2018年の夏至はいつ?|夏至に行う昔ながらの風習とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年の夏至の日

2018年の夏至の日は6月21日木曜日です。

夏至とは


出典:写真AC

夏至というのはいつからいつまでのことを指しているのかというと、実は季節を指している言葉ではありません。1年を通して(日本では)1番日照時間(昼)が長くなる日を特定して指しています。そしてこの夏至というのはいつ来るのかという計算は、二十四節気を配置する「定期法」という方式で行われています。

この計算式を使えば数十年後の夏至がいつになるかまで計算することが出来ます。 世界中で毎年6月20日前後の時期には、地球の北半球において日の出から日没までの時間が最も長くなります。一方南半球ではこの時期は日の出から日没までの時間が短くなります。

日本の夏至の日照時間は、高緯度に位置する北海道では16時間40分ほどで、低緯度に位置する沖縄では13時間50分とされています。ちなみに地球の北緯66.6度以上北に位置する北極圏全域でいつまででも太陽が沈まない白夜となり、南緯66.6度以南の南極全域では極夜といい、日中でも薄暗い状況もしくは真っ暗な状態が続きます。

また、日本では夏至を迎えるころは梅雨の真っただ中であると同時に、夏至から数えて11日目までの半夏生の間は農作業が一番忙しい時期ということでも知られています。そのため、夏至に開かれるお祭りや風習は他の季節程多くは無いという特徴があります。

【なぜお彼岸があるの?】秋分の日の魅力やお彼岸の習慣がある理由

夏に食べたい山形の郷土料理「だし」のかんたんレシピ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するキーワードから探す