張り子の虎の意味│発祥やことわざ、端午の節句に飾る理由も解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

張り子の虎

【読み方】はりこのとら

【意味】 首を縦に振る癖のある人を揶揄するのに使われる。

 転じて、外見だけで中身が伴わないこと。

【類義語】見かけ倒し、張りぼて、羊頭狗肉、羊質虎皮

【対義語】文質彬彬

【例文】 彼みたいな張り子の虎を部長に任命するのは間違いだ。

ことわざとしての張り子の虎、伝統工芸品としての張り子の虎

「彼みたいな張り子の虎を部長に任命するのは間違いだ」というような使い方をされる「張り子の虎」ということわざをご存知でしょうか。

張り子というと張り子の犬を想像される方が多いかもしれませんが、実は「張り子の虎」という言葉にはことわざとしての使い方もあるんです。あまり頻繁に使う言葉ではありませんが、その類義語にはみなさんがよく知っている言葉もあります。

また、伝統工芸品としての張り子は日本独自の技術と思われがちですが、実際は全く違うところが発祥だということをご存知でしたか?

張り子という造形技法には、実はあまり知られていない歴史や風習などがたくさんあるんです。

この記事では、ことわざとしての「張り子の虎」の意味や例文、類義語、伝統工芸としての「張り子」について見ていきます。

世界の伝統工芸技法「張り子」とは?


出典:写真AC

「張り子」とは木や竹を使って骨組みを作って、粘土や紙を貼り付けて人形のようなものを作る造形技法のことです。しっかりとした見た目の割に、中は空洞になっているのが特徴です。したがって、見た目に反してそれほど重くない作品も多くあります。

張り子は日本特有の技法と思われていることも多いのですが、実際は2世紀に中国で始まったと言われていて、その後ヨーロッパやアジアに広まったとされる説が有力です。

現在でも、イタリアの祭りで使われている仮装用マスクは張り子の技術を用いて作られています。

張り子の文化が日本に入ってきたのは平安時代で、現在では日本全土に普及して「赤べこ」や「だるま」、「起き上がりこぼし」などは郷土土産として人気を博しています。

張り子の虎の意味


出典:写真AC

さてこの張り子のなかでも虎を模したものが、「張り子の虎」です。先ほど述べたように、この張り子の虎にはことわざとしての使い方があります。

張り子の虎は「人の言うことにただ頷いているだけの人」、「実際は能力がないのに虚勢を張る人」、「首を振る癖がある人」といった意味を指します。張り子の虎は首がうなずくように縦に稼働する仕組みがあることから、このような意味になりました。いずれにしろ、人をあざける意味で使われることがほとんどです。

見た目のかわいらしさや縁起物としての性質とは裏腹に、あまり縁起の良い意味合いではないのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加