「明鏡止水(めいきょうしすい)」の意味と由来|例文も紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「あと少しで優勝できるという欲が出てきたら、集中力が途切れて負けてしまった。次の機会には、明鏡止水の心境ですべての試合に挑みたい」などのように使われる、「明鏡止水」という言葉をご存知でしょうか。

この言葉は耳にすることも多く、漠然としたイメージを持っている人も少なくありませんが、正確な意味については案外知らない人もいます。

そこで、こちらでは、明鏡止水の意味や由来、使い方などについてご紹介していきます。

明鏡止水の意味とは?


出典:ぱくたそ

明鏡止水という言葉の意味は、「鏡のように明らかで穢れがなく、水が止まっているように静かである」というものです。

つまり、明鏡止水は単に邪心や悪意がないというだけではなく、静かで落ち着いているというだけでもありません。

例えば、気持ちが澄み切っている人でも焦りや戸惑いがあれば明鏡止水とは言えませんし、同様に、冷静沈着な人物でも、そこに欲があればこの言葉は使えないのです。

明鏡というのは曇りや汚れがついていない澄んだ状態の鏡のことで、止水というのは波紋や流れなどの動きが見られない、静止している水のことです。

明鏡止水の由来は中国からきていた!


出典:ぱくたそ

明鏡止水という言葉の由来は、2つの話から成り立っています。

出典は同じで、「荘子」の「徳充符」に「明鏡」「止水」の二つの話が見られます。

「明鏡」の方は立場の異なる二人の人物が同じ師から学んでおり、一方が見下した発言をしたときに、もう一方が「素晴らしい人に長く師事していれば、鏡の曇りが取れるようによこしまな気持ちは消えていく」と反論したという話です。

一方、「止水」は刑を受けた人物の元に多くの弟子が来るという状況について、孔子が「止水のように穏やかな人は周りにも安らぎを与えてくれるため、人が集まりやすい」と説明したという話です。

明鏡止水の使いかたを例文とともに紹介


出典:ぱくたそ

そのため、ほとんどの場合において、この言葉の後に「心」や「心境」などを添えて用います。

例えば、「今回大役を仰せつかったため、明鏡止水の心境で臨むつもりです」などのように、自分の目標や理想として用いることも少なくありません。

他にも、「どんな困難があっても明鏡止水の心で取り組む」や「彼はいつも明鏡止水で仕事に取り組んでいる」などもあります。

また、明鏡止水を鏡や水そのものとして使うこともあります。

例えば、「あの人は誰からも慕われているが、まるで明鏡止水のような人間性なのだから無理もない」といった使い方をするときなどが該当します。

どの四字熟語にも、由来があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するキーワードから探す