【一反は何m?】現代でも使われる、長さを表す単位「一反」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

七五三や成人式や結婚式などの、晴れ舞台に欠かせない着物。今でこそ冠婚葬祭などの、行事の際にしか着られなくなりましたが、昭和の初頭までは着物が普段着として着られていました。

われわれ日本人にとって馴染み深い着物ですが、着物の単位として用いられているのが反です。

着物のことを反物といいますが、その呼び方は実はこの単位からきているのです。

「一反」はどれくらいの長さを指すのかといいますと、幅が36センチ、長さは12メートルもあります。

このように十分な長さがあったので、江戸時代には大人物の着物が着られなくなると、子供用に仕立て直し、それが着られなくなれば、赤子のいる家ならおしめにしたり、そうでなければ雑巾にしたりと、余すとこなく着物を再利用して使っていたのです。

一反はいつから着物の単位として使われているのか


出典:写真AC

着物の単位として知られている反は、一体いつから使われるようになったのか知っていますか?

答えは江戸時代からです。江戸時代に庶民や武士などを中心に着られていた小袖に、必要な幅や長さを一反と決めたのがはじまりです。

また時代の変遷により、一反の幅や長さは変化していきました。

また「反」の他に着物を含む織物単位として「疋」、「段」、「端」の3つがあります。これらの単位は、それぞれ織物によって使い分けられています。

「疋」は絹織物、「段」と「端」は麻織物に使われており、また「反」は「疋」と同様絹織物を指す単位ですが、長さは疋の半分となっています。このように着物の単位は疋や段、端、そして反の4つがあり、それらの単位は織物に応じて使い分けられてきたのです。

一反分の着物に生地を作るのに必要な糸の長さと繭の量

前述したように、一反は幅が36センチ、長さは12メートルと説明しました。12メートルの長さに及ぶ、絹織物を織るのに糸はかなり多い糸が必要です。一反の絹織物を織るためには、糸の長さは少なくとも3900000メートルは必要になります。

一反の着物1つを織るために、これだけの糸が使われています。そして絹織物に使われている糸には、蚕の吐き出した繭が使われており、繭の長さは1つあたり1300メートルほどなので、繭が3000個も使われていることになります。さらにその繭を乾燥させて煮て縒って糸にします。

このようにして生糸ができ、一反の着物ができるのです。着物は糸ひとつとっても、これだけの手間暇を掛けて作られているのです。

細い繭の糸で紡ぐ、結城紬

ここではそんな繭を糸として、ふんだんに使った着物を1つ紹介してます。その紹介したい着物とは結城紬です。結城紬は大島紬や牛首紬と合わせて三大紬と呼ばれる最高級の着物で、またユネスコ無形文化遺産と重要無形文化財にも登録されているため大変人気があります。

そんな結城紬の特徴は、繭を手で紡いで作られる真綿という細い糸を使っていることです。真綿は煮て柔らかくなった繭を、手で紡ぐことで軽やかな心地よいぬくもりを生み出すため、最高級の糸と言われています。ちなみにこの繭を紡いで、一反の着物分の真綿を作る作業に60日も要します。

繭を3000個を用意するのは、時間も労力も必要です。繭から真綿を作る作業に、60日と果てしない時間をかけて結城紬は作られているのです。結城紬は、使えば使うほどに光沢が増し味わい深いものになっていきます。結城紬を使っているので、着れば着るほど味わい深く美しさが増します。味わい深さと美しさが、着物ならではの魅力といえるでしょう。

結城紬の名刺入れを作りませんか?

日本の民族衣装といえる着物の魅力


出典:写真AC

ここまで着物の単位である一反や、着物の魅力について紹介してまいりました。近年、着物を着る機会というのはあまりなく、成人式や七五三、成人式など人生の節目に着る人ほとんどです。しかし、着物は日本が誇るべき素晴らしい魅力を持った民族衣装といえます。

絹で作られた一反の着物は、糸ひとつ作るのにも大変な時間や手間暇を掛けています。江戸時代の人々は、着物が手間暇をかけて作られたことを知っていたのでしょう。着物を大切にして、手を変え品を変え余すことなく再利用していました。

着物は大切に取り扱えば、何年でも何十年でも着ることができます。さらに使えば使うほど味わいのあるものになります。このように、着物にはいろいろな魅力があるのです。ぜひこの機会に着物の魅力を再確認してください。

日本の織物・染物の魅力がつまった、織物染物の記事一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するキーワードから探す