【アスリートは食べるべし!】大根おろしで味わう「からみ餅」の効用を紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

からみ餅とは

からみ餅は一般的にはつきたての餅に大根おろしとしょうゆを絡めたものをいいますかつお節や海苔、唐辛子ねぎなどを加えることもあり、「おろし」と呼ばれることもあります

地方によってはからみ餅はかつて赤ちゃんの歯固めとしても用いられていたといわれています

からみ餅の効用


出典:ぱくぱく献立くん

餅は雑煮などで正月に食べることが多い食べ物ですが激しい運動を行うアスリートにとっては絶好のエネルギー源といえます餅には運動中のエネルギー源となる糖質が豊富に含まれていて同じ100gで比較した場合白米の糖質が37.1gに対し餅には50.3gもの糖質が含まれています

つまり餅のほうが実に35%も多くの糖質を含んでいるのです中でもマラソンやトライアスロンといった持久力が必要となる競技においては効率的な糖質の摂取が重要なので餅は効率的にエネルギーを補給できる食材といえます

また陸上の短距離種目や幅跳びウエイトリフティングといった瞬発力や大きな筋力を必要とする競技でも適度な糖質は欠かすことのできない栄養素ですこうした短時間で行われる競技でも同じ動作を繰り返し続けるにはエネルギー源として糖質が必要になるからです

しかしながら実際の試合前になると緊張して食べ物が喉を通らなくなるというアスリートも見かけられますそんな時おすすめなのがからみ餅ですご飯を茶碗1杯は食べられなくても餅なら食べられるという方は少なくありません

特にからみ餅の大根おろしはデンプンを分解するアミラーゼという消化酵素が多く含まれているので消化を助けより早くエネルギーに変えることができます

一方普段の食生活では餅には多くの糖質が含まれまたあんこや砂糖醤油といった甘いものとの組み合わせが多いためカロリーの過剰摂取や血糖値の急激な上昇を招きますが大根おろしであれば100gで18kcal程度のエネルギーなのでカロリーの過剰摂取を抑制できます

加えて大根おろしには食物繊維が豊富に含まれているので血糖値の急激な上昇も抑えられますまた大根おろしに含まれるイソチオシアネートという辛味成分は血液をサラサラにしたり抗酸化作用もあるので美肌効果が期待できます

このイソチオシアネートは大根をおろしたときに作られ加熱すると壊れてしまう成分なのでイソチオシアネートを摂取するにはからみ餅は最適といえるでしょう

からみ餅の作り方


出典:株式会社うさぎもち

からみ餅の作り方は簡単です家庭で手軽に作るにはまずラップをかけた餅を電子レンジで加熱しますこのとき餅が溶けてしまわないよう加熱しすぎに注意しましょう

そこへすりおろした大根と醤油お好みで青ネギやかつお節を絡め七味唐辛子を振ってからみ餅のできあがりです辛いものが苦手な場合は七味の代わりに砂糖を使ったり醤油の代わりにポン酢や白だしを使ってもよいでしょう

元祖からみ餅のお店を紹介


出典:静岡新聞

静岡県静岡市葵区弥勒には名物の安倍川もち」を売る店が軒を連ねています安倍川もちは餅にきな粉をまぶしたものですがかつては砂糖が貴重で駿河特産の白砂糖を乗せたことで評判となりました

この安倍川もちを売る店の中に文化元年1804年創業の石部屋せきべや)がありますもちろん安倍川もちも提供されていますがからみ餅も名物として知られています

石部屋のからみ餅はもともと酒の肴として提供されていたもので大根おろしではなく静岡名産の生山葵と醤油を絡めて頂きます現在は酒は提供されておらず持ち帰りの商品もありませんがこの味目当てで訪れる客も絶えない逸品となっています

日本各地の”粋”なお土産を紹介「お土産・特産品」の記事一覧

朝食のメニューにも最適なからみ餅

いかがでしたでしょうか。このように雑煮や甘い味付け以外で家庭で手軽に作るにはからみ餅は最適です消化が良くエネルギーに変わりやすく体温を上げる効果もあるのでスポーツ以外でも朝食のメニューなどにしてみてはいかがでしょうか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するキーワードから探す