吉祥文様の種類8選|様々な願い思いが込められた文様の数々

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

吉祥文様とは?

 日本では古くから、着物や工芸品に様々な文様があしらわれてきました。吉祥文様は、その中でもとりわけ縁起が良いものとされています。 文様ははじめ大陸から伝わってきたため、その図案も龍や鳳凰、松竹梅、四君子といった中国の文化を色濃く残していました。

しかし、平安時代になると遣唐使が廃止され、それにつれて、橘や藤、扇、熨斗などの日本らしい図案が、貴族の間で有職文様として定着します。

やがて鎌倉時代になると武家に、江戸時代になると庶民にも多く用いられるようになり、様々な図柄が発案されていきました。 その中で吉祥文様は、繁栄や長寿を表すものとして、様々なお祝い事の品物や日用品に広まっていったのです。

吉祥文様の種類①

麻の葉文様


出典:写真AC

正六角形の内側に、6つの菱形が放射状に広がる幾何学的な模様です。見た目が麻の葉に似ていることから名づけられました。 麻は成長が早く、繊維が通気性に優れ、江戸時代以前は衣類として最も広く使用されていた素材です。他にも食用にできるなど、人々の生活にはとても密着した植物でした。

神事では、お祓いに用いられる大幣にも用いられています。 その影響もあり、麻の葉文様は魔除けの吉祥文様として、平安時代には仏像の装飾に、鎌倉時代から室町時代にかけては繍仏に多く見られるようになります。

さらに江戸時代には、歌舞伎役者の岩井半四郎が八百屋お七役、嵐璃寛がお染役で麻の葉文様をあしらった衣装を着用していました。以来、町娘役には定番の文様となって、若い女性たちの間でも大流行しました。

また、麻は虫もつかず強くまっすぐ育つことから、赤ん坊の成長を願って産着にも多く用いられました。 現在でも、着物や帯、襦袢をはじめ、工芸品や建具にまで広く見られる吉祥文様です。

吉祥文様の種類②

紗綾形


出典:写真AC

「卍」を菱形にゆがめ、文字同士を迷路のように繋いだものが吉祥文様です。万字繋ぎ一種で、「菱万字」ともいいます。 インドでは卍の形は太陽をあらわしたものともいわれ、古くからヒンドゥー教や仏教で用いられてきました。 日本では名物裂に多くあることから、明の頃に伝わったと考えられています。

安土桃山時代には、染織品として広く用いられるようになりました。 卍の字がどこまでも途切れずつながっていることから、家の繁栄や長寿を願う不断長久の吉祥文様として扱われています。 紗綾というのは、江戸時代の前後に中国から輸入していた四枚綾の絹織物のことです。その文様に多く用いられていたため、この名がつきました。

光の具合や見る角度によって陰影が変わるのが特徴で、江戸時代には紗綾形に菊や蘭をあしらった「本紋」の綸子もさかんに作られるようになります。

唐紙や神社などにも見られ、黄檗山万福寺の各所に施された「くずし卍」の装飾は有名です。現代では、時代劇や演芸番組のふすまなどでもおなじみです。 

日本の”粋”な伝統工芸を集めた「伝統工芸品」の記事一覧

洋服にも合うオーダーメイドの下駄・鼻緒すげ体験

【シチュエーション別】着物の種類を紹介

【着物にも使われる絹の一種】紬(つむぎ)の魅力|紬の着物を着る意味とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するキーワードから探す