日本の手仕事や民芸の魅力を伝える「日本民藝館」を紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本民藝館とは?


出典:日本民藝館

 

日本民藝館には伝統的工芸品が展示されていますこの日本民藝館は民芸運動の提案者であった柳宗悦によって創設されたものであり本館と西館があります

魅力といえるのが民芸品それも朝鮮半島の白磁や染付けや朝鮮民画などが多くある点ですそもそも柳宗悦が民衆が使う工芸品に魅力を見出したきっかけなったのが朝鮮美術であったことから朝鮮関係の工芸品が多くなっています

日本民藝館の開館時間は10時17時であり最終入館は16時30分までとなっています休館日は毎週月曜日となっています月曜日が祝日であれば翌日休館になります

アクセスは電車であれば、京王井の頭線の駒場東大前駅から西口から徒歩7分。或いは小田急線の東北沢駅東口から徒歩15分です。

バスであれば、渋谷駅西口バス乗り場より渋55系統、代々木上原で下車して、徒歩8分になります。

建てられた目的、柳宗悦とは

柳宗悦 出典:Wikimedia Commons

日本民藝館は名前の通り民芸品の美しさを周知させるという目的で作られたものになります

日本民藝館は、「民藝という今でこそ普及している美意識ではありますが当時はまだ芸術と認められていないものを、新しい美の概念として周知させるためそして、「美の生活化」を目指していた民藝運動の本拠地となるべく建てられた施設になっています

日本民藝館でできること

日本民藝館のメインは展示になりますいくつかの展示があり、特別展と併設展と関連企画そして日本民藝館展になります

それぞれ時期が異なることもありますし、同時に行われていることもありますもし日本民藝館にいくのであれば今は何が展示されているのかを確認してみてください

日本民藝館では展示されているものを観賞することがメインの楽しみ方になります

公募展の紹介

takamyさん(@takamy03)がシェアした投稿

日本民藝館では公募展があります出品基準となっているのが用に即し繰り返しつくり得る製品」となっています

つまりは実用性があるような陶磁とか染織或いは木工などに至るまで幅広い美を見出すことができるものなっています

公募ですから入選なり準入選といった形で賞することになります

優秀作には日本民藝館賞というのが贈られ、毎年200人を超える人数の職人作り手からの応募がなされています。そのため、民芸の世界においてはかなり重要視されている公募展になっています

審査員は館長をはじめとした現役の芸術家陶芸家染め職人などであり本格的に民芸としての価値観で審査をしてもらうことができるようになっています

日本民藝館の魅力

日本民藝館は日本独自の民芸という用の美を堪能することができる施設であり様々な民芸品の企画展や全国の民芸品の職人から受け付ける公募展もやっています

日本民藝館は、民芸品に美意識を見出して、それを展示している貴重な美術館博物館であるといえるでしょう観光としても勉強ともしてもメリットがありその価値があります

民芸品は使う人にとっては暮しに役立つ具体的な利用の価値がある道具であると同時に、そこに芸術を擁しているのです。

美しいとは何かということを再認識するためにも、ぜひ一度行ってみる価値があるといえるでしょう日本人のみならず外国人観光客にも日本文化を知ってもらうために良い施設となっています

 

日本民藝館を作った民芸の父・柳宗悦

民藝運動の父・柳宗悦|日本に民藝を生んだ男

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するキーワードから探す