「雀の涙(すずめのなみだ)」の意味や使い方|どうして雀なの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「財布の中身は雀の涙ほどです。」というような言い回しを聞いたことがありますか?何処と無く可愛らしい雰囲気を持つ言葉ですが、「雀の涙」とは一体どういう意味なんでしょうか?

注目すべきは、雀が涙を流していて愛らしい!・・・という事ではなく、雀が流す涙とはどのようなものなのかという事です。涙と付いていますが、文脈からあまり感情には関係無さそうな言葉だということはわかるはずです。

雀の涙の意味


出典:ぱくたそ

雀の涙とは、僅かな量しか無いものの事を指します。つまり、雀の涙ほどの財布の中身とは、お金があまり入っていないような状態の事です。小銭がバラバラと入っているようなイメージですね。言葉の意味を知ると、すごく可愛らしい語感に反して哀愁が漂ってきます。

ちなみに、鬼の目にも涙など、「涙」が入っている言葉はたくさんありますが、「雀の涙」は感情とは無関係の言葉です。(鬼の目にも涙は、どんなに冷酷無比な人でも時に心が動かされるという意味です。)

雀の涙の由来・言葉の背景

雀の涙という言葉は、何が由来となっているのでしょうか?ところで雀ってすごく小さい鳥ですよね。そんな小さな鳥が流す涙はほんのちょっとの量しか流れません。これがこの言葉の由来になっています。

ちなみに「スズメ」という名前自体にも意味があるようです。雀の「すず」とは、少ない量を示す「ささ」という言葉が転じたものだとされています。「め」は鳥の事を指す言葉だそうです。つまり、雀自体も小さい鳥という意味があったのです! 

雀の涙の例文


出典:フォト蔵

では、雀の涙とは一体どのような場面で使われるのでしょうか?意味の説明でも述べた通り、雀の涙は物の量を指す言葉なので、なんとなく数を言い表したい時に使います。 例えば、「他の同級生たちと比べて、僕は雀の涙ほどのお給料」という風に使うことができます。

これの意味は、他の人に比べると、僕は僅かしか給料をもらっていない、という意味になります。今まではお金の量を例に出しましたが、他にも「雀の涙ほどの優しさ」というような使い方もできます。これは、直訳するとごく僅かな優しさはあるという感じですが、意味は全然優しく無いということになります。

マイナスの意味で使うことの方が多い言葉ですが、僅かな量しかないものが理想ならばプラスの意味でも勿論使うことができます。例えば、「我が県は、雀の涙ほどしか交通事故が起きていない」と使うことができます。この言葉は、僅かな量しか交通事故が起きていないという意味になります。

しかし、例えば財布の中身が0円の時など、全く物の量が無い時には使えませんので注意してください!

日本人なら知っておきたい国語の知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するキーワードから探す