので、とても手間のかかっているものです。伝統工芸ならではの手仕事の美しさの迫力に感動します。大切に使いたい逸品です。

着物を粋に引き立てる伝統工芸品

ご紹介した着物に合う伝統工芸品は、ほんの一部です。日本中にまだまだたくさんの伝統工芸品があり、着物にあわせて使えるものもたくさんあります。着物がお好きな方はご紹介したような伝統工芸品を着物に合わせてみてはいかがでしょう。量産品にはない魅力で、きっと使い続けられるお気に入りに出会うことができるでしょう。伝統工芸品と合わせることで、あなたの着物ライフをより充実したものにしましょう。

出典:茶堂

  • このエントリーをはてなブックマークに追加