【奥ゆかしい】知っておきたい言葉の意味や使い方|例文も紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「あの奥さんはいつもご主人を立てていて、自分は陰ながらサポートに徹している奥ゆかしい女性だ」というようなときに用いられる、「奥ゆかしい」という言葉をご存知でしょうか。

日常会話でも良く使われる言葉ではあるものの、本来の意味とは若干異なる内容で使っていることも多い単語ですので、一度きちんと確認しておいた方がよいです。こちらでは、奥ゆかしいという言葉の意味や由来、使い方などを紹介します。

奥ゆかしいの意味


出典:写真AC

「奥ゆかしい」という言葉の意味は大きく分けて2つあります。まず、奥深さや品性が感じられて慕わしい、心遣いや気配りが行き届いているといった意味があります。あまり表だって自己主張をしない様子から、慎み深さや上品さというニュアンスが加えられたものです。

また、ここから一歩進んで、心がひかれて、さらに深く知りたいという意味もあります。現在では前者の使い方で奥ゆかしいという言葉を用いるケースがほとんどですが、本来奥ゆかしいという言葉は、奥に行きたい、つまりもっと先に進みたいという言葉の成り立ちになっていますので、後者の意味が語源に近いといえます。

なお、「奥床しい」と漢字で表記することもありますが、これは読みにあてはめた感じであり、本来は奥ゆかしいとひらがなで表記します。

奥ゆかしいの語源

奥ゆかしいという言葉の語源は古く、どちらの意味であっても平安時代の文学作品にまでさかのぼります。品がある女性という意味で使われているのは、「源氏物語」の「賢木」の章に見られ、もっと知りたいという意味で使われているのは、「大鏡」の一文です。

いずれも平安時代を代表する小説、歴史物語ですが、当時すでに知りたい、興味があるという意味の「ゆかし」という言葉が使われていたことを見ても、より控えめで慎みを感じられる言葉であることが分かります。

奥ゆかしいを使う場面


出典:写真AC

奥ゆかしいという言葉自体は、女性に用いることがほとんどです。特に上品さや気づかいなどを称賛するときにはそれが顕著です。

例えば、「あの女性は社外から戻った人にはいつも黙っておしぼりとお茶を差し出してくれる。わざわざ声をかけることもせず、奥ゆかしい行動だ」というように、周囲にアピールせずに見せる心配りがこの言葉に該当します。

一方、人だけでなく、より興味を引き立てるものに対して用いることもあります。例えば、「この陶器は他の産地では見られない色合いが非常に素晴らしい。いつまで眺めていても飽きない奥ゆかしさがある」というように、興味をよりかき立てる対象に用いることも可能です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するキーワードから探す