【葦簀って、読めない?】意外と知らない「簾」と「葦簀」の違い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子供のころ遊びに行ったおばあちゃんの家にあった、熱い縁側の日差しを防いでくれる簾(すだれ)の涼。

ガレージにかかる葦簀(よしず)の落とす夏の影。どちらも機能性抜群なのに、どこか懐かしい雰囲気を感じさせます。そんな簾と葦簀の違いを解説します。

簾と葦簀の違いとは


出典:写真AC

簾と葦簀の違いは、素材とサイズです。簾(すだれ)は、細い竹を編みこんで作られています。サイズは大小色々ですが、窓を1~2枚覆うのが目的になっています。

平安時代の貴族の屋敷では、室内の目隠しに簾を装飾した「御簾」を使っていました。現代でも日よけや虫よけの他に、和テイストの装飾品として活用されています。

葦簀(よしず)は、植物の葦(あし)で作られています。葦という言葉の響きは、「悪し(あし)」と同じで、縁起が良くありません。そこから「良し(よし)」に通じる「よしず」という名称が作られました。

葦簀は玄関先など広い場所に使う大型サイズで、ベランダ全体を覆うこともできます。サイズは全てが180cm幅で、高さだけが違います。高さは30cm単位で、180cm、270cmなど、細かく区分されています。

簾の用途・メリット

Fumikaさん(@kiritori_sen)がシェアした投稿

簾は日よけ・虫よけ・目隠しを目的に、軒先や窓枠など、室内外のどこかに吊るして使います。万葉集にも見られるほど、歴史の長い生活用品です。清少納言の「香炉峰(こうろほう)の雪は簾をかかげて見る」は、御簾をかかげて庭の雪を眺める風情を表現しています。

簾のメリットは、葦簀に比べて小型なので、好みの場所に移動しやすいことです。窓やベランダなど、狭い場所を日よけするのに向いています。簾を吊るせるところがあれば、室内の目隠しや仕切りに使うこともできます。簾は軽いため、吊るす道具を選ばないのもメリットです。

簾を吊るしたい場所にレールなどがない場合は、粘着フックなど簡単な道具をつけるだけで設置できます。簾用の巻き上げ機をつけると、使っていない時に巻き上げ収納ができるため、さらに便利です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するキーワードから探す