トマトは果物?野菜?|フルーツトマトや旬の時期、栄養成分も紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トマトは果物?それとも野菜?

 トマトは野菜なのか果物なのか。これは、昔からよく議論になってきた疑問の1つです。 例えばアメリカでは、1893年に関税を巡ってこの問題が裁判にまで持ち込まれる事態となりました。新しく導入された制度では、野菜に10%の関税がかけられるのに対し、果物は無税だったからです。

実は、日本でも野菜と果物の定義ははっきりとしていません。 植物学的に見れば、一年生の草本類が野菜で、多年生の木本類が果物という分類になります。つまり、草の葉や茎、根などを食べるものが野菜で、木に生る果実を食べるものは果物ということです。

実際に、果物にもフルーツにも、その言葉には「果実」という意味があります。その点からいえば、果実であるトマトは果物というのが正解でしょう。

しかし、一方で農水省では、生産や流通などによってその定義は様々に異なるとしています。基本的には、草本類で生のまま副食として利用するものは野菜なので、トマトも野菜として扱われる場面が多くなります

一般的にも、料理に用いることの多いトマトは野菜とし捉えられていることが多いようです。最初に紹介したアメリカの裁判でも、その生活に根ざした感覚を根拠に、トマトは野菜であるという判決が最高裁で下されています。

フルーツトマトは果物なのか?


出典:写真AC

では、名前に「フルーツ」とついているフルーツトマトは果物なのでしょうか。 まず、そもそもフルーツトマト自体がトマトかどうかという点ですが、これはトマトの一種であることに間違いはありません。

では何が違うのかというと、フルーツトマトの最大の特徴はその糖度にあります。

通常のトマトが8〜10度程度であるのに対し、フルーツトマトは9〜12度。その数値は、メロン以上です。品種の違いではなく、育成のさいに水分や塩分を調節することで、このようなトマトを栽培することができるようになります。

つまり、フルーツという名前はその甘さに由来しているわけです。 あくまでトマトであることに変わりはありませんが、果物の定義に「甘いもの」という条件がつくのであれば、果物と見なすこともできるでしょう。

将来的にはトマトもメロンやスイカの仲間に?


photo by fto mizno

アメリカ、日本 野菜

フランス、台湾 果物

植物学の定義 果物

農林水産省の定義 果物(実を食べる野菜)

各国の国民性や植物学による定義など、さまざまな見方ができます。日本においては、果菜とよばれる、野菜の中でも葉を食べるのではなく、果実の部分を食べる野菜(ex. なす、きゅうり、ピーマン)に使われる表現があります。

ほかには、果実的野菜といった表現も存在し、メロン、スイカ、イチゴがこれにあたります。もしかしたら、将来トマトも果実的野菜になるときがあるかもしれません。

トマトが果物か野菜かで裁判沙汰に!


photo by Shigeyama

裁判の発端は、1893年のアメリカで輸入野菜に対する関税がかけられました。当時より、アメリカではよく食べられていたトマトを輸入業者している業者は、なんとか関税を避けることができないかと考えました。

そこで、輸入業者が思いついた内容が、トマトを果物として扱うことでした。関税は輸入野菜にはかけられていましたが、輸入果物にはかけられていませんでした。トマトを果物と主張した輸入業者に対して、行政機関は、トマトは野菜であると主張しました。両者の主張が裁判にまで発展したのです。

裁判では、植物学者も巻き込み、裁判官も判断に困りはてました。そして最高裁までトマトが野菜であるか果物であるかの論争は持ち越したのです。最終的に裁判所の判断は、「トマトは野菜である」といった判断でした。

最高裁判所の判断によって、トマトの果物か、野菜かの裁判は収束しました。最高裁判所の判断の理由は、「トマトは、野菜畑で育てられ、加えてデザートとして食べない」といったものでした。

現在でも、トマトは果物なのか、野菜なのか論争は続いていることから、100年以上前から人を悩ませている問題なのです。

果物みたいな野菜、トマトの旬はいつ?


出典:写真AC

トマトというと夏野菜のイメージがあるかもしれません。実際に、日本の露地栽培のものは、その多くが6〜8月に市場に出回っています。

しかし、トマトは本来であれば涼しく乾燥した地域で育つ植物です。日本で夏に収穫されるようになったのは、栽培が始まった当時はまだ設備がしっかりしておらず、春の種をまく時期に合わせていただけにすぎません。ですから、本来のトマトの旬は春から初夏にかけて、および秋ということになります。

この時期に太陽の光をたっぷり浴びて育ったトマトは、栄養も豊富で、糖度が高く、とても美味しいものとなります。まるで果物みたいな味を楽しむことができます。

品種は世界中で8,000種類以上を数え、日本でも農業の発展にともない、120種類ほどが栽培されるようになりました。 その種類は大きく分けると、食用と加工用に分けられます。

食用のものは皮が薄く透明で、甘味が強く香りが弱いのが特徴です。中でも果物みたいにジューシーなトマトは、皮からはじけ飛びそうな見た目です。

一方で、加工用の品種は酸味や香りが強く、赤い皮が厚くて煮崩れしにくいのが特徴です。ケチャップやホイールトマトなどに用いられています。 近年では、ミニトマトや黄色いトマト、グリーントマトなどもよく出回るようになりました。

京都の伝統野菜「山科なす」の歴史・特徴・レシピ

手作業で作られる津軽の伝統野菜・大鰐温泉もやし

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するキーワードから探す