からくり箱の歴史、構造、作り方|秘密に包まれた箱の面白さとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仕掛けられた一定の操作を行わないと開けることができないことから、は「秘密箱」とも呼ばれるからくり箱は箱根で造り続けられる伝統工芸品の1つです。箱根は京都の嵐山や鳥取の大山と並ぶほど樹木の種類が多いことで知られ、古くから寄木細工の生産が盛んでした。

江戸時代末期に寄木細工職人によって考案された秘密箱は、箱の蓋以外の板をスライドさせることで鍵が解かれるように作られています。からくり箱は秘密箱が進化したもので押す・揺らすなどの動作で鍵が解かれる構造となっています。

からくり箱のからくりを解く作業は、複雑なパズルを解くような楽しみがあることで人気があり、箱根の寄木細工で作られたからくり箱は、訪日外国人観光客の土産物として非常に人気の高い伝統工芸品の1つです。

からくり箱の歴史

からくり箱の元となる秘密箱は18世紀末には考案されたと伝えられています。世界中で生産され、宝石や高価などを安全に保管する目的で利用されていました。また19世紀半ばに発明された黄燐マッチの保管用としても子供のいたずら防止目的で利用され、広く普及していました。

国内では箱根の寄木細工職人が考案したと伝えられていますが、考案者には複数の名前が挙げられるため諸説ある状態だと言えます。開けるために複雑な手順が必要となる秘密箱やからくり箱は諸大名や藩重役、豪商や豪農への贈答品として用いられました。

明治時代から大正時代にかけてからくり箱は箱根の細木細工、寄木細工と共に盛んに欧米に輸出されました。輸出された一部は黄燐マッチの保管用として用いられたと考えられます。

からくり箱の構造

からくり箱のからくりは寄木細工に仕掛けられえた複雑な凹凸を利用して作られています。このためからくり箱の蓋を開けるためには、複雑な手順が必要となります。この手順を正確に行わなければからくり箱の蓋は開けられない構造になっています。

例えばスライド式の蓋を開けるために寄木細工で作られた側面の板を左右にスライドさせ、側面全体を下にスライドさせるなどの操作を行います。数回の操作で蓋を開けることができる簡単な構造のものから、からくり箱を開けるまでに、十数回の操作手順が必要となるものまで、からくり箱には幾つかの難易度が設定されています。

購入したからくり箱を開けることができなければ、せっかくの土産ものを楽しむことができませんから、からくり箱には取扱説明書として、からくり箱のからくりの解き方が付けられています。

どうしてもからくり箱を開けることができない場合は、からくり箱のからくりの解き方を見ながら開けることができますので、安心してプレゼントできます。

からくり箱の作り方

寄木細工を使用した本格的なからくりは、からくり箱に仕掛けられた複雑な凹凸がポイントとなっています。決められたとおりに、凹凸が揃わない限りからくり箱を開けることはできません。

からくりを仕掛けた箱に種木(たねぎ)呼ばれる、寄木細工をカンナで薄くスライスした「づく」と呼ばれる化粧板を貼り付けることで、木の継ぎ目を隠し目立たないように加工します。

母材の凹凸でからくり箱のからくりを仕掛け、母材の継ぎ目を目立たないように仕上げることで、寄木細工で作られたからくり箱は、一見からくりが仕掛けられているようには、見えないのが特徴的だといえます。

【お弁当の名脇役】曲げわっぱの弁当箱|お弁当が3割増で美味しくなる秘密とは

春日部で桐箪笥職人と桐箱制作体験

【お弁当の名脇役】曲げわっぱの弁当箱|お弁当が3割増で美味しくなる秘密とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加