「揚げ足を取る」の意味と由来│例文や類義語も紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

揚げ足を取る

【読み方】あげあしをとる

【意味】 相手の言葉尻や、些細なミスなどをあげつらって、相手を責め立てること

【類義語】重箱の隅をつつく、言葉尻をとらえる、ケチをつける、欠点をあげつらう

【対義語】助け舟を出す、知恵を貸す、救いの手を差し伸べる

【例文】 上司に揚げ足を取られた。些細なミスをここまで指摘するなんて、余裕のない人だ。

揚げ足を取るとは?

日々の生活の中で何気なく使っている日本語。その中でも、よく使うのだけど、何となくこんな意味なんだろうな、という思いながら使っている言葉は実は結構あるものです。

次のようなフレーズを皆さんは見たり聞いたりしたことはないでしょうか?

「彼の発言は、兎に角何かにつけて、他人の揚げ足を取ろうとして必死の様子が伺えるね。」

何となく場面が浮かんできそうな話です。ではこの「揚げ足を取る」という言葉はどのような意味があるのでしょうか?この記事では、揚げ足を取るという言葉の意味や由来、類義語、英訳などについて紹介していきます。

揚げ足を取るの意味


出典:写真AC

揚げ足を取るという言葉は、相手の言葉尻や、些細なミスなどをあげつらったりして相手を責め立てることを意味します。あまりいい意味ではありませんね。

こんな光景、私達が社会生活を送っていく上でもよく目にするものですよね。新聞やテレビなどでもよく見る言葉ではないでしょうか。

揚げ足を取るの由来


出典:写真AC

では皆さんもよく使われる「揚げ足を取る」は一体どのような由来があるのでしょうか。

「揚げ足を取る」という言葉の中の「揚げ足」は、柔道や相撲などで対戦相手が技を仕掛けようとして揚げる足を指しています。

相手が足を揚げたところで、逆にその揚げた足を取って相手を倒してしまうことをからこの言葉は生まれています。相手の失敗をなじったり、皮肉を言ったりして、相手を責め立てるという例えの表現になっていきます。

日本人なら知っておきたい国語の知識「国語」の記事一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するキーワードから探す