【お彼岸参りにはどんな意味が?】お彼岸のさまざまな風習を解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

毎年春と秋の時期に、スーパーなどに落雁やおはぎなどが並ぶのを見かけませんか?この時期は「お彼岸」と呼ばれ、先祖の墓参りをする風習があります。「お彼岸」の意味やルーツ、時期、お供え物など、お彼岸のあれこれをまとめて紹介します。

お彼岸とは?時期はいつ?


出典:写真AC

お彼岸とは雑節のひとつで1年を24等分した二十四節気や季節の節目の行事を行う五節句よりも、さらに季節の移り変わりをより的確に把握するために、暦に定められている暦日ですお彼岸の期間は、春は3月の春分の日」と、秋は9月の秋分の日」の年2回ありそれぞれ前後3日間7日間のことをいいます

最初の日を彼岸の入り」、終わりの日を彼岸明け」といい春分の日と秋分の日は中日」といいます期間は毎年変わりますが3月と9月の中旬過ぎが目安となります

また、春のお彼岸の頃は冬が終わり秋のお彼岸は夏が終わって過ごしやすく、お墓参りがやすい時期でもあります

お彼岸の意味・由来


出典:写真AC

お彼岸の彼岸」は仏教用語でもともと煩悩を脱した悟りの境地のことを指します仏教では私たちが暮らしている迷いや煩悩に満ちたこの世」の世界を「此岸(しがん)」といい修行によって迷いを脱し此岸を渡りきった悟りの境地が彼岸なのです

このためお彼岸は極楽浄土に思いを馳せ悟りの境地に近づくための修行の期間という意味合いもありますまたお彼岸は仏教が発祥したインドなどではみられない日本独特の行事です。

仏教が伝来した後でも神道にまつわる行事が行われていたため太陽を神として信仰する神道と日願であるお彼岸を結び付けやすかったからだと考えられます

また農耕民族であった日本人には春の豊作の祈願や秋の収穫の感謝の風習があり同じ時期のお彼岸も結びつきやすいものだったと思われます

お彼岸にお参りをする


出典:写真AC

仏教において彼岸は西此岸は東にあるとされ春と秋のお彼岸の時期は太陽が真東から昇り真西へ沈みますこのためあの世とこの世が通じやすくなると考えられて先祖供養のためにお墓参りをする風習が生まれました

お彼岸のお墓参りには特別な作法はありませんがまずご先祖様に感謝を込めて手を合わせお参りしその後お墓の掃除をし、墓石に打ち水をして花立てに生花を添え菓子や果物などを供えてからろうそくと線香を手向けるのが一般的です

お墓参りはお彼岸の期間中であればいつ行ってもかまいませんが通常は午前中がよいとされています

お彼岸に行われる法会・彼岸会について

彼岸会は単に彼岸ともいわれ春分と秋分の前後1週間に行われる法会のことを指します聖徳太子の時代に始まったと伝えられ平安時代初期になると朝廷で行われるようになり江戸時代には年中行事化されたとされています

一般の仏教信者はこの期間に、お寺まいりやお墓まいりをするのが習慣となり日本独特のお彼岸の風習の基本となりました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するキーワードから探す